表示領域を拡大する

ものものしい(警備)の類語、関連語、連想される言葉

 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
ものものしい堂々としていて近寄り難い/落ち着いていて威厳が感じられるものものしい堂々としていて近寄り難い/落ち着いていて威厳が感じられる  貫録(がある) ・ 貫目かんめ(がある) ・ 厳しい表情 ・ 存在感(がある) ・ 迫力がある ・ (生き方に)芯が通る ・ 人を寄せ付けない ・ 重々しい(雰囲気) ・ 重々しさ ・ 重みがある ・ 落ち着いた自信 ・ (静かな)気迫 ・ いかめしい(護衛) ・ いかめしさ ・ 威風堂々 ・ 威厳(が備わる) ・ 国威 ・ 厳然 ・ 腰が据わっている ・ 威圧感 ・ 神威 ・ (ある種の)覚悟(が見える) ・ カリスマ性 ・ 犯しがたい ・ 威ありて(猛からず) ・ 昂然と胸を張る ・ 畏怖(させる) ・ 辺りを払っている ・ 重々しい ・ 身の引き締まる思い ・ 儀容 ・ 恩威 ・ 威信 ・ 威厳(を示す) ・ 端厳 ・ 威徳 ・ 威儀(を正す) ・ 風格 ・ 威光 ・ 厳かな ・  ・ 重厚(な雰囲気) ・ 毅然(とした)(態度) ・ 揺るぎない(態度) ・ 権威 ・ どっしり(とした)(態度) ・ (人を)心服させる(力) ・ 峻厳(な態度) ・ 峻厳さ ・ 勿体 ・ 抑制された(表情) ・ 重厚感 ・ 誇り高く(生きる) ・ 風格がある ・ 泰然として座す ・ (壮年者の)(が備わる) ・ 御稜威 ・ 自信に満ちる ・ 力強さがある ・ 権威(を持つ) ・ 重量感(がある) ・ 重厚さ ・ 近づきがたい ・ 落ち着いている ・ リーダー(格)(の男) ・ 厳しい ・ りりしい(いで立ち) ・ りりしさ(を持つ) ・ 凛(としている) ・ 甲斐性 ・ 堂々と ・ 親しみ(やすさ)がない ・ (辺りを)睥睨(する) ・ 目に力がある ・ でんと ・ 君主然(とする) ・ 堂々たる(存在感) ・ どっかり ・ 堂々としている ・ 大人たいじん(の風情) ・ 押しも押されもしない ・ 押しも押されもせぬ ・ (何事にも)動じない ・ 厳か(に宣言する) ・ 揺るがない ・ どっしり(構えている) ・ 安定している ・ (壮年者の)が備わる ・ 重み ・ 堂々 ・ 毅然(とした態度) ・ おもし ・ (荘厳さに)心が震える ・ (神を)畏怖(する) ・ 恐怖 ・ おびえる ・ 恐れる ・ 厳か(な雰囲気) ・ 厳粛(な気持ち) ・ (自分が)卑小に見える ・ 敬い(の念) ・ 恐れ多い(と思う) ・ たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ 敬意を表する ・ (神前に)平伏(する) ・ (地に)ひれ伏す(思い) ・ おののく ・ (未知の存在への)おののき ・ びびる ・ 畏れあがめる ・ すくみ上がる ・ 心服する ・ 威圧を感じる ・ 謙虚になる ・ (人として)謙虚な気持ち(になる) ・ 尊敬(の念) ・ (眼前の光景に)声が出ない ・ 敬けん(な気持ち) ・ 敬天(愛人) ・ 神秘性 ・ 崇敬 ・ 敬う ・ (神を)畏れかしこむ ・ (山岳)信仰 ・ 魂の戦慄 ・ 戦慄する ・ 有無を言わさぬ(壮麗さ) ・ (大仏を)見上げる ・ (神前で)うやうやしく(頭を下げる) ・ (貴人の前で)かしこまる ・ (極度に)緊張(する) ・ (自然への)おそれ(を感じる) ・ (偉大な存在を前に)恐れ入る ・ (大自然に対して)敬けん(な気持ち)(になる) ・ ぴりぴり(△する[と神経をとがらせる]) ・ (神の前に)ひざまずく ・ (大自然への)慎み(の心) ・ 崇高(な雰囲気) ・ 敬服(する) ・ (神と)(まで)あがめる ・ 粛然(とする) ・ (圧倒されて)言葉を失う ・ 体が動かない ・ 立ちすくむ ・ 畏敬(の念)(を抱く) ・ 頭が上がらない ・ (自然に)こうべを垂れる ・  ・ インパクト(のある存在) ・ (街を)見下ろすような(堂々たる建物) ・ 情感に乏しい ・ 怖い(ような気がする) ・ (周囲を)ひるませる(気) ・ メンツ(がかかる) ・ (高い)評価 ・ 居様いざまがいい ・ (無言の)圧力 ・ (相手の)気迫(に圧倒される) ・ 近寄りにくい(感じ) ・ 近寄りがたい ・ 人を寄せつけない ・ 貴族的(な人) ・ (国の)プライド ・ (国家の)誇り ・ 貫禄がある ・ 面目 ・ 壮麗(な大寺院) ・ いかつい(風貌) ・ 端然(と座る) ・ 信用 ・ (実力者の)影響力 ・ 偉容(を誇る) ・ タフ(な様子) ・ 気高い ・ 古武士(のような人物) ・ 人づきが悪い ・ 偉そう ・ 感情を表に出さない ・ 無愛想(な△顔[建物]) ・ にこりともしない ・ 寡黙 ・ しかつめらしい(顔) ・ 怖い顔(をする) ・ (王者の)風格(がある) ・ 取って食われるわけではない(が) ・ 恐ろしい ・ (恐ろしいほどの)存在感 ・ 存在感(を感じさせる) ・ 親しみやすさがない ・ のしかかる感じ ・ 冒しがたい ・ 居住まいを正す ・ 武張る ・ 気難しい(老人) ・ 気圧けおされる ・ 存在感 ・ プレゼンス ・ 圧迫感 ・ すごい(建物) ・ (いかめしく)構える ・ 気負う ・ 力み返る ・ 閻魔様(のような存在) ・ どてっとした(プリン) ・ でんとした(シルエット) ・ 甘くない(相手) ・ 立派(な人物) ・ (目に)強い力がある ・ 信頼感 ・ かたい(本) ・ 精悍(な風貌) ・ 気迫(△に満ちている[が辺りを包む]) ・ 重々しい(口調) ・ ものすごい(形相) ・ (大統領の)権威 ・ (国家の)信認 ・ 打ち解けない ・ 名実 ・ 名と実 ・ (辺りを)睥睨(する)  ・ 威儀を正す ・ 王者の風格 ・ アグレッシブ(な印象) ・ (外部からの)敬意(の念) ・ (人を)圧する力 ・ とっつきにくい ・ あらがいがたい力を示す ・ 厳しい(表情) ・ 鍾馗(のような)(顔) ・ 貫禄(がある) ・ 厳しさ ・ 脅威(を与える) ・ 逆らえない ・ 抵抗できない ・ 信頼性 ・ 窮屈(な思い)(をする) ・ 国威(発揚) ・ (王国の)威厳を示す(建築物) ・ 立派な姿 ・ 威厳がある ・ 冒しがたい(態度) ・ そそり立つ(崖) ・ 気後れさせる ・ 威圧感がある ・ 威圧するような(存在感) ・ 堂々たる(態度) ・ 豪壮(な構えの邸宅) ・ (壮年者の)威 ・ 背中で教える(親方) ・ 威徳(が備わる) ・ (周りを)緊張させる ・ 脅し(を利かせる) ・ 威風堂々(とした人) ・ (周囲を)威圧する(ような)(建物) ・ (人を)畏怖させる ・ (王の)威容(に圧倒される) ・ 不気味(な印象) ・ 信頼 ・ しゃちほこ張る ・ 迫力(がある) ・ 強面こわもて ・ 精悍(な面構え) ・ 風圧(を感じさせる) ・ ギラギラした(感じ) ・ いかめしい(態度) ・ (王としての)尊厳(を有する) ・ 重圧感 ・ (人間の)尊厳 ・ 気を呑まれる ・ (目に)見えない力 ・ 隠然とした力 ・ (権力の)求心力 ・ 謹厳(な教育者) ・ 人間味に欠ける ・ 鬼がわら(のような)(顔) ・ (周囲を)睥睨(する) ・ 厳然(たる態度) ・ 体面 ・ (人を)たじたじとさせる(力) ・ すごみ ・ 厳格そう ・ 教祖的(な声) ・ 険しい(目つき) ・ 目に強い力がある ・ 温かさがない ・ どっか(と)(座る) ・ カリスマ性(を備える) ・ 厳か(に話す)(神主) ・ 堅苦しい ・ (怖くて)近寄りがたい(存在) ・ (人を)寄せつけない(雰囲気) ・ 印象のいろいろ
ものものしい(警備)実際以上に大きく見せる(誇張/大げさ)ものものしい(警備)実際以上に大きく見せる(誇張/大げさ)  不自然な振る舞い ・ 仰山 ・ 輪をかける ・ 戯画(化)(されたイラスト) ・ 戯画的(な風刺絵) ・ 劇画調(の表現) ・ 拡大(鏡) ・ くさい(芝居) ・ 大きな口をきく ・ 十年に一人(の美少女) ・ 儀式張った(会合) ・ 牛刀をもって鶏を割く ・ 駆け引き ・ 誇張(する) ・ 誇張が過ぎる ・ 権威めかした(建物) ・ 輪に輪をかける ・ 演出 ・ ものものしく(包帯をする) ・ ものものしい(警備) ・ (必要以上に)拡大 ・ (言葉が)踊る ・ けれん ・ もったいぶった(話し方) ・ 大風呂敷(を広げる) ・ 時代がかった(言い回し) ・ 大時代(的)(なセリフ) ・ ことさら(に)(つらく当たる) ・ 看板に偽りあり ・ 実際以上に大きく見せる ・ 芝居がかった(振る舞い) ・ 粉飾(された記述) ・ 活劇調(の文体) ・ 仰々しい(警戒態勢) ・ 大仰 ・ はったり(をかける) ・ 過大(評価) ・ (タイトル)詐欺 ・ センセーショナル(に書き立てる) ・ 超人的(な英雄) ・ 事々しい ・ (大きく)振りかぶった(ポーズ) ・ 誇大(広告) ・ おどろおどろしい ・ (実態と)かけ離れる ・ 尾ひれ(を付ける) ・ (事実への)色づけ ・ 色をつけて(話す) ・ 色をつける ・ (事実を)ゆがめる ・ わざとらしい ・ 過大評価(させる) ・ 極端 ・ 潤色(を加える) ・ 相手に強く印象付ける ・ (相手に)(強く)印象づける ・ 強調(する) ・ オーバー(な言い方) ・ オーバーアクション ・ 麗々しく(飾られる) ・ 掛け値(をする) ・ (ちょっとしたことを)大層(に言う) ・ (千年使えるという)触れ込み(のフライパン) ・ ご大層(な木箱入りのいちご) ・ 大げさ(な) ・ 尊大(な態度) ・ うそ(が交じる) ・ ドラマチック ・ 華美 ・ 演技指導 ・ 露骨(な見出し) ・ (新聞見出しの)文字が躍る ・ (事件が)クローズアップ(される) ・ (針小棒大に)話を拡大する ・ (世間を)あおる(だけ)(のマスコミ) ・ 人情味のない ・ 掛け値(をして話す) ・ 刺激的(な見出し) ・ オーバー(に語る) ・ 監督(する) ・ 扇情的(な記事内容) ・ (障害者を)見せ物扱い(する)(テレビ番組) ・ 言い過ぎる ・ 言い過ぎ ・ 針小棒大(に言う) ・ 水増し(する) ・ 創作 ・ 美々しい(装い) ・ 過言(ではない) ・ 創造活動 ・ ちゃらちゃら(した)(ワンピース) ・ 華(がある) ・ 視認性が高い ・ きらびやか(な衣装) ・ 華やぎ ・ 虚実とりまぜて ・ (話を)大ごとにする ・ 満艦飾まんかんしょく(に飾り立てる) ・ (マスコミが)騒ぐ ・  ・ センセーショナル(△な見出し[に書き立てる]) ・ 絢爛 ・ 派手やか ・ わさびの利いた(風刺) ・ (華やかで)人目を引く ・ 人目を引く美しさ ・ (派手さが)目を引く ・ 売らんかな(の△紙面[取り上げ方]) ・ ゴシップ(誌) ・ ゴシップ記事 ・ (事実を)脚色(△する[を加える]) ・ 色づけ(する) ・ えげつない(表現) ・ (俺にできないことはないと)吹く ・ らっぱを吹く ・ 興味本位(に)(書き立てた記事) ・ 白髪三千丈 ・ 俗悪(番組) ・ 麗々しい ・ 目抜き ・ けばけばしい ・ 大掛かり ・ どぎつい(描写) ・ 潤色(する) ・ 大言(壮語) ・ 言葉のあや(でそう言ったまでだ) ・ (大衆の)受けを狙った(記事) ・ 向こう受け狙い ・ 華やか(な雰囲気の人) ・ 事々しく(言い立てる) ・ 与太話 ・ 吹っかける ・ 振り(を付ける) ・ (踊りの)振り付け ・ 振り付ける ・ 派手 ・ 大げさ(に言う) ・ 誇張された(見出し) ・ 誇張(して話す) ・ あることないこと(書き立てる) ・ だめを出す ・ (アイドルが)マスコミの好餌となる ・ 豪華(な衣装) ・ 射幸心しゃこうしんをあおる(表現) ・ いい加減(な話) ・ 演出上の指示 ・ 映える ・ 大模様(の衣類) ・ 華々しい ・ 吹きまくる ・ 話半分(としてもすばらしい) ・ キワモノ(映画) ・ 吠える ・ 過激 ・ あることないこと(言い触らす) ・ 粉飾(する) ・ (話の内容を)盛る ・ (ストーリーを)肉付け(する) ・ 毒々しい(色使い)(のポスター) ・ 豪華絢爛 ・ 演出過剰 ・ けばけばしい(表紙の雑誌) ・  大口を叩く ・ (報告書を)セクシーにする ・ 体裁のいいことを言う ・ (大衆の)欲望を刺激する(だけの雑誌) ・ 尾ひれを付けて(話す) ・ うそぶく ・ (事実を)誇大(に言う) ・ (ドラマ)仕立て(のストーリー) ・ (存在が)目立つ ・ 虚実皮膜(の物語) ・ 事実を曲げる ・ (周囲に)埋没しない ・ なりふり構わない ・ うそ(を言う) ・ 俳優を動かす ・ 情緒的(な報道) ・ 上調子 ・ 上っ調子(な態度) ・ 過大(に報告する) ・ 空念仏 ・ 虚構(の発言) ・ (嘘は)心の弱さ(である) ・ 口裏を合わせる ・ でたらめを言う ・ (口から)でまかせ(△を言う[の話]) ・ うそを△つく[言う] ・ 嘘をこね上げる ・ 嘘で(塗り)固める ・ うそ八百を並べる ・ (話を)脚色(する) ・ (話が)増幅(されて伝わる) ・ 銀流し(の紳士) ・ 口裏合わせ ・ (数字を)割り増し(する) ・ (全体の)見栄えを良くする ・ 欺く ・ 公約違反 ・ (秀でているように)錯覚させる ・ (マスコミによって作られた)虚像 ・ ほら(を吹く) ・ 大ぼら(を吹く) ・ (上辺を)飾る ・ 虚飾 ・ 芝居(をする) ・ 狂言(強盗) ・ 絵空事(を並べる) ・ (実際は)張り子の虎 ・ (欠点を)目くらまし(する) ・ 建前(を言う) ・ 有名無実 ・ 居留守(を使う) ・ (知っている内容を)少し変えて話す ・ 見栄えがいいだけ ・ 感情がこもっていない ・ 羊頭狗肉 ・ 正直に答えない ・ (あざとく)目立たせる ・ 二枚舌(を使う) ・ リップサービス ・ 上乗せする ・ 水ぶくれ(させる) ・ メッキ(を施す) ・ (不都合な部分を)隠す ・ (単なる)リップサービス ・ から約束 ・ 口任せ ・ 称する ・ (病気と)称して(欠席する) ・ 華美にする ・ (病気と)偽る ・ バブル(景気) ・ 大風呂敷を広げる ・ (データに)作為(して数値を変える) ・ (実態を)ごまかす ・ うわべだけ ・ いかさま(師) ・ ガセネタ ・ 作り話 ・ (提案書を)セクシー(に見せる) ・ 誣告ぶこく(△する[罪]) ・ (成績に)げたを履かせる ・ 虚偽(の証言) ・ 心にもないこと(を言う) ・ いい加減なことを言う ・ ブランド品で身を固める ・ メイキング(した)(資料) ・ つじつま合わせ(をする) ・ かさ上げ(する) ・ 宣伝が過ぎる ・ しらを切る ・ 体裁を整える ・ 本心でない ・ 悪徳商法 ・ (醜悪を)美化(する) ・ 口ばっかり(の男) ・ ほころび ・ 巧妙な味付け(を施す) ・ 食言(する) ・ もっともらしく(思わせる) ・ (学歴)詐称 ・ 蟷螂の斧(を振りかざす) ・ 舌先三寸 ・ 駄ぼら(を吹く) ・ (信頼を)裏切る ・ (有権者への)裏切り ・ 見かけをよくする ・ ごまかす ・ ごまかしを言う ・ 美辞麗句 ・ 体裁体裁のいいこと言う ・ 盛り(ブラ) ・ 見せかけ(の優しさ) ・ (バイアスを)差し引いて考える必要がある ・ 口先だけ ・ 無責任 ・ 上げ底(をする) ・ (嘘を重ねて)ほころびが出る ・ プラスアルファーを加える ・ だます ・ (ぼろを)覆い隠す ・ いい加減(なやつ) ・ うそを重ねる ・ (事実を)曲げる ・ ちぐはぐ(な言動) ・ (作り話を)でっちあげる ・ (話が)二転三転(する) ・ (内容)虚偽 ・ うそ(の決算報告) ・ (数字を)操作する ・ サバを読む ・ (事実を)粉飾(する) ・ 化粧を施す ・ (言うことが)信用できない ・ (内容を)膨らます ・ まやかしを言う ・ (きれい事しか言えない)漂白社会 ・ 派手にする ・ 実行が伴わない ・ 偽証(する) ・ 厚化粧 ・ 八方美人(頼むに足らず) ・ 看板倒れ ・ (仰々しく)飾り立てる ・ 名ばかり(の夫婦) ・ 情報操作 ・ (農産物の)ブランド化 ・ 言行不一致 ・ 口だけ ・ 体裁だけ(の報告書) ・ かっこつける ・ 口車(に乗せる) ・ 見栄を張る ・ (中身が)薄い ・ 整合性を失う ・ 繕う ・ オーバーサイズ ・ 長大(な植物) ・ グランド(ピアノ) ・ だぶだぶ(の服) ・ ぶかぶか(の靴) ・ 立ちはだかる(壁) ・ アメリカンサイズ(のハンバーガー) ・ (大きくて)扱いにくい ・ 大粒(のダイヤ) ・ マンモス(タンカー) ・ メガトン級(のマグロ丼) ・ 両手で抱えきれない(ほどの花束) ・ 大(は小を兼ねる) ・ 無限大 ・ ド級(戦艦) ・ 超ド級 ・ デカ(盛り) ・ 途方もない大きさ ・ 大いなる ・ 手前にある ・ 倍大 ・ 邪魔くさい(家具) ・ (国内)最大級(のスキー場) ・ 立派(な家) ・ ど迫力(の巨大パフェ) ・ 迫力のある(ヒップ) ・ 入りきらない ・ 頭でっかち ・ 大型(バイク) ・ 重量感のある(ダイヤモンド) ・ 大きすぎる ・ 過大 ・ 大判(のバスタオル) ・ 極大 ・ 目障り(な建物) ・ (規格外の)巨体を持つ(戦艦) ・ 著大 ・ マグナム(サイズ)(のワイン) ・ 存在感のある(腕時計) ・ ラージ(サイズ) ・ ヘビー級(のカツ丼) ・ 見上げるような(大聖堂) ・ スケールが大きい ・ 規格外(の大きさ) ・ でかでか ・ 特大 ・ 超特大(のエビフライ) ・ バカでかい ・ 飛び抜けて大きい ・ 豪壮(な構えの邸宅) ・ 大輪 ・ 大振り(の茶碗) ・ 他を圧する ・ 巨大 ・ キングサイズ(のスーツ) ・ クイーンサイズ(の寝具) ・ ゆるゆる ・ 大きい ・ 大きな ・ 大の ・ 豪壮 ・ 重量級(のタンカー) ・ (図体の)でかい ・ でかっ(!) ・ でっかい ・ どでかい
ものものしい(雰囲気)物騒なことが今にも起こりそうな気配(不穏)ものものしい(雰囲気)物騒なことが今にも起こりそうな気配(不穏)  待ったなし(の状況) ・ 開戦前夜(の状況) ・ (先行きが)不安 ・ ぎすぎす(した職場) ・ 嫌な雰囲気 ・ 治安が悪い ・ 危機的(状況) ・ 危機に直面している ・ 危機が迫る ・ 悪い予感 ・ 危険と隣り合わせ(の生活) ・ 物騒(な)(世の中) ・ ざわざわ(した世相) ・ 物騒がしい ・ 有事 ・ 風雲急を告げる(事態) ・ (女房の機嫌が)臨界点(にある) ・ (一旦)緩急あれば(ただちに駆けつける) ・ 波乱含み(の幕開け) ・ 一歩誤ると(大変なことになる) ・ 一つ間違えば(命にかかわる) ・ 雲行き(が怪しい) ・ 戦雲せんうん(が低く垂れこめる) ・ 曇り(の状態) ・ ぐずつき模様 ・ (安定性が)崩れる ・ もろい(バランス) ・ (社会が)騒がしい ・ 騒然とした(社会) ・ 予断を許さない ・ (今にも)(△悪いこと[事件/物騒なこと]が)起こりそう(な気配) ・ 薄氷を踏む(思い) ・ (社会の)不安が募る ・ 危うい(ところ)(だった) ・ 多事 ・ (何やら)恐ろしいことが ・ 際どい(岐路) ・ 楽観を許さない(情勢) ・ (対立がいよいよ)極まる ・ 容易ならざる(事態) ・ 危険な(状態) ・ (前途に)暗影(を投げかける) ・ 一歩誤れば(一大事となる) ・ にらみ合い(が続く) ・ ぴりぴりとしたムード(が漂う) ・ (国際情勢に)暗雲(が△漂う[垂れ込める/かかる]) ・ 暗雲に包まれる ・ 重苦しい空気に包まれる ・ うっとうしい空気 ・ 暗色に覆われる ・ 一触即発(の国際情勢) ・ (災いに)見舞われそう ・ 不安を誘う(雰囲気) ・ 瀬戸際(に立つ) ・ (情勢は)楽観を許さない ・ 平静でない ・ 不穏(な△空気[情勢]) ・ (前途に)暗流(が横たわる) ・ あわや(のところ) ・ (先行きを)曇らせる ・ 血のにおいがする ・ 生臭い風が吹いてくる ・ とげとげしい(やり取り) ・ (社会情勢が)落ち着かない ・ きな臭い(△においがする[国境地帯/問題/空気]) ・ きな臭さ(が漂う) ・ 重大な ・ 行き着くところまで行く ・ 危険な橋を渡る ・ 地雷原を行く(ようなもの) ・ (世情)騒然 ・ 緊張感が漂う ・ 緊張が高まる(ウクライナ情勢) ・ (停学に)リーチがかかる ・ (信用不安の)足音 ・ 軍靴の響き(が聞こえる) ・ (幕末の)騒々しい(世の中) ・ (世相が)荒れる ・ ぎりぎり(の△ところに来る[状態]) ・ 危険 ・ (怒りの)マグマがたまる ・ 穏やかでない(世情) ・ 不吉(な予感) ・ 状況は(極めて)悪い ・ 剣呑(な雰囲気) ・ (目の前に)暗雲が垂れ込める ・ 油断できない ・ 気が抜けない ・ 不協和音(が響く) ・ 影を落とす ・ ただならない(気配) ・ 険悪(な空気) ・ (忍び寄る)黒い影 ・ まかり間違えば取り返しのつかないことになる ・ 赤信号が点滅(する) ・ (誰もが)殺気立っている ・ 不気味(な世の動き) ・ (世界経済に)暗い影を投げかける ・ いよいよ困れば ・ 潜在(的リスクを抱える) ・ 最悪の場合 ・ 最後の最後には ・ 潜伏(期間) ・ (大嵐の)前触れ ・ (恐ろしい出来事が)身をひそめる ・ いざとなれば ・ いざとなったら ・ 危急の場合 ・ 嵐の前の静けさ ・ (つかの間の)休息 ・ (危険を)はらむ ・ (大戦)前夜 ・ (台風)直前の静けさ ・ いよいよとなったら ・ 行き着くところまで行ったら ・ あわやの場合 ・ 次のチャンスはない ・ ラストチャンス ・ 危急の(事態) ・ これ以上は負けられない ・ 困難(が予想される) ・ 魔の(海域) ・ 危険な立場に立たされる ・ 一波乱も二波乱も(ありそう) ・ (成り行きを)心配(する) ・ (先行きが)心配(される) ・ (いよいよ)追い詰められる ・ (屋台骨が)傾く ・ 危険にさらされる ・ 不気味(な様相)(を呈する) ・ 緊急時の場合 ・ 心もとない ・ (危険が)迫る ・ 危機(に瀕する) ・ (△先行き[情勢]は)甘くない ・ 差し迫る ・ 波乱含み(の展開) ・ (非常に)あぶない状態(になる) ・ (危機が)迫る ・ (△現状維持[立場]が)危うい ・ (極めて)重要な場面(で) ・ 崖っぷち(に立たされる) ・ (ガンの)疑いがある ・ (もう)後に引けない ・ 後に下がれない ・ 後に戻れない ・ 後戻りできない ・ (国際情勢に)暗雲が漂う ・ 暗雲が広がる ・ (先のことを考えると)(そら)恐ろしい ・ (地位が)脅かされる ・ お先真っ暗 ・ いやな徴候 ・ (日本に)将来はない ・ 悲観的(な見方) ・ (危ない状況に)追い込まれる ・ ご機嫌斜め ・ 逃げ場がない ・ 難航(の雲行き) ・ 波乱が予想される ・ (衰亡の)予兆 ・ 虫の居所が悪い ・ 心を引き締める ・ (見ていて)ひやひや(する) ・ ガラス細工(の合意) ・ (いったん)緩急(あれば)(駆けつける) ・ 難しい ・ はらはら(する) ・ (長びく戦争が国民生活に)影を落とす ・ まさかの時 ・ (国家)存亡のとき ・ (成功は)危ういといえる ・ (計画に)疑問視 ・ びくびく(する) ・ 悪い前兆 ・ 将来が定まらない ・ 寒心に堪えない ・ 危篤(状態) ・ 綱渡り(のような)(経営) ・ 曲芸的な(行動) ・ 孤独死 ・ 窮地(に立たされる) ・  ・ 自転車操業(の状態) ・ (不安の)影におびえる ・ 困難(が待ち構える) ・ (成立を)疑問視する ・ ここ一番の時 ・ 背水の陣(を敷く) ・ 斜陽化(する) ・ (やり方に)違和感(を感じる) ・ (解散するのではないかと)浮き足立つ ・ (船の)墓場 ・ (先行きは)悲観的 ・ 危殆きたいひんする ・ いざという時 ・ いざ必要という時 ・ ここぞという時 ・ (行く先が)案じられる ・ (将来のことを)案じる ・ 屠所としょの羊(のような) ・ 未来は暗い ・ 急迫(した情勢) ・ (前途を)危惧(△する[を感じる]) ・ (両国間に)緊張(状態)(が続く) ・ △屋台骨[正当性]が揺らぐ ・ 期待できない ・ 旦夕に迫る ・ 存続の危機(となる) ・ 危急ききゅう(存亡) ・ (老後の生活に)不安が募る ・ 瀕死(の状態) ・ テンパる ・ ペシミズム ・ 退路を断つ ・ 退路が断たれる ・ 厳しい(情勢) ・ (山越えの)難所 ・ 危ない ・ 瀕する ・ (根幹を)揺さぶられる ・ (不良債権という)爆弾を抱えている ・ どん底(に行き着く) ・ 吹けば倒れる ・ 風前の灯 ・ (衰退の)兆し ・ 喫緊事きっきんじ ・ (先行きが)怪しい ・ 暗い(運命) ・ (放射能)汚染地域 ・ (生きるか死ぬかの)瀬戸際 ・ 警戒心を強める ・ (戦略に)懐疑的 ・ どうなることやら ・ (前途)多難(な船出) ・ 一寸先は闇 ・ (△現状維持[存続]が)危うい ・ 危うくなる ・ (勢いが)衰える ・ 緊急事態 ・ のっぴきならない(事態) ・ 重大な危機に直面している ・ (背後から)追いすがられる ・ 危機感を募らせる ・ 万一の時 ・ (怒られるのではないかと)気が気でない ・ 急(を告げる) ・ (実現までに)紆余曲折(ある) ・ 末恐ろしい ・ (どうりで)夢見が悪かった(はずだ) ・ 夢騒がし ・ 難しい事態(が見込まれる) ・ 機嫌が悪い ・ 警戒(する) ・ ぐらつき(を示す) ・ (この国に)未来はない ・ (未来は)バラ色一色ではない ・ 剣が峰(に立たされる) ・ (将来の事態を)おそれる ・ 追い込まれる ・ 靴のひもが切れる ・ ルビコン川を渡る ・ (問題が)のしかかる ・ 地震雲(が現れる) ・ (没落を)暗示(する)(出来事) ・ (国際情勢が)緊迫(の度を増す) ・ ひび割れ(ができる) ・ 見通しが立たない ・ 予断を許さない(状況) ・ 成功の望みはない ・ 困難が伴う ・ 癇が立っている ・ (人生の)かど番(に立つ) ・ 絶望(ムード) ・ 妖気(が漂う)(屋敷) ・ (先行きに)不安がある ・ 一大事という時(に) ・ 危険(地域) ・ 窮地(に陥る) ・ 危地 ・ 将来が見通せない ・ 暗影(が差す) ・ (前途に不安な)影(が差す) ・ (日本の経済に)暗い影(を落とす) ・ 危険が身辺に迫っている ・ いらだっている ・ (将来を)憂える ・ (破綻の)縁にある ・ 未来がない ・ (極めて)不安定 ・ 健康を損なう(場所) ・ 小難しい ・ (△将来の事態[失敗]を)恐れる ・ (戦争の)恐れがある ・ (危険が)及ぶ ・ 暗闇(の人生) ・ (先行きが)明るくない ・ 先が思いやられる ・ 悪い結果になるのではないか ・ 急場(をしのぐ) ・ (先が)思いやられる ・ 上り坂、下り坂、まさか ・ 危殆(に瀕する) ・ 非常事態 ・ ぎりぎり(のところ)(△に来る[でふんばる]) ・ 際どい(ところ)(で大事を防ぐ) ・ (将来を)気遣う ・ (安否が)気遣われる ・ 凶兆 ・ 面倒(が予想される) ・ (家運が)傾く ・ 戦々恐々 ・ ナーバス(な状態) ・ ピンチ(に△立たされる[見舞われる]) ・ (先行きを)懸念(する) ・ (消費の冷え込みが)懸念材料 ・ 不安材料 ・ 轍鮒てっぷの急(を告げる) ・ (いろいろ)問題が多い ・ ぎりぎり(まで追い込まれる) ・ (苦しい状況に)押し込まれる ・ 進退きわまる ・ (状況が)切迫(する) ・ (状況が)差し迫る ・ 土台がきしむ ・ 荒波(に船をこぎ出す) ・ 尻に火がつく ・ 足元に火がつく ・ いばらの道(が待ち構える) ・ 脆弱な(均衡) ・ 危険が迫っている ・ 土俵際 ・ 徳俵に足がかかる ・ 気を揉む ・ (崖っぷちに)追い詰められる ・ (これ以上)後ろに下がれない ・ 壁に突き当たる ・ 壁際に立たされる ・ (一朝)有事の際 ・ 危ない(場所) ・ (先行きは)暗い ・ (今後が)気がかり ・ 先行きが気にかかる ・ (もう)後がない ・ 希望が持てない ・ (先行きは)思わしくない ・ 暗澹(たる思い) ・ (将来は)期待できない ・ 薄氷を踏む思い ・ 明日はわが身(だ) ・ 昨日は人の身、今日は我が身 ・ 災いは誰の身にも降りかかる ・ 対岸の火事(に不安を覚える) ・ 今にも事件が起こりそう ・ (先行きは)楽観できない ・ (シナリオが)崩れかける ・ 神経質 ・ 精神衛生上よくない ・ 緊要(な課題) ・ 不確実(な未来) ・ (これでは)先が思いやられる ・ 火急(の事態) ・ (巨大権力の)虎の尾を踏む ・ 虎穴に入らずんば虎子を得ず(の状態) ・ (彼の前途は)混沌(としている) ・ 累卵の危うき ・ 焦眉しょうび(の問題) ・ 焦眉しょうびの急(を告げる事態) ・ (事態が)行き詰まる ・ (一瞬たりとも)気が抜けない ・ 低気圧 ・ (蜜月関係に)ひびが入る ・ 不機嫌 ・ 先行き不透明 ・ (△先行き[景気]に)陰り(が見え始める) ・ ケチがつく ・ (内心)穏やかでない ・ 思わしくない ・ ぱっとしない ・ (衰運の)(影が)忍び寄る ・ ガラの悪い(地区) ・ 危ぶむ ・ (△将来[実現]が)危ぶまれる ・ 危ながる ・ 切羽(せっぱ)詰まる ・ 盤石ではない ・ 平和的な解決が望めそうもない ・ (背後は)断崖絶壁 ・ (先行きに)不安(を抱く) ・ 荒波が待ち受ける ・ しっかりしない ・ (雰囲気を)醸し出す ・ 危うい(状況) ・ 一触即発 ・ 不安定(な状態) ・ (見ていて)はらはら(する) ・ ひやひや(する) ・ 優柔不断(の態度) ・ 無用心 ・ 死を招く ・ 薄氷を踏む ・ 危うい ・ 足音が聞こえる ・ 胚胎(する) ・ 問題がある ・ (雲行きが)怪しい ・ 危殆 ・ (動作が)板につかない ・ 板についていない ・ (危険と)隣り合わせ ・ 死と隣り合わせ ・ 一つ(間違うと~) ・ ちょっと(間違うと~) ・ 不慣れ(な手つき) ・ 慣れない(手つき) ・ 大丈夫かと思う ・ ひょろひょろ(歩く) ・ 無防備(な振る舞い) ・ (足元が)おぼつかない ・ 虎の尾を踏む ・ 内発性(のもの) ・ 一髪千鈞 ・ (傾向が)見られるようになる ・ 恐ろしい ・ 危なげ ・ 安心できない ・ 危なっかしい ・ 際どい ・ スリリング(な試合展開) ・ 有害 ・ 予感 ・ (離婚の)シグナルが点滅 ・ (△危険の芽[可能性]を)はらむ ・ 醸成(される) ・ リスク ・ (見るからに)危ない ・ かも ・ 心配 ・ もたもた(している) ・ (どこか)たどたどしい ・ (金融市場に)ちらつく(介入警戒心) ・ 芽吹く ・ (見ていて)危なっかしい ・ 危なっかしい(手つき) ・ 危なかしい ・ 物騒 ・ 不健全 ・ (足音が)近づく ・ (包丁を持つ手が)心もとない ・ (なんとも)頼りない ・ (危険を)予覚(する) ・ (気運が)沸き上がる ・ 不安がいっぱい ・ 剣呑 ・ 危険が迫る ・ 手慣れない ・ 兆す ・ 兆し(が見える) ・ (荒野に埋まる)地雷 ・ 予兆 ・ よろよろ(する) ・ 見ていられない ・ 有毒 ・ 累卵 ・ 無邪気(な対応) ・ じれったい ・ 危急 ・ (春に)先駆けて(咲く花) ・  ・ (足が)ふらつく
ものものしい(警備)厳かで心が引き締まる雰囲気(厳か)ものものしい(警備)厳かで心が引き締まる雰囲気(厳か)  荘厳(な儀式) ・ 威容(を誇る)(大聖堂) ・ 落ち着いた(雰囲気) ・ 気が詰まる ・ 堅苦しい(雰囲気) ・ いかめしい ・ (場内)粛(として)(声なし) ・ 厳か(な雰囲気) ・ 立派(な本殿) ・ 畏怖させる ・ げんとして ・ 重苦しい(雰囲気) ・ 抑制の効いた(雰囲気) ・ 硬い(雰囲気) ・ 身構える ・ (式が)粛然(と行われる) ・ (行動の)自由が制約される ・  ・ (葬列が)粛々しゅくしゅく(と)(進む) ・ 不穏(な空気) ・ 崇高(な理想) ・ 張り詰めた(雰囲気) ・ 厳然(たる態度) ・ こわばった(雰囲気) ・ 厳粛(な雰囲気) ・ 重々しい(雰囲気) ・ 荘重そうちょう(な式典) ・ 尊厳 ・ 神聖 ・ しめやか(な通夜) ・ 慎む ・ 身のすくむ思い ・ 粛として ・ 息が抜けない ・ 静まり返る ・ 森厳(な境内) ・ 神々こうごうしい ・ 冷厳 ・ 緊張(する) ・ 心が引き締まる ・ 凍りついたような(雰囲気) ・ 七宝 ・ 神璽 ・ 霊宝 ・ 神器 ・ 三宝 ・ たじたじ(とさせる) ・ 畏怖の念を抱かせる ・ 犯しがたい(美しさ) ・ 周囲を圧する ・ 有無を言わさぬ(説得力) ・ 不安が募る ・ すごみ(△がある[を感じる]) ・ どよんと(した)(天気) ・ どんよりした(雰囲気) ・ (ひと睨みで)黙らせる ・ 神々しい ・ 金色に光る ・ 抑圧的(雰囲気) ・ 荘厳(な式典) ・ 心胆を寒からしめる ・ 暗い(ムード) ・ 解放されない(気分) ・ 沈滞した(空気) ・ 顔色なからしめる ・ (誰もが)無言 ・ 口数が多くない ・ (雰囲気が)重い ・ (相手を)呑んでかかる ・ 息が詰まる(ような雰囲気) ・ 気詰まり ・ じりじり(した)(空気) ・ (精神力が)圧倒する ・ ひれ伏す思いにさせる ・ 嫌な雰囲気 ・ 射すくめる ・ 金縛り(にする) ・ 息苦しい(雰囲気) ・ 崇高(な霊山) ・ 小が大を呑む(展開) ・ 沈んだ(雰囲気) ・ ひれ伏させる ・ 気まずい(空気) ・ 自分の存在の小ささを思い知らせる ・ いやな空気 ・ 息が詰まる ・ 恐るべき(相手) ・ 重苦しい(空気) ・ (お通夜のような)重苦しさに支配される ・ 重い時間が流れる ・ よどんだ(雰囲気) ・ 圧倒的雰囲気(を放つ) ・ 陰々滅々(たる雰囲気) ・ 震え上がらせる ・ 畏怖(させる) ・ お通夜(のような)(飲み会) ・ (会場は)沈痛(な雰囲気) ・ (80年代)フレーバー(の曲) ・ 調子 ・ 冠婚葬祭 ・ 大典 ・ 微かに感じられる ・ (カレー)風味(の野菜炒め) ・ (様子を)帯びる ・ 行事 ・ (北欧が)テーマ(のレストラン) ・ (職場の)空気(になじむ) ・  ・ 栄典 ・  ・ 気味 ・ 式典 ・ (美術館のような)趣(のある)(レストラン) ・ (落ち着いた)トーン(の店内) ・ 気分 ・ 様子 ・ 情調 ・ 盛儀 ・ (政治的)色彩(が強い) ・ (民謡)調ちょう(の歌) ・ ニュアンス ・ セレモニー ・ 大礼 ・ (人情の)機微(に触れる) ・ (敗北の)色(が濃い) ・ 儀式 ・  ・ 気配 ・ 陰影 ・ 情緒 ・ 大儀 ・ (今)風(のイラスト) ・ 雰囲気 ・ 色合い ・ 改まった席 ・ (夏の)装い ・ 毛色(の違う作品) ・ 盛典 ・ 典礼 ・ 感じ ・ (江戸時代の)息づかい(を感じる) ・  ・ (△様子が[状況が不利だと])見て取れる ・ (改善の兆しが)見える ・ 気色 ・ (いやな)ムード ・ (現場の空気を)肌で感じる ・ (社会の)様相 ・ (独特の)空気感 ・  ・ 貞淑 ・ しずしず(と)(歩く) ・ しなやか ・ 柔らか ・ ロマンスグレー(のおじ様) ・ 静か ・ 無口 ・ 品がいい ・ 紳士(的) ・ 柔らかい ・ やんわり ・ 優しい ・ 控えめ(な態度) ・ そっと ・ 穏やか(な物腰) ・ 心和む(音楽) ・ 余裕がある ・ (△態度[対応]が)落ち着いている ・ そろりと ・ 平淡(な話しぶり) ・ 居様いざまがいい ・ やおら(立ち上がる) ・ おとなしやか ・ 物静か ・ 婉然 ・ しっとり(した感じの女性) ・ ソフト(な印象) ・ 穏和 ・ エレガント ・ なよやか ・ しとやか ・ 端然(と)(座る) ・ おっとり(している) ・ 物柔らか(な対応)
ものものしい(警備)建物などの外観が立派で近寄りがたいものものしい(警備)建物などの外観が立派で近寄りがたい  (見る者を)圧倒(する) ・ いかめしい(城門) ・ 壮麗(な大聖堂) ・ 重厚(な雰囲気) ・ 重量感のある(日本家屋) ・ 立派(な門構え)) ・ 厳粛(な雰囲気) ・ 英姿 ・ 威容 ・ 晴れ姿 ・ 勇姿 ・ 威風 ・ 雄姿 ・ 立派 ・ いかつい(風貌) ・ 気難しい(老人) ・ 人間味に欠ける ・ 厳か(に話す)(神主) ・ 威風堂々(とした人) ・ 王者の風格 ・ 厳格そう ・ 峻厳(な態度) ・ (人を)畏怖させる ・ 武張る ・ 冒しがたい(態度) ・ しゃちほこ張る ・ 閻魔様(のような存在) ・ 親しみやすさがない ・ 厳然(たる態度) ・ 精悍(な風貌) ・ 端然(と座る) ・ かたい(本) ・ 威圧感がある ・ 威圧するような(存在感) ・ 甘くない(相手) ・ 貴族的(な人) ・ 打ち解けない ・ (王としての)尊厳(を有する) ・ 近寄りにくい(感じ) ・ 近寄りがたい ・ 人を寄せつけない ・ 居住まいを正す ・ 謹厳(な教育者) ・ 鬼がわら(のような)(顔) ・ タフ(な様子) ・ 背中で教える(親方) ・ いかめしい(態度) ・ (王の)威容(に圧倒される) ・ 取って食われるわけではない(が) ・ あらがいがたい力を示す ・ 人づきが悪い ・ 堂々としている ・ 厳しい(表情) ・ 鍾馗(のような)(顔) ・ (周りを)緊張させる ・ 威厳がある ・ 冒しがたい ・ 気高い ・ 古武士(のような人物) ・ 堅苦しい ・ 威儀を正す ・ 温かさがない ・ 情感に乏しい ・ 貫禄がある ・ 感情を表に出さない ・ 抑制された(表情) ・ 無愛想(な△顔[建物]) ・ にこりともしない ・ 寡黙 ・ しかつめらしい(顔) ・ 怖い顔(をする) ・ (いかめしく)構える ・ 気負う ・ 力み返る ・ 重々しい(口調) ・ とっつきにくい ・ (辺りを)睥睨(する)  ・ 強面こわもて ・ どっか(と)(座る) ・ 険しい(目つき) ・ 目に強い力がある ・ 教祖的(な声) ・ 怖い(ような気がする) ・ 偉そう ・ 立派(な人物) ・ 気迫(△に満ちている[が辺りを包む]) ・ 窮屈(な思い)(をする)
キーワードをランダムでピックアップ
発育望むらくは声の質マスキングライトノベル至上命令加減するかすかな光能天気に生きる前兆を感じる好捕苦悩を克服する100エーカー仕事一点張りつたなく破れる本心はどこにある?枯れ葉の散り敷く道ごっそり持ち去る格好なんて気にしない発売商品を流す
小見出し一覧
ログインすると小見出しからページ内ジャンプができます



























1 / 5