表示領域を拡大する
後ろ暗いの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中])信用できない人(不信ふしん後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中])信用できない人(不信ふしん  頼りにならない ・ 灰色(高官) ・ (妻に別の男の)影を感じる ・ 信頼が置けない ・ 信頼関係にない ・ (あれには)任せられない ・ 信用できない ・ 変な態度 ・ 警戒を要する ・ 警戒が必要 ・ 訳あり(の人物) ・ 疑わしい(態度) ・ 評判がよろしくない ・ いい加減(な人物) ・ 要注意(人物) ・ 不信任 ・ 不信 ・ 背信 ・ 怪しげ(な人物) ・ 危険な雰囲気を持つ(男性) ・ 正体不明(の人物) ・ 正体が定かでない ・ 鼎の軽重を問う ・ 立て板に水(の営業マン) ・ 怪しい(雰囲気が漂う) ・ 危険(なグループ) ・ (真意を)測りかねる ・ まともでない(人間) ・ 裏切る ・ ちゃらちゃら(した)(医者) ・ パーリーピーポー ・ 裏世界とつながりのある ・ 不審(な男) ・ 気は許せない ・ 気の許せない(男) ・ 偽善的(な態度) ・ 面妖(な人) ・ 油断できない(相手) ・ いぶかしい ・ いぶかしむ ・ いぶかしく思う ・ うさんくさい ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ 胸に一物ありそう(な)(人物) ・ 虚飾(の青年実業家) ・ 生臭い(政治家) ・ 胡散 ・ 疑惑がある ・ 不正直 ・ 食わせ者 ・ 偽善的 ・ (あまり)よくない前歴がある ・ 清潔感がない ・ 疑惑の人物 ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 疑惑を抱えた人物 ・ 訳ありな様子(の男) ・ どこの馬の骨か(も)分からない ・ 怪しい(存在) ・ (何か)やばそう ・ 気になる(ところがある) ・ 疑う ・ 信用しない ・ (主張に)違和感(を覚える) ・ (見るからに)怪しい ・ 不信感(がある) ・ 影のある(人物) ・ 良からぬ(連中) ・ 良からぬ(人物) ・ 素姓の知れない(人物) ・ うろん(な人物) ・ 本心はどこにある(?) ・ いかがわしい(人物) ・ 素性の知れない ・ 不明朗(な交際) ・ (笑顔の裏に)企みを隠した(男) ・ 臭い ・ 怖い ・ 恐怖(の館) ・ 足のすくむ(ような) ・ 怪異(な現象) ・ 薄気味悪い ・ 薄気味が悪い ・ ホラー ・ 妖気が漂う ・ ぎょっとする(ような)(姿) ・ 身の毛もよだつ(怖い話) ・ 恐ろしい(現象) ・ (妙な仕草に)引く ・ この世のものとは思えない ・ 妖異 ・ 妖しい ・ 魔(の)(海域) ・ 世にも恐ろしい(グリム童話) ・ 気味が悪い ・ 鬼気迫る(演技) ・ 得体の知れない ・ ぬらり(とした)(表皮) ・ 謎めいている ・ 怨念のようなものを感じる ・ ただならない(気配) ・ 不気味 ・ 妖しい(雰囲気) ・ 奇怪(な現象) ・ 霊の気配 ・ 毒きのこ ・ 正体が知れない ・ (町に)恐怖のとばり(が下りる) ・ 身震いが出る ・ 身震いがする ・ 異様(な雰囲気) ・ うさんくさい(もうけ話) ・ 首筋が寒くなる(思い) ・ 不吉(な予感) ・ 毒々しい ・ おどろおどろしい(雰囲気) ・ 怪奇 ・ 気色(が)悪い ・ きしょい ・ (日当たりの悪い)陰気(な家) ・ 淫靡(な雰囲気) ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ じっとりと暗い(劇場) ・ 不審(な物音) ・ じめっとした(和製ホラー) ・ ぞっとする ・ おぞましい ・ ぬらぬら(した)(感触) ・ 目に見えない害意 ・ まがまがしい(雰囲気) ・ 薄笑いを浮かべた(表情) ・ 深海魚(のような不気味さ) ・ 隠花植物 ・ (じとっと)暗い ・ 怪しい(屋敷) ・ 当てにしない ・ あり得ないと見る ・ (過度に)寄りかからない ・ さめた目で見る ・ (成り行きを)冷静に眺める ・ 楽観視しない ・ 深入りしない ・ 悲観的な目で眺める ・ 期待しない ・ 嫌らしい(腰つき) ・ 下品な ・ 怪しい(行動) ・ (統合失調症に似た)奇異(な行動) ・ 妙な(△動き[手つき]) ・ 奇妙(な動き) ・ (あの素振りはどうも)くさい ・ 妙に(張り切っている) ・ 謎めいた(動き) ・ 変態的な ・ 不審(な△行動[動き]) ・ 余分な(手の動き) ・ 不明の部分が多い ・ 謎めいた(女) ・ 謎の人物 ・ 見慣れない(男) ・ 何を考えているか分からない ・ (よく)分からない(人物) ・ 怪しげ(な男) ・ 知らない(顔) ・ 勿体顔 ・ 腹の底の知れない(人物) ・ 見覚えのない(人物) ・ ただ者ではない ・ 謎に包まれた(過去) ・ 下心を持つ ・ うさんくさい(人) ・ 三文弁護士 ・ ひと癖ありそう ・ いかがわしい(手合い) ・ 不信感がある ・ ひと筋縄ではいかない ・ 怪人物 ・ 胸に一物ありそう ・ 見知らぬ(人物) ・ 油断のならない(相手) ・ 訳あり(の美女) ・ つかみどころのない(人物) ・ 企みを隠した(手合い) ・ 魑魅魍魎ちみもうりょう(が跋扈する政治の世界) ・ 要注意人物 ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 得体の知れない(男) ・ 素性の知れない(人間) ・ 素性の分からない ・ 素性不明 ・ 身元不明(の人物) ・ うろん(な者) ・ (どこの)馬の骨(か分からない) ・ 自己顕示的(な人物) ・ (どこか)薄気味(が)悪い ・ いわれも知らぬ者 ・ 悪徳(医) ・ とかくの噂のある(人物) ・ 茫洋(とした)(人物) ・ 不気味(な人物) ・ (昭和の)妖怪(と呼ばれる) ・ うかがい知れない(思惑) ・ 不審(な動き) ・ 曰くありげ(な人物) ・ 訳あり(の関係) ・ 怪しい関係 ・ 解せない ・ いぶかしがる ・ (今ひとつ)ピンとこない ・ 妙な気分(になる) ・ 自己矛盾に陥る ・ 首をひねる ・ (~との間に)距離を感じる ・ 間違っている ・ 浮かない顔 ・ 非論理的(な行動) ・ (今ひとつ)(という)思いをぬぐえない ・ 矛盾(を感じる) ・ 理解できない ・ 割り切れない(気持ち) ・ 抵抗感 ・ おぼつかない ・ 不思議に思う ・ 適当でない ・ 落ち着かない(感覚) ・ 合点がいかない ・ わだかまり(が残る) ・ 抵抗を覚える ・ 狐に摘まれたよう ・ 不可解な思い ・ 疑問符がつく ・ (そいつは)考え物だ ・ 訳が分からない ・ 不合理(な制度) ・ 怪訝(△な顔[そう/に思う]) ・ 中途半端(な気持ち) ・ (返事が)重い ・ 理解に苦しむ ・ 心理的な影響(が残る) ・ なんだかなぁ ・ 疑問に思う ・ もやもや(する) ・ いぶかる気持ち ・ 怪しい(話) ・ 不可解に思う ・ (判断が)微妙 ・ 怪訝(に思う) ・ 真意を測りかねる ・ 承知できない ・ (説明に強い)違和感を持つ ・  ・ よく分からない ・ (△常識的[理論的]に見て)おかしい ・ いぶかる ・ 納得できない ・ (いまいち)納得がいかない ・ 納得しない ・ 認められない ・ (気持ちの上で)引っかかるところがある ・ (どうにも)引っかかる ・ 面妖(な話) ・ そういうもんかなあ ・ 異な事(をおっしゃる) ・ 狂ってる(としか言いようがない) ・ 腑に落ちない(△風情[顔]) ・ 戸惑いを感じる ・ 不信感を抱く ・ (論理的に)すっきりしない ・ おかしな話(で合点がいかない) ・ 疑問を抱く ・ 釈然としない ・ (釈然としない)ざらざら(した気分)(になる) ・ ざらざらした(気分) ・ ざらっとした ・ ざらりとした(感触) ・ 賛成しかねる ・ つじつまが合わない ・ 変だと思う ・ 不得要領 ・ (選挙は)水物 ・ 薄弱 ・ 不確定 ・ (動きが)一定でない ・ それかあらぬか ・ 不確実 ・ 曖昧 ・ うやむや ・ 不正確 ・ 不明瞭 ・ 約束できない ・ 根無し ・ あやふや ・ 不確か ・ はかない ・ 危ない ・ 確かでない ・ 根拠がない ・ 懐疑(的) ・ (説明に)納得しない ・ (限りなく)黒に近い ・ 不可解 ・ (あの素振りはどうも)臭い ・ 妙(な動き) ・ (どうも)変(だ) ・ 危ぶむ(ような目) ・ 額面どおりには受け取れない ・ 目を疑う ・ 探るような目で見る ・ 目をこすって見る ・ 疑いの目で見る ・ 疑いの目を向ける ・ うろんな目で見る ・ 疑わしい ・ 疑点(を残す) ・ 不正の臭いがする ・ 虚実ない交ぜ(の持ちかけ話) ・ うたぐる ・ 疑団 ・ (疑念が)晴れない ・ うそっぽい ・ (そんなの)うそに決まっている ・ 真に受けられない ・ 疑惑(を感じる) ・ はっきりしない ・ 信を置かない ・ (△事実と違うのではないかと[真意を])疑う ・ 疑い(を△挟む[差し挟む]) ・ 疑いを持つ ・ 疑いをかける ・ (収賄の)容疑 ・ 疑問視(する) ・ (疑惑が)頭をもたげる ・ (疑問が)芽生える ・ 眉に唾をつける ・ 謎(△が深まる[の行動]) ・ 頭をひねる ・ (説明に)首をひねる ・ (小)首をかしげる ・ 疑問(△に思う[が生じる]) ・ 疑問を覚える ・ 疑問が湧く ・ (どこか)おかしい(と思う) ・ 不思議(に思う) ・ 不思議がる ・ 不思議そう(な目をする) ・ 疑義(がある) ・ 嫌疑(をかける) ・ いぶかしげ(な表情) ・ いぶかり(つつ) ・ (△どうも[何か])引っかかる ・ (気持ちに)引っかかるところがある ・ 引っかかり(を感じる) ・ 勘ぐる ・ (ゲスの)勘ぐり ・ 邪推(する) ・ 不信をあらわにする ・ くさい(情報) ・ 警戒(の念) ・ (なれなれしさを)警戒する ・ (誰もが)疑心暗鬼(になる) ・ 疑心(を抱く) ・ 腑に落ちない ・ 疑問なしとしない ・ わだかまるものがある ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 怪しむ ・ (あのアリバイは)怪しい(と思う) ・ 曖昧(な証言) ・ 不審(△がる[に思う]) ・ 不審げ ・ 信じない ・ 信じられない ・ 信じかねる ・ 半信半疑(だ) ・ 見とがめる ・ インチキくさい ・ すっきりしない(話) ・ 信憑性に問題がある ・ 疑念(を△持つ[抱く]) ・ 猜疑(△心[を持つ]) ・ 危ながる ・ 鵜呑みにはできない ・ (容疑者として)マークする ・ 目をつける ・ 納得いかない(という風に眉をひそめる) ・ 不信感(を持つ) ・ なぜだろう ・ 疑ってかかる ・ 浮動(票) ・ 優柔不断な(性格) ・ 根拠のない(噂) ・ 頼みがたい ・ 信用しがたい ・ 期待できない ・ 頼みにならない ・ 甲斐性がない ・ 口ばっかり(の男) ・ 眉唾(物)(の話) ・ いい加減(なやつ) ・ 当てにならない ・ 当てにできない ・ 当てにしがたい ・ 信頼できない ・ 心もとない ・ 口先だけ ・ 風来坊 ・ 糸の切れたたこ(のような奴) ・ 実体がない ・ (期待するだけ)無駄 ・ から約束 ・ 八方美人(頼むに足らず) ・ 頼りがいがない ・ (どう聞いても)嘘としか思えない ・ うそくさい ・ 空々しい ・ 曰くありげ ・ (どこか)薄気味悪い ・ (言葉に)まやかし(がある) ・ 誠実でない ・ 首をかしげたくなる(ような) ・ うそのよう(な) ・ 不信を感じる ・ 芝居っぽい ・ しらじらしい(弁解) ・ 宗教っぽい(オンラインサロン) ・ しらじらしい ・ 疑問がある ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ リアルっぽくない ・  ・ わざとらしい ・ 不明朗(な会計) ・ 虚飾(の町) ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ 作為的(な感じがする) ・ 疑いが持たれる ・ (言葉が)空虚(な響き)(を持つ) ・ 不自然 ・ 自然でない ・ 大げさ(なリアクション) ・ (どこか)引っかかる ・ あり得ない ・ 怪しげ ・ 怪しさ(が見え隠れ) ・ (世襲も)盤石ではない ・ (どこか)信用できない ・ 信用がない ・ まっとうでない ・ (話に)うろん(な点がある) ・ 関わると良くない ・ 裏がある ・ 裏がありそう ・ 怪しい ・ 不明朗(な商取引) ・ インチキくさい(情報) ・ いかさま(とばく) ・ 疑わしい(情報) ・ (言うことが)怪しい ・ 出所が曖昧 ・ (言うことに)説得力がない ・ 不自然(な△態度[証言]) ・ 疑いが(まだ)くすぶる ・ 怪しげ(な店) ・ 奇怪(な儲け話) ・ 作為的 ・ きな臭い(感じの話) ・ 得体が知れない ・ いかがわしい ・ いかがわしさ ・ 筋が悪い ・ (情報の)信憑性が疑われる ・ (証言の)信憑性が揺らぐ ・ まともでない ・ オカルト(理論) ・ 競馬必勝法 ・ 憶測の域を出ない(情報)
後ろ暗い(思いを抱える)良心がとがめる後ろ暗い(思いを抱える)良心がとがめる  罪悪感が離れない ・ 後ろめたい ・ 気がさす ・ 気がとがめる ・ 負い目(を感じる) ・ 申しわけない(気持ち) ・ (両親に)責めさいなまれる ・ (内心は)じくじたる思い ・ (自分を)恥じる ・ 恥の意識 ・ (何となく)気が済まない ・ 心が痛い ・ 後ろめたさ(を感じる) ・ (良心がとがめて)遠慮する ・ (良心に照らすと)気持ちが晴れない ・ 良心がうずく ・ 良心のうずき ・ 後味が悪い ・ 責任を感じる ・ (現実の姿に)うろたえる ・ (自分の過ちを)気に病む ・ (やってしまった事を)後悔(する) ・ (拭いきれない)後悔の念 ・ 罪の意識を持つ ・ やましい(気持ち) ・ やましさを感じる ・ どの面下げて ・ 夢見が悪い ・ すねに傷(のある身) ・ 罪悪感 ・ 合わせる顔がない ・ 良心がとがめる ・ 良心の呵責 ・ 心の古傷が痛む ・ 罪の意識にさいなまれる ・ 心に刺さったとげ(の痛み) ・ 寝覚めが悪い ・ 要注意人物 ・ 過去に不正を犯したことがある ・ 叩けばほこりが出る(男) ・ けがれた手(を持つ) ・ 手が汚れている ・ (手が)真っ白という訳ではない ・ (他者に)弱みを握られる ・ (自らの抱える)黒歴史 ・ 世間をはばかる(稼業) ・ やましい(ところがある) ・ 裏世界(に生きる) ・ まともでなさそう(な人物) ・ 食わせ者 ・ 後ろ暗い ・ 訳あり(の夫婦) ・ 身に覚えがある ・ 裏街道(を歩んできた) ・ (浮世の)裏通り(を行く) ・ 隠している悪事がある ・ 良くない ・ 怪しげ(な人物) ・ 前科がある ・ 警察に追われている ・ かんばしくない噂がある ・ とかくの噂のある ・ まともでない(生き方) ・ すねに傷を持つ(身) ・ コンプレックス(がある) ・ 引け目 ・ 気後れ(する) ・ 劣等感(がある) ・ 他より劣っている ・ 懲りる ・ 二度とすまいと思う ・ 心に痛手を受ける ・ 罰を受ける ・ お灸をすえられる ・ 悔やむ ・ (嘘をついて)気がとがめる ・ 悔やまれる ・ 苦い思い(が残る) ・ 嫌な思い ・ 思い残す ・ 思いを残す ・ 懺悔 ・ 不完全燃焼 ・ 悔い改める ・ 痛恨 ・ 悔悟 ・ (あれは)痛恨事(であった) ・ 惜しむ ・ 悔恨 ・ (前非を)悔いる ・ (せっかくの)チャンスを逃す ・ ほぞを噛む ・ 何としたことをしてしまったのか ・ (優しくしなかったのが)心残り ・ 残念がる ・ 悔い(を残す) ・ 悔いが残る ・ 髀肉をかこつ ・ 髀肉の嘆 ・ うっかり(してしまう) ・ 後悔(△する[に震える]) ・ じくじたる思い ・ うなされながら過ごす ・ 慙愧 ・ 自責の念 ・ 古傷が痛む ・ 悶々とする ・ (心配事が)頭から離れない ・ 悩みが深い ・ つらい ・ 心が痛む ・ すまない ・ (今後のことが)気にかかる ・ やりきれない ・ (心の内が)ちくちくする
後ろ暗い(動き)(悪事のなどのために)ひそかに活動する後ろ暗い(動き)(悪事のなどのために)ひそかに活動する  暗闘(を繰り広げる) ・ 隠微(に動く) ・ 陰で動く ・ 隠微な形で(行う) ・ 醜い ・ 醜悪(な光景) ・ 暗躍(する) ・ 隠然(たる力) ・ (テロリストの)影を見る ・ (背後に犯罪組織の)影が見え隠れ(する) ・ (水面下での)活動 ・ 謀る ・ (うまく)立ち回る ・ 巧妙(に立ち回る) ・ 老獪(なやり方) ・ (陰で)操る ・ 策動(する) ・ 跳梁(する) ・ 知らん顔(を決め込む) ・ 暗中飛躍 ・ ひそかに(狙う) ・ リモートコントロール(する) ・ からめ手(から)(迫る) ・ こそこそ(立ち回る) ・ 悪計をめぐらす ・ 深層(で起こる) ・ ヌエ(的な存在) ・ (賊徒の)蠢動 ・ (地下に)潜行(する秘密組織) ・ 裏で動く ・ 黒幕 ・ (あるものの)陰に隠れて(事を行う) ・ (水面下で)暗躍(する) ・ (資金の)不健全(な動き) ・ 人知れず(動く) ・ (陰で)糸を引く ・ 裏から手を回す ・ 違法(の取り引き) ・ 姑息(な手段) ・ (裏で)工作(する) ・ 裏工作 ・ 水面下で△動く[動き回る] ・ (裏で)画策(する) ・ 陰謀(を巡らす) ・ (政治の)裏面で活動する ・ 裏の顔 ・ (事件を)(背後で)操る ・ (有力者の)差し金による(事件) ・ 寝業(師) ・ (スパイをCIA内部への)浸透(させる) ・ (ライバル会社と)気脈を通じる ・ (敵と)通じ合う(スパイ) ・ 裏面工作 ・ (△仲介者[不埒な勢力]が)(陰で)うごめく ・ 静かに進行する ・ 秘密裏(に行う) ・ (一般)公開されない ・ 音もなく(忍び寄る) ・ そっと ・ あひるの水かき(のように) ・ 裏(で行われる) ・ 隠密(に事を運ぶ) ・ 人知れず(泣く) ・ こそこそ(と) ・ 闇(△取引[でもうける]) ・ 密室政治 ・ 隠蔽(工作) ・ 水面下(で)(行う) ・ 密議(をこらす) ・ ひそやか(に) ・ 密室(での)(取引) ・ こそり ・ 内輪で(解決) ・ (契約は)秘密のうちに(結ばれた) ・ 非合法(の孤児院) ・ 不正 ・ 闇の(収容所) ・ 非公開のまま ・ (周囲に)悟られないように ・ 潜行(する) ・ 闇市 ・ こっそり ・ 裏では(努力家) ・ ステルス(マーケティング) ・ (主人の)目をかすめて(怠ける) ・ (他人の)目を盗んで ・ 隠密裏(に)(行われる) ・ 談合 ・ 隠れて(金を借りる) ・ 裏から(手を回す) ・ 内々(で)(処理する) ・ 秘密作戦 ・ 暗々裏(に事を運ぶ) ・ 暗々(のうちに) ・ 潜り(の医者) ・ 非公式(△の折衝[に訪問する]) ・ 密会 ・ 謎めいた(行動) ・ 秘儀 ・ 秘密めいた ・ ひそか(に)(計画する) ・ さりげなく(見守る) ・ 暗殺 ・ 目引き袖引き(する) ・ 覆面(調査) ・ 隠し込む ・ 厳秘 ・ 黙秘(する) ・ 不都合(な意図) ・ 闇の(組織) ・ 黒い~ ・ 秘する ・ 暗に ・ 覆い隠す ・ (△言論[情報]を)統制(する) ・ 公開しない ・ 非公開(の情報) ・ 未公開(情報) ・ (自分の罪を)覆う ・ 密室性 ・ 伏せる ・ (~のことを)隠す ・ 隠す ・ 秘密にする ・ 隠密(行動) ・ 部外秘 ・ 他聞をはばかる(話) ・ 秘中の秘 ・ (情報を)囲う ・ 囲い込む ・ 包み隠す ・ (家族には)黙っている ・ 口外しない ・ 口を割らない ・ 陰に ・ (固く)口を閉ざす ・ 内分 ・ 極秘 ・ 秘し隠す ・ (トップ)シークレット ・ (大きな)謎に包まれる ・ (不都合な部分を)黒塗り(にする) ・ 閉鎖性 ・ 人に知られては困る ・ 一人で抱え込む ・ 知らないふり(をする) ・ (知っていて)知らんふり ・ 裏(番長) ・ (その話には)裏(がある) ・ まる秘 ・ 対外秘 ・ 無断 ・ 不透明 ・ 隠れる ・ 秘めやか ・ (胸に)秘める ・ 内密(に事を運ぶ) ・ 隠れ(△ミッキー[キリシタン]) ・ 隠し(△金庫[味]) ・ 表に出てこない ・ 忍びやか ・ (起こった出来事を)胸の内に封印し続ける ・ 葬る ・ 掩蔽 ・ 隠し立て ・ 隠し事 ・ 秘密(にする) ・ 沈黙を守る ・ 言わず語らず ・ それとなく ・ 陰ながら ・ 隠蔽(体質) ・ 楽屋落ち ・ 胸の内に留めておく ・ 胸奥に収める ・ 秘匿(事項) ・ 隠蔽 ・ 開示しない ・ (経営者の)隠れた(愛読書といわれる「韓非子」) ・ アンダーカバー ・ 仮面をかぶる ・ 煙幕を張る ・ 忍ぶ ・ 私事 ・ 不明朗 ・ 機密 ・ ひそむ ・ ひそめる ・ 猫かぶり ・ ひた隠し(にする) ・ 秘密のベール(につつまれたまま) ・ 忍ばせる ・ 秘め事 ・ 包む ・ 未発表(の情報) ・ 枢密 ・ (事実を)伏せる ・ 伏せ字(にする) ・ ほにゃらら ・  ・ (秘密を)握り込む ・ 内聞 ・ 活躍 ・ 機動 ・ 発展(家) ・ 取り組み ・ 雄飛 ・ 活動 ・ 運動 ・ キャンペーン ・ 働き
後ろ暗い(金品)不正な手段で手に入れた品物後ろ暗い(金品)不正な手段で手に入れた品物  戦利品 ・ 略奪品 ・ やばい(金) ・ 贓品 ・ 戦果 ・ 贓物 ・ (手に入れた)獲物 ・ 盗品 ・ 疑惑(のマネー) ・ 裏(金) ・ 闇取引(による金) ・ 地下(銀行) ・ 闇金 ・ 密室での取引 ・ 不透明な金(の流れ) ・ 不明朗な金(が流れ) ・ 裏金 ・ アングラ(マネー) ・ 怪しい金 ・ ダーティー(な取引) ・ うろんな金(が動く) ・ 不正資金 ・ 汚い(金) ・ ブラックマネー ・ 後ろ暗い(金品) ・ 曰くありげな(金) ・ 筋の悪い金 ・ 不正経理(による裏金作り) ・ 犯罪がらみ(の金) ・ (パチンコの)景品 ・ ぶんどり品 ・ 保身しか頭にない ・ 正しくない ・ こすい ・ さがない ・ フェアでない ・ アンフェア(なやり方) ・ ばくれん ・ 駆け引きが得意 ・ 汚い(やり方) ・ 性悪(の男) ・ いかさま ・ 器用(な男) ・ 善良でない ・ 煮ても焼いても食えない ・ あくどい ・ えげつない ・ (やり方が)不公正 ・ 公正でない ・ したたか(な女) ・ 食えない ・ 不正 ・ 卑怯(な行為) ・ ずる(をする) ・ ずるい ・ 小ずるい ・ いんちき(をする) ・ 罪過 ・  ・ △道徳[宗教の教え]に背く ・ (僧侶の)破戒(行為) ・ 罪科 ・ 法律に違反する ・ 犯罪 ・ 犯罪行為 ・ 犯行 ・ 犯した罪 ・ 悪い行い ・ (ごつい)山を踏む(ことになった) ・ 事犯 ・  ・ 罪悪 ・ 罪を犯す ・ こっそり ・ 罪障 ・  ・ 静物 ・  ・  ・ (証拠)物件 ・ 品物 ・ 物資 ・ 物品 ・ やばい(仕事) ・ こっそり(~する) ・ 不正取引 ・ ひそかに ・ 闇取引 ・ 密輸 ・ 水面下 ・ 裏金を使う ・ 闇(でもうける) ・ (違法な)政治取引 ・ 裏で結託する ・ 抜け道(を使う) ・ 疑惑がらみ(の土地) ・ 闇(取引) ・ 不透明(な取引) ・ いかがわしい(取引) ・ 水面下△での交渉[で話を決める] ・ 密輸入 ・ 不明朗な取引 ・ 裏道 ・ 水面下でやり取りされる ・ 不公正取引 ・ 黒い取引 ・ 不正な取引 ・ (馴れ合い)売買 ・ 密貿易 ・ 闇のルート(を通じて) ・ 裏取引
後ろ暗い詐欺師後ろ暗い詐欺師  かたり者 ・ 人の心にするりと入り込む ・ 不徳漢 ・ (越後屋、お主も)役者(よのう) ・ 絶対儲かる ・ (稀代の)詐欺師 ・ (一般客に混じる)さくら ・ いかさま師 ・ 山師 ・ 偽善(△者[の皮をかぶる]) ・ (善人として)振る舞う ・ 駆け引きに長ける ・ 交換条件(を出してくる) ・ 悪ずれ(している) ・ ぎつね ・ おためごかし(の親切) ・ くせ者 ・ 狡獪 ・ たぬき(親父) ・ 古だぬき ・ 古ぎつね ・ (自らの)利を図る ・ 商才に長ける ・ (狡猾な)策略 ・ (精神的に)大人 ・ 要領がいい ・ 世間ずれ(する) ・ 悪知恵の働く ・ 悪賢い ・ 悪徳医 ・ 奇計を案じる ・ (消費者を)利用する ・ 悪達者 ・ ずるい ・ 目先の利益にとらわれない ・ 知能犯 ・ おきて破り(を図る) ・ ずる賢い ・ たいした(女)(だぜ) ・ 抜け目(が)ない ・ 抜け目なく(金を儲ける) ・ (相場の)修羅場を生き残る ・ 悪知恵が働く ・ 悪知恵の働く(連中) ・ すれっからし ・ すれからし ・ (利権を)あさる(政治家) ・ 腹黒い ・ 立ち回りがうまい ・ こざかしい ・ (狼のごとき)知略 ・ 悪魔的(発想) ・ したたか(な女) ・ 揺さぶりをかける ・ 駆け引きが得意 ・ 生き馬の目を抜く ・ 悪巧者 ・ 海千山千(の搾取者) ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ (相手の)裏をかく ・ (裏の)裏を読む ・ (相手を)出し抜く ・ 食えない(女) ・ 狡猾 ・ 神出鬼没(の怪盗) ・ 悪徳弁護士 ・ (得意の)自作自演 ・ 狂言強盗 ・ 寝業(△師[にたけた政治家]) ・ 世故に長ける ・ 利にさとい ・ 役者 ・ 初舞台を踏む ・ (恋人)役を務める ・ (ヒロインの)役をもらう ・ 役を振られる ・ 配役が決まる ・ (医者の)ふうを装う ・ (バカを)装う ・ (ゾンビに襲われるという)物語 ・ ストーリー ・ (若手女優が名探偵に)扮する(ドラマ) ・ (いい人の)ふりをする ・ キャラ設定(する) ・  ・ 演技(をする) ・  ・ 役に入りきる ・ 舞台衣装(を身にまとう) ・ 扮装 ・ 舞台を務める ・ 一人の世界に入る ・ 演劇 ・ 一幕物(の芝居) ・ 舞台(俳優) ・ 演じ切る ・ レンタル彼女 ・ ドラマ ・ (悪役として)出演(する) ・ 芝居をする ・ 持ち役 ・ ごっこ(遊び) ・ 虚構の世界 ・ プレー(ガイド) ・ (登場人物に)なりきる ・ 舞台芸術 ・ 表現芸術 ・ 芝居(を打つ) ・ それらしく見せる ・ (他人に)成り済ます ・ 演じる ・ 与えられた役をこなす ・ 舞台劇 ・ いかさま(男) ・ 猫かぶり ・ 偽善者 ・ うそつき ・ 虚言癖がある ・ (大)ほら吹き ・ 不正直者 ・ ちゃらんぽらん(な奴) ・ 不誠実者 ・ オオカミ少年 ・ 千三つ ・ 食わせ者 ・ ペテン師 ・ 醜類(がうごめく) ・ 悪代官 ・ 目つきが悪い ・ 前科者 ・  ・ 極道者 ・ 悪徳(△弁護士[医師]) ・ ろくでなし ・ 闇の勢力 ・ 裏の勢力 ・ (町の)ならず者 ・ 嫌われ者 ・ 嫌われる ・ おっかない(連中) ・ 然る者 ・ 海千山千 ・ よからぬ人物 ・ 凶漢 ・ あぶれ者 ・ 悪者 ・ (盗賊)一味 ・ 悪玉 ・ 鬼(退治) ・ 悪魔 ・ 奸物 ・ 梟雄 ・ (お主も)悪(よのう) ・ 闇の世界に生きる者 ・ (ジキルと)ハイド ・ 憎まれ者 ・ 悪の権化(のような人物) ・ (人間の)くず ・ ごろつき ・ (△会社[文筆])ごろ ・ 奸賊 ・ たぬき親父 ・ 悪党 ・ 大悪党 ・ 大盗賊 ・ ピカロ ・ ボス ・ 人でなし ・ 姦悪(な人物) ・ 奸悪 ・ 巨悪 ・ 世間師 ・ (凶悪)犯人 ・ マッド(サイエンティスト) ・ 要注意人物 ・ (反社会的集団の)構成員 ・ 悪い奴 ・ 犯罪者 ・ (買い気をあおる)さくら ・ 無法者 ・ (稀代の)ペテン師 ・ 悪い評判しか聞かない ・  ・ 悪名 ・ (殺人事件の)容疑者 ・ ギャング ・  ・ 山賊 ・ ふらち(なやつ) ・ 憎々しい(顔つき) ・ 強面(のお兄さん) ・ よからぬ人相(の) ・ 漢奸 ・ 無頼漢 ・ サイコパス ・ 迷惑(をかける) ・ 黒ネズミ ・ 頭の黒いネズミ ・ 大ネズミ ・ 裏街道の人物 ・ 強か者 ・ 悪人 ・ 極悪人 ・ ひと筋縄ではいかない(相手) ・ (組織の)ドン ・ 人面獣心 ・ 暴力団員 ・ 不心得者 ・ 人の心がない ・ 無頼の徒 ・ 性悪(な人間) ・ 悪い奴ら ・ (経済成長を阻む)がん ・ ぽん引き ・ 手の汚れた(者) ・ 黒い手 ・ 魔の(手が伸びる) ・ 魔手 ・ 凶賊 ・ 怪人 ・ 黒い影(が襲いかかる) ・ 黒い噂のある(芸能人) ・ 海賊 ・ 縄付き ・ マフィア(みたいな連中) ・ 賊子 ・ 手を汚す ・ 真っ黒な手 ・ ヤクザ ・ 経済ヤクザ ・ 人非人 ・ 暴力団組員 ・ ぶりっ子 ・ か弱いふり ・ 陰湿ないじめ体質(の上司) ・ 本音を隠す ・ (気持ちと)裏腹(な態度) ・ 陰日なた(がある) ・ 仮の姿 ・ 善玉ぶる ・ 他人の目を意識する ・ 処世術 ・ 表向きの振る舞い ・ 成り済ます ・ 腹黒い(人間) ・ 猫をかぶる ・ いい人ぶる ・ 面従腹背 ・ 見せかける ・ ほほ笑み外交 ・ 本性を隠す ・ 真面目腐る ・ 二枚舌(を使う) ・ 偽善家 ・ 偽善(△者[の皮をかぶる/的な言動])
後ろ暗い(仕事)人に言えない仕事後ろ暗い(仕事)人に言えない仕事  しのぎ(の仕事) ・ 潜り(の医者) ・ 人に言えない仕事 ・ (商法に)抵触する(行為) ・ 法律に触れる(仕事) ・ 密造(酒) ・ 世間を狭くして暮らす ・ 禁制(品) ・ (やくざの)裏稼業 ・ 海賊版 ・ 裏街道を歩む ・ やばい仕事 ・ 闇のルートで仕入れる ・ 裏世界(の人間) ・ 邪道 ・ 裏街道(を行く) ・ 正道でない ・ 地下(経済) ・ ヤクザ(稼業) ・ 蛇の道(は蛇)」 ・ (浮き世の)裏通り ・ 非合法(活動) ・ 闇の世界(の住人) ・ 悪の道 ・ (人生の)裏道 ・ かたぎでない(生き方) ・ 後ろ暗い ・ (人生の)路地裏 ・ (人道を外れた)獣道(を行く) ・ 裏稼業(に従事) ・ 暗黒街(の帝王) ・ 謀略 ・ 非行(に走る) ・ 暴虐 ・ よくない行い ・ 考え違い(をしていたようだ) ・ 不正操作(による金銭の引き出し) ・ 乱行(に及ぶ) ・ 犯行 ・ あるまじき(振る舞い) ・ 悪質(な行為) ・ 小悪 ・ 凶行 ・ 蛮行(を働く) ・ 悪徳(行為) ・ 悪業 ・ 不適切な行為 ・ (悪魔に)(魂を)売り渡す ・ (あまりに)非常識 ・ 天知る地知る我知る子知る ・ 不心得(な言動) ・ いたずら ・ 悪戯あくぎ ・ 暴行 ・ (△人の道[足]を)踏み外す ・ 犯罪性(が疑われる) ・ (規範から)逸脱した ・ 鬼畜のなせる(わざ) ・ 生き方を間違える ・ 不適切(な行為) ・ 心が健全でない ・ (許しがたい)所業 ・ 行儀が悪い ・ けしからん ・ 堕ちる ・ 悪さ(をする) ・ 悪逆非道 ・ 罪深い行い ・ 不都合な事 ・ 不始末(をしでかす) ・ 悪逆 ・ 嫌がらせ ・ ばち当たり(をしでかす) ・ 罪過 ・ (むごい)仕打ち ・ いじめ ・ あらぬ振る舞い ・ 悪(の限りを尽くす) ・ 遺憾 ・ 狼藉 ・ 破廉恥(行為) ・ 恥ずかしい(行為) ・ 目に余る(ふるまい) ・ 罪(を犯す) ・ 大罪(を犯す) ・ 罪科 ・ 不明朗(な会計) ・ (あいつの)仕業(に違いない) ・ アングラ(ビジネス) ・ 乱暴 ・ 極悪(な犯罪) ・ 若気の至り ・ 罪(を重ねる) ・ あってはならない事 ・ 罪業 ・ しでかした事 ・ 愚行 ・  ・ 不当な(手段) ・ 不正(行為) ・ 悪の道(に△転落する[迷い込む]) ・ 醜行 ・ 反社会的、非人情 ・ 毒牙(にかける) ・ 牙をむく ・ 許されない(行為) ・ 人の道から外れた(悪い行為) ・ やましいところ(がある) ・ 不行跡(を働く) ・ (叩けば)ほこり(が出る) ・ 悪の道に転落する ・ よからぬ事 ・ 反道徳的(な行動) ・ 道徳に背く ・ 不道徳 ・ (道理に反する)過ち(を正す) ・ 軽挙 ・ 奸計 ・ 嫌がらせ(をする) ・ (△ルール[マナー])違反 ・ 悪行 ・ 好ましくない行い ・ 暴力(を振るう) ・ 愚挙 ・ 隠微な形(で)(いじめる) ・ 問題のある事 ・ 妄動 ・ すねに傷(を持つ) ・ 暴挙 ・ けしからん行い ・ 背徳(行為) ・ 不祥事(を起こす) ・ スキャンダル(を起こす) ・ 醜い(事件) ・ (前)非(を悔いる) ・ 非(を認める) ・ 悪事 ・ 誤った(行い) ・  ・ 暮らしを立てる ・ 稼業 ・ 生業 ・ (物書きを)飯の種(にする) ・ 仕事 ・ 儲け口 ・  ・ 職業 ・ 渡世 ・ 商売
後ろ暗い隠している悪事、人に知られたくないやましいところがある後ろ暗い隠している悪事、人に知られたくないやましいところがある  かんばしくない噂がある ・ とかくの噂のある ・ 隠している悪事がある ・ 訳あり(の夫婦) ・ (自らの抱える)黒歴史 ・ まともでない(生き方) ・ けがれた手(を持つ) ・ 手が汚れている ・ (手が)真っ白という訳ではない ・ (他者に)弱みを握られる ・ 裏世界(に生きる) ・ 要注意人物 ・ 良くない ・ 世間をはばかる(稼業) ・ 食わせ者 ・ すねに傷を持つ(身) ・ 叩けばほこりが出る(男) ・ 後ろめたい ・ 身に覚えがある ・ 裏街道(を歩んできた) ・ (浮世の)裏通り(を行く) ・ 過去に不正を犯したことがある ・ 怪しげ(な人物) ・ まともでなさそう(な人物) ・ やましい(ところがある) ・ 前科がある ・ 警察に追われている ・ (良心に照らすと)気持ちが晴れない ・ 負い目(を感じる) ・ 罪悪感が離れない ・ 寝覚めが悪い ・ やましい(気持ち) ・ やましさを感じる ・ 心が痛い ・ 罪悪感 ・ 後ろめたさ(を感じる) ・ (現実の姿に)うろたえる ・ 後ろ暗い(思いを抱える) ・ 気がさす ・ 良心がうずく ・ 良心のうずき ・ 後味が悪い ・ (何となく)気が済まない ・  ・ 心に刺さったとげ(の痛み) ・ 気がとがめる ・ 良心がとがめる ・ 良心の呵責 ・ 罪の意識にさいなまれる ・ 責任を感じる ・ 合わせる顔がない ・ 心の古傷が痛む ・ どの面下げて ・ (両親に)責めさいなまれる ・ 罪の意識を持つ ・ 夢見が悪い ・ (やってしまった事を)後悔(する) ・ (拭いきれない)後悔の念 ・ 申しわけない(気持ち) ・ 厳秘 ・ (起こった出来事を)胸の内に封印し続ける ・ 隠し事 ・ 秘する ・ 隠密(行動) ・ (経営者の)隠れた(愛読書といわれる「韓非子」) ・ 内分 ・ (大きな)謎に包まれる ・ 隠す ・ 秘密のベール(につつまれたまま) ・ 闇の(組織) ・ 黒い~ ・ 猫かぶり ・ 閉鎖性 ・ ひそむ ・ ひそめる ・ 密室性 ・ 機密 ・ (秘密を)握り込む ・ 陰ながら ・ (トップ)シークレット ・ 掩蔽 ・ 秘密にする ・ 人に知られては困る ・ 対外秘 ・ 知らないふり(をする) ・ (知っていて)知らんふり ・ 楽屋落ち ・ 他聞をはばかる(話) ・ 黙秘(する) ・ まる秘 ・ (事実を)伏せる ・ 伏せ字(にする) ・ ほにゃらら ・ 極秘 ・ 覆い隠す ・ アンダーカバー ・ 開示しない ・ 沈黙を守る ・ 隠れ(△ミッキー[キリシタン]) ・ 隠し(△金庫[味]) ・ 部外秘 ・ 胸の内に留めておく ・ 胸奥に収める ・ 隠れる ・ 仮面をかぶる ・ 秘めやか ・ 枢密 ・ 葬る ・ 忍ばせる ・ 隠蔽(体質) ・ 内密(に事を運ぶ) ・ 隠蔽 ・ それとなく ・ 忍ぶ ・ 陰に ・ 私事 ・ 暗に ・ 秘し隠す ・ 隠し立て ・ (固く)口を閉ざす ・ (情報を)囲う ・ 囲い込む ・ (自分の罪を)覆う ・ 不透明 ・ 不明朗 ・ 秘匿(事項) ・ 秘密(にする) ・ (~のことを)隠す ・ 裏(番長) ・ (その話には)裏(がある) ・ (家族には)黙っている ・ 包み隠す ・ 包む ・ (胸に)秘める ・ 不都合(な意図) ・ 未発表(の情報) ・ 忍びやか ・ 隠し込む ・ 秘め事 ・  ・ 言わず語らず ・ 伏せる ・ 公開しない ・ 非公開(の情報) ・ 未公開(情報) ・ (△言論[情報]を)統制(する) ・ 一人で抱え込む ・ ひた隠し(にする) ・ 口外しない ・ 口を割らない ・ 表に出てこない ・ 秘中の秘 ・ 無断 ・ 煙幕を張る ・ (不都合な部分を)黒塗り(にする) ・ 内聞
後ろ暗い(感じのする男)不正を疑わずにはいられない後ろ暗い(感じのする男)不正を疑わずにはいられない  不正の臭いがする ・ 怪しげ(な求人) ・ 不可解(な)(言動) ・ (限りなく)黒に近い ・ まともでない ・ 怪しい ・ (怪しいと)にらむ ・ いかがわしい(薬) ・ 灰色(議員) ・ 不明朗(な取引) ・ やばい(金) ・ 危ない(儲け話) ・ 疑惑が持たれる ・ 不透明(な資金の流れ) ・ 不純な(動機) ・ 見覚えがない(引き落とし) ・ 詐欺まがい(の仕事) ・ 薄汚い(政治家) ・ 不審(な車) ・ (犯罪のにおいが)ぷんぷん(する) ・ 容疑者 ・ (魑魅魍魎が)うごめく(政界) ・ (政界の裏面で)暗躍(する) ・ (あの素振りはどうも)くさい ・ 巧妙な ・ 詐欺まがい(の商法) ・ 狡猾な(手段) ・ 偽計(取引) ・ 架空(取引) ・ 不正 ・ フェイク(サイト) ・ 詐欺的な ・ 潜り(の医者) ・ (弱者を)食い物にする ・ 妙に(張り切っている) ・ 下品な ・ 怪しい(行動) ・ 余分な(手の動き) ・ 変態的な ・ 奇妙(な動き) ・ (統合失調症に似た)奇異(な行動) ・ 妙な(△動き[手つき]) ・ 謎めいた(動き) ・ (真意を)測りかねる ・ 不審(な△行動[動き]) ・ 嫌らしい(腰つき) ・ (説明に)納得しない ・ 納得できない ・ 不可解 ・ 浮かない顔 ・ (容疑者として)マークする ・ 目をつける ・ わだかまるものがある ・ (あの素振りはどうも)臭い ・ 納得いかない(という風に眉をひそめる) ・ 警戒(の念) ・ (なれなれしさを)警戒する ・ 邪推(する) ・ 疑点(を残す) ・ 疑惑(を感じる) ・ (△事実と違うのではないかと[真意を])疑う ・ 疑い(を△挟む[差し挟む]) ・ 疑いを持つ ・ 疑いをかける ・ (誰もが)疑心暗鬼(になる) ・ なぜだろう ・ うたぐる ・ 額面どおりには受け取れない ・ 見とがめる ・ 半信半疑(だ) ・ 疑問なしとしない ・ 目を疑う ・ 探るような目で見る ・ 目をこすって見る ・ 疑いの目で見る ・ 疑いの目を向ける ・ うろんな目で見る ・ 不信をあらわにする ・ (収賄の)容疑 ・ 危ながる ・ 怪しむ ・ (あのアリバイは)怪しい(と思う) ・ はっきりしない ・ 疑問視(する) ・ 鵜呑みにはできない ・ 疑心(を抱く) ・ 勘ぐる ・ (ゲスの)勘ぐり ・ 信じない ・ 信じられない ・ 信じかねる ・ 妙(な動き) ・ いぶかる ・ いぶかしむ ・ いぶかしい ・ いぶかしく思う ・ いぶかしげ(な表情) ・ いぶかり(つつ) ・ 信憑性に問題がある ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ 疑わしい ・ 懐疑(的) ・ 疑ってかかる ・ 謎(△が深まる[の行動]) ・ つじつまが合わない ・ (疑問が)芽生える ・ 割り切れない(気持ち) ・ 危ぶむ(ような目) ・ すっきりしない(話) ・ (どうも)変(だ) ・ 信を置かない ・ 曖昧(な証言) ・ 不審(△がる[に思う]) ・ 不審げ ・ 頭をひねる ・ (説明に)首をひねる ・ (小)首をかしげる ・ うそっぽい ・ (そんなの)うそに決まっている ・ 腑に落ちない ・ くさい(情報) ・ 疑義(がある) ・ 嫌疑(をかける) ・ 疑団 ・ 疑問(△に思う[が生じる]) ・ 疑問を抱く ・ 疑問を覚える ・ 疑問が湧く ・ (どこか)おかしい(と思う) ・ (疑惑が)頭をもたげる ・ 釈然としない ・ (疑念が)晴れない ・ 不思議(に思う) ・ 不思議がる ・ 不思議そう(な目をする) ・ インチキくさい ・ 眉に唾をつける ・ (△どうも[何か])引っかかる ・ (気持ちに)引っかかるところがある ・ 引っかかり(を感じる) ・ 虚実ない交ぜ(の持ちかけ話) ・ 信用しない ・ 信用できない ・ 真に受けられない ・ 疑念(を△持つ[抱く]) ・ 猜疑(△心[を持つ]) ・ 灰色(高官) ・ 疑懼ぎく(の念)(をいだく) ・ 不信感(を持つ)
後ろ暗いまっとうでない生き方・恵まれない生き方や生活後ろ暗いまっとうでない生き方・恵まれない生き方や生活  恵まれない(生き方) ・ 地下(経済) ・ (人生の)裏道 ・ 裏世界(の人間) ・ 正道でない ・ 悪の道 ・ (人生の)路地裏 ・ 邪道 ・ 暗黒街(の帝王) ・ 裏稼業(に従事) ・ 非合法(活動) ・ かたぎでない(生き方) ・ ヤクザ(稼業) ・ (浮き世の)裏通り ・ 裏街道(を行く) ・ 蛇の道(は蛇)」 ・ (人道を外れた)獣道(を行く) ・ 闇の世界(の住人) ・ ぽん引き ・ 強面(のお兄さん) ・ よからぬ人相(の) ・ 姦悪(な人物) ・ 奸悪 ・  ・ ギャング ・ 然る者 ・ 悪い奴ら ・ 迷惑(をかける) ・ 梟雄 ・ (殺人事件の)容疑者 ・ 前科者 ・ 食わせ者 ・ 黒い影(が襲いかかる) ・ 人でなし ・ ボス ・ 黒ネズミ ・ 頭の黒いネズミ ・ 大ネズミ ・ (経済成長を阻む)がん ・ (稀代の)ペテン師 ・ 古だぬき ・ 古ぎつね ・ マッド(サイエンティスト) ・ 不心得者 ・ 奸物 ・ 嫌われ者 ・ 嫌われる ・ 暴力団組員 ・ 縄付き ・ ヤクザ ・ 経済ヤクザ ・ (盗賊)一味 ・ 奸賊 ・ ふらち(なやつ) ・  ・ 無法者 ・ ごろつき ・ (△会社[文筆])ごろ ・ 暴力団員 ・ 手を汚す ・ 真っ黒な手 ・ おっかない(連中) ・ 賊子 ・ 怪人 ・ (お主も)悪(よのう) ・ ひと筋縄ではいかない(相手) ・ (組織の)ドン ・ 要注意人物 ・ 漢奸 ・ (凶悪)犯人 ・ 海賊 ・ 悪賢い ・ 知能犯 ・ マフィア(みたいな連中) ・ 極道者 ・ 黒い噂のある(芸能人) ・ 鬼(退治) ・ 人の心がない ・ 無頼の徒 ・ 凶賊 ・ くせ者 ・ 憎まれ者 ・ 悪達者 ・ 悪者 ・ ろくでなし ・  ・ 悪い評判しか聞かない ・ 犯罪者 ・ 悪人 ・ 極悪人 ・ たぬき親父 ・ 性悪(な人間) ・ 闇の世界に生きる者 ・ 悪の権化(のような人物) ・ 悪徳(△弁護士[医師]) ・ サイコパス ・ 海千山千 ・ 裏街道の人物 ・ 悪代官 ・ 山賊 ・ あぶれ者 ・ 悪い奴 ・ 巨悪 ・ 人面獣心 ・ (町の)ならず者 ・ 憎々しい(顔つき) ・ 闇の勢力 ・ 裏の勢力 ・ よからぬ人物 ・ 目つきが悪い ・ 醜類(がうごめく) ・ 無頼漢 ・ 悪玉 ・ (ジキルと)ハイド ・ 悪名 ・ 悪党 ・ 大悪党 ・ 大盗賊 ・ ピカロ ・ 強か者 ・ 凶漢 ・ 悪魔 ・ 人非人 ・ (人間の)くず ・ 手の汚れた(者) ・ 黒い手 ・ 魔の(手が伸びる) ・ 魔手 ・ 世間師 ・ (買い気をあおる)さくら ・ (反社会的集団の)構成員 ・ 人に言えない仕事 ・ 後ろ暗い(仕事) ・ 闇のルートで仕入れる ・ 禁制(品) ・ 裏街道を歩む ・ (やくざの)裏稼業 ・ (商法に)抵触する(行為) ・ しのぎ(の仕事) ・ 法律に触れる(仕事) ・ やばい仕事 ・ 世間を狭くして暮らす ・ 海賊版 ・ 潜り(の医者) ・ 密造(酒)
後ろ暗い(金品)非合法な経済活動によってやりとりされるお金後ろ暗い(金品)非合法な経済活動によってやりとりされるお金  うろんな金(が動く) ・ 地下(銀行) ・ 不正資金 ・ 怪しい金 ・ ブラックマネー ・ 犯罪がらみ(の金) ・ やばい(金) ・ アングラ(マネー) ・ 闇金 ・ ダーティー(な取引) ・ 不透明な金(の流れ) ・ 不明朗な金(が流れ) ・ 闇取引(による金) ・ 不正経理(による裏金作り) ・ 曰くありげな(金) ・ 裏金 ・ 裏(金) ・ 疑惑(のマネー) ・ 汚い(金) ・ 筋の悪い金 ・ 密室での取引 ・ 贓物 ・ 贓品 ・ 盗品 ・ 略奪品 ・ 後ろ暗い(金品) ・ (手に入れた)獲物 ・ 戦果 ・ 戦利品 ・  ・ 不正な金銭(授受) ・ 餌(をやる) ・ 袖の下(を渡す) ・ 賄賂 ・ キックバック ・ 鼻薬 ・ 裏金(が動く) ・ 現金の授受(を禁止) ・ 金品の受け渡し ・ リベート
後ろ暗い(金品)(未分類)後ろ暗い(金品)(未分類)  疚しい ・ 叩けば埃 ・ 良心が咎める ・ 臑に傷持つ ・ 脛に疵持つ ・ 暗部 ・  ・ 暗い過去 ・ 傷持つ脛 ・ 疾しい ・ 心疾し ・ 慚愧 ・ 疑惑にからむ ・ 奇怪な ・ 不明朗な ・ 不正手段による ・ 闇による ・ 談合入札による ・ 不法取引 ・ 密売買 ・ 嫌疑による ・ 不審な ・ 不自然な ・ 不透明な ・ 違法販売 ・ 裏ルートから
キーワードをランダムでピックアップ
踏切浜千鳥コックカウンセラー危篤勘定高いごちゃまぜ抱擁大旱に雲霓を望むプラトニックラブ食い置きいささか日なたぼっこ金くず運び入れる認めるほかはない毎日が日曜日遅からず早からず板を反らすちらほら見られる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中])信用できない人(不信ふしん
  2. 後ろ暗い(思いを抱える)良心がとがめる
  3. 後ろ暗い(動き)(悪事のなどのために)ひそかに活動する
  4. 後ろ暗い(金品)不正な手段で手に入れた品物
  5. 後ろ暗い詐欺師
  6. 後ろ暗い(仕事)人に言えない仕事
  7. 後ろ暗い隠している悪事、人に知られたくないやましいところがある
  8. 後ろ暗い(感じのする男)不正を疑わずにはいられない
  9. 後ろ暗いまっとうでない生き方・恵まれない生き方や生活
  10. 後ろ暗い(金品)非合法な経済活動によってやりとりされるお金
  11. 後ろ暗い(金品)(未分類)