表示領域を拡大する
(上つらを)かいなで(しただけ)の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(上つらを)かいなで(しただけ)経験不足で、十分な状態でない(上つらを)かいなで(しただけ)経験不足で、十分な状態でない  (△精神的[社会的]に)幼い ・ 初心者 ・ うぶ(な) ・ (まだ)青い ・ ごまかしが言えない ・ もたもた(している) ・ 白面 ・ 気概がない ・ 鍛えられていない ・ 慣れていない ・ ねんね ・ くちばしが黄色い ・ チンピラ ・ 若書き(の文章) ・ 幼稚 ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ 気負いが目立つ ・ 駆け出し ・ (経験が)浅い ・ 実力はまだまだ ・ 温室育ち(のお嬢様) ・ つたない ・ (小泉)チルドレン ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ (中二)小僧 ・ 小僧っ子 ・ (こ)わっぱ ・ 未成熟 ・ 経験の乏しい ・ (人間として)未熟 ・ 未熟者 ・ 青臭い ・ 形だけ ・ がんぜない ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ はなたれ(小僧) ・ 稚拙 ・ ガキ ・ 大人気ない ・ 経験不足 ・ ひよっこ ・ ひよこ ・ (まだ)子ども ・ 子どもっぽい ・ 子どもくさい ・ 若気の至り ・ 年甲斐もない ・ 一人前のつもり ・ かじっただけ(の) ・ 若い(身空) ・ 新参(者) ・ 成熟していない ・ 円熟していない ・ 若造 ・ 青侍 ・ 小侍 ・ (まだまだ)お子様(だな) ・ 書生(論) ・ 経験値が低い ・ 修行が足りない ・ 思慮が足りない ・ 口脇が白い ・ よちよち歩き(の若造) ・ (自立も)おぼつかない ・ 苦労を知らない ・ 発達が遅い ・ 大人でない ・ 大人になっていない ・ 大人になり切れていない ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ 青二才 ・ 不慣れ(な手つき) ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ 貧弱(な腕前) ・ 若輩(者) ・ 一本気(な男) ・ こせがれ ・ 青年 ・ 乳臭い ・ 半人前 ・ サンデー(ドライバー) ・ 世間知らず ・ キャリア不足 ・ 優柔不断(の態度) ・ (あまり)考えない ・ 乳臭い(ことを言う) ・ だまされやすい ・ 世間に揉まれていない ・ 井の中のかわず ・ 井底せいてい ・ 地元で最強 ・ 善良(な市民) ・ 純情 ・ お人よし ・  ・ 楽天的(性格) ・ ミーハー ・ 能天気 ・ 世間見ず ・ 半端(な人間) ・ ヤワ(な男) ・ 打たれ弱い ・ とっちゃん坊や ・ あほ ・ つけ込まれやすい ・ おめでたい(やつ) ・ いい子 ・ (世事に)うとい ・ 愚か ・ 心得違い ・ (人間の本質に)気付かない ・ うぶ(な娘) ・ ナイーブ(な若者) ・ 危機感がない ・ うかつ(でした) ・ うぶ ・ (根が)単純 ・ 怖いもの知らず ・ (世間の)常識を知らない ・ 極楽とんぼ ・ (広い)世界を知らない ・ 情報弱者 ・ 世間の厳しさを知らない ・ (どこか)抜けている ・ 視野が狭い ・ 視野狭窄(的)(な見方) ・ 寛容 ・ 温情(ある人) ・ 総領の甚六 ・ ノンポリ(学生) ・ 人がいい(というかバカというか) ・ バカ殿 ・ 苦労知らず(のお嬢様) ・ 甘ちゃん ・ (人間が)甘い ・ (詐欺師の言を)疑わない ・ 潜在能力(を持つ) ・ (まだ)素材の段階 ・ 血気にはやる(だけ) ・ 直線的(に行動する) ・ 未完(の大器) ・ 原石に近い ・ エネルギッシュ(な人) ・ 素質がある ・ 粗削り(な若者) ・ 直情的(な人) ・ (考えが)青い ・ (まだ)若い ・ たくましい ・ これからが楽しみ ・ 見どころのある(男) ・ 経験がない ・ 未経験(者) ・ (よく)分からない ・ (認識)不足 ・ 詰めが甘い ・ 暗い ・ 定かでない ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ まだら(模様)(の知識) ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ かいなで ・ 当てにならない ・ 蒙昧 ・ (理解が)怪しい ・ (自分でも)自信が持てない ・ 知識が浅い ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ (理解が)あやふや ・ ぼんやりした ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ 認識が甘い ・ 中途半端に理解する ・ 浅学 ・ 生兵法 ・ いい加減(な理解) ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ 認識が足りない ・ 生かじり(の知識) ・ 付け焼き刃 ・ 曖昧(な理解) ・ (よく)知らない ・ 無理をする ・ 強がる ・ (秀才を)気取る ・ (自分は天才だと)自任(する) ・ 背伸び(する) ・ 粋がる ・ いっぱし(の口を利く) ・ 格好だけ ・ 痩せ我慢(する) ・  ・ 不熟 ・ やんちゃ(な男の子) ・ 青い(みかん) ・ 一人前でない ・ 出来が悪い ・ 生煮え ・ 未熟 ・ 半熟 ・ 幼い ・ 不敏 ・ くだらない(人物) ・ 愚昧 ・ 知恵がない ・ 話が長い ・ 無能(な上司) ・ 能なし ・ 能がない ・ こけ(にする) ・ 精薄 ・ 愚か(な) ・ 愚かしい ・  ・ 頭が悪い ・ 無考え ・ 左巻き ・ 愚鈍(な男) ・ 頭の働きが鈍い ・ とんま ・ 愚劣 ・ 心ない ・ 不肖 ・ バカチン ・ 親ばか ・ 凡愚 ・ 愚者 ・ 知的でない ・ さめの脳みそ ・ さめ脳(男) ・ (頭が)空っぽ ・ 抜け作 ・ 短慮 ・ 思いつかない ・ 大愚 ・ 賢愚 ・ 脳が弱い ・ 低能 ・ 考えがない ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ れ者 ・ でくのぼう ・ あんぽんたん ・ 痴愚 ・ 半気違い ・ 短絡的(な思考) ・ 考えが及ばない ・ 頑愚 ・ あほう ・ どあほ ・ あほたれ ・ ふつつか(者)(ではありますが) ・ (お)バカ ・ 役立たず ・ 要領が悪い ・ 迂愚 ・ 識見がない ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ KY ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ 察しが悪い ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 魯鈍 ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ 頭が回らない ・ 考えつかない ・ 白痴 ・ たわけ(者) ・ 暗愚 ・ 精神薄弱 ・ 飲み込みが悪い ・ 知恵が回らない ・ 物覚えが悪い ・ 思い浮かばない ・ 痴呆 ・ 頭のゆるい(人) ・ 仕事ができない ・ 物分かりが悪い ・ 無教養 ・ 非思考型(の人間) ・ 血の巡りが悪い ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ (くるくる)パー ・ (皮肉の通じない)鈍感(な人) ・ 薄バカ ・ 薄らバカ ・ ろくでなし ・ 猿(のような頭) ・ 浅はか ・ 教養がない ・ 社会の常識に欠けている ・ (事情に)通じていない ・ 詳しくない ・ 無筆 ・ その道に暗い ・ 未経験 ・ うとい ・ めくら蛇に怖じず ・ 事情をよく知らない ・ 的確な判断が下せない ・ (経済学の)素人 ・ 目に一丁字なし ・ (心理学については)門外漢 ・ なじみがない ・ 不案内 ・ 非常識 ・ 文盲 ・ (財務の)知識に弱い ・ 認識不足 ・ (ネット)リテラシーがない ・ 勉強不足 ・ 浅薄 ・ 無教育 ・ 無知 ・ 知らない ・ 無学(の人) ・ 学がない ・ (政治)音痴 ・ 知識がない ・ 無関心 ・ 寡聞かぶん(にして知らない) ・ 素人っぽい ・ 素人くさい ・ まずい(言い訳) ・ (仕事ぶりが)様にならない ・ (動きが)スムーズでない ・ (することが)滑らかでない ・ 感心できない ・ 不得意 ・ 得意でない ・ 自信がない ・ 自信をもって出来ない ・ (やり方が)うまくない ・ ぶきっちょ ・ 下手くそ ・ ぎこちない(手つき) ・ ぎごちない ・ 不細工(な手作りの机) ・ 不堪 ・ スマートでない ・ 弱い(チーム) ・ 見劣りする ・ 空下手 ・ (私には)向かない(仕事) ・ 空っ下手 ・ もどかしい ・ (見ていて)危なっかしい ・ 危うい ・ 不得手 ・ 得手でない ・ へぼ(絵描き) ・ なじまない ・ たどたどしい(日本語) ・ (動作が)板につかない ・ 古拙 ・ 巧拙 ・ 下手 ・ ぎくしゃく(した歩き方) ・ 拙劣 ・ 借り物のような(△不自然な印象[小手先の技巧]) ・ 無器用 ・ (計算が)苦手 ・ 稚拙(な文章) ・ しっくりこない ・ しっくりしない ・ 手際が悪い ・ 拙速 ・ (どこか)場違い ・ てきぱきと進まない ・ 慣れない ・ ざる碁
かいなで中途半端で十分な知識がないかいなで中途半端で十分な知識がない  詰めが甘い ・ (認識)不足 ・ 曖昧(な理解) ・ 中途半端に理解する ・ (あいつの言うことは)信用できない ・ 暗い ・ 生かじり ・ 聞きかじり(の知識) ・ 読みかじり(の知識) ・ (このウイルスについて)学ぶべきことはまだ山ほどある ・ 知識が十分に自分のものになっていない ・ 定かでない ・ ぼんやりした ・ 当てにならない ・ 浅学 ・ (よく)知らない ・ 生かじり(の知識) ・ (理解が)あやふや ・ 生半可(な知識) ・ 半可通(な知識) ・ 一知半解 ・ 知識が浅い ・ (理解が)怪しい ・ (よく)分からない ・ 認識が足りない ・ いい加減(な理解) ・ 生兵法 ・ 付け焼き刃 ・ (自分でも)自信が持てない ・ まだら(模様)(の知識) ・ 認識が甘い ・ 蒙昧 ・ かじる ・ 半解 ・ (まだ)青い ・ 思慮が足りない ・ 経験不足 ・ かじっただけ(の) ・ 経験値が低い ・ 口脇が白い ・ つたない ・ ごまかしが言えない ・ 貧弱(な腕前) ・ ねんね ・ もたもた(している) ・ 青侍 ・ 小侍 ・ 駆け出し ・ 未成熟 ・ 青臭い ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ (中二)小僧 ・ 小僧っ子 ・ (こ)わっぱ ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ 大人でない ・ 大人になっていない ・ 大人になり切れていない ・ 気負いが目立つ ・ 温室育ち(のお嬢様) ・ 苦労を知らない ・ 大人気ない ・ 鍛えられていない ・ 一本気(な男) ・ 稚拙 ・ 若書き(の文章) ・ 若い(身空) ・ はなたれ(小僧) ・ 修行が足りない ・ 年甲斐もない ・ 書生(論) ・ 初心者 ・ ガキ ・ 形だけ ・ 幼稚 ・ キャリア不足 ・ がんぜない ・ 若気の至り ・ 若造 ・ うぶ(な) ・ 経験の乏しい ・ 円熟していない ・ ひよっこ ・ ひよこ ・ (人間として)未熟 ・ 未熟者 ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ 発達が遅い ・ 不慣れ(な手つき) ・ (まだまだ)お子様(だな) ・ 成熟していない ・ くちばしが黄色い ・ 白面 ・ (上つらを)かいなで(しただけ) ・ 若輩(者) ・ (△精神的[社会的]に)幼い ・ 実力はまだまだ ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ 慣れていない ・ 一人前のつもり ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ 青二才 ・ (まだ)子ども ・ 子どもっぽい ・ 子どもくさい ・ 世間知らず ・ こせがれ ・ チンピラ ・ 青年 ・ 半人前 ・ よちよち歩き(の若造) ・ (自立も)おぼつかない ・ 新参(者) ・ 乳臭い ・ (経済学の)素人 ・ (財務の)知識に弱い ・ (心理学については)門外漢 ・  ・ その道に暗い ・ 無関心 ・ 勉強不足 ・ 目に一丁字なし ・ 知らない ・ (ネット)リテラシーがない ・ 不案内 ・ 知識がない ・ 文盲 ・ 認識不足 ・ うとい ・ 的確な判断が下せない ・ めくら蛇に怖じず ・ 無教育 ・ 教養がない ・ 未経験 ・ (事情に)通じていない ・ 無筆 ・ 無学(の人) ・ 学がない ・ 非常識 ・ 寡聞かぶん(にして知らない) ・ なじみがない ・ 社会の常識に欠けている ・ 詳しくない ・ 無知 ・ 浅薄 ・ (政治)音痴 ・ 事情をよく知らない ・ 間抜け ・ 間が抜けている ・ パッパラパー ・ 話が通じない ・ 料簡が間違っている ・ 与太郎(風) ・ 抜け作 ・ 分からず屋 ・ 烏合の衆 ・ 朴念仁 ・ 不肖の(息子) ・ 脳みそが腐っている ・ 猿の知恵しかない ・ 凡俗(の人間) ・ 白痴美(の女) ・ (この)すっとこどっこい ・ 唐変木 ・ 頓痴気 ・ とろい ・ たわけ ・ 笑われ者 ・ べらぼう ・ 甚六 ・ 天然(ボケ) ・ 頭のねじがゆるい ・ 駑馬 ・ 頭の回転が止まっている ・ 知的障害(がある) ・ 表六玉 ・ 取り柄がない ・ あほ ・ あほう ・ 頭の悪い人 ・ でくのぼう ・ 傀儡 ・ ぽんつく ・ バカにつける薬はない ・ 出来損ない ・ 盆暗 ・ 痴れ者 ・ 昼あんどん ・ 無能 ・ 三太郎 ・ 白痴 ・ プア(ー)(な発想) ・ 鈍物 ・ 与太 ・ 頭が弱い ・ 出来が悪い ・ 鈍才 ・ 衆愚 ・ 空け者 ・ 愚か者 ・ 愚人 ・ 愚者 ・ 愚かな人 ・ 愚物 ・ 痴人 ・ IQが低い ・ ぼんくら ・ 底抜け ・ バカ ・ 愚鈍(な男) ・ 考えがない ・ こけ(にする) ・ 物分かりが悪い ・ 浅はか ・ 暗愚 ・ 親ばか ・ 精薄 ・ 話が長い ・ 知恵が回らない ・ (頭が)空っぽ ・ 考えつかない ・ (くるくる)パー ・ 考えが及ばない ・ 薄バカ ・ 薄らバカ ・ 心ない ・ 察しが悪い ・ △頭[脳みそ]が足りない ・ 魯鈍 ・ 脳が弱い ・ 思い浮かばない ・ (お)バカ ・ (断られることなど)思いも寄らない ・ 要領が悪い ・ 短慮 ・ 不肖 ・ (皮肉の通じない)鈍感(な人) ・ とんま ・ さめの脳みそ ・ さめ脳(男) ・ 愚劣 ・ 愚か(な) ・ 愚かしい ・  ・ 迂愚 ・ 短絡的(な思考) ・ (お前の)頭はただの飾り(か) ・ 知恵がない ・ (頭の回転が)ゆっくり ・ ふつつか(者)(ではありますが) ・ あんぽんたん ・ (芸能界の)ドンキホーテ ・ 頭が悪い ・ 頭のゆるい(人) ・ 頑愚 ・ 仕事ができない ・ どあほ ・ あほたれ ・ 飲み込みが悪い ・ 知的でない ・ 大愚 ・ 痴呆 ・ 低能 ・ KY ・ 賢愚 ・ 猿(のような頭) ・ バカチン ・ 物覚えが悪い ・ 大馬鹿(のこのこんちき)(めが) ・ 非思考型(の人間) ・ たわけ(者) ・ ろくでなし ・ 無能(な上司) ・ 不敏 ・ れ者 ・ 能なし ・ 能がない ・ 未熟 ・ 愚昧 ・ 能天気 ・ 頭が回らない ・ 血の巡りが悪い ・ 識見がない ・ 半気違い ・ 思いつかない ・ くだらない(人物) ・ 役立たず ・ 頭の働きが鈍い ・ 左巻き ・ 無教養 ・ 痴愚 ・ 無考え ・ 凡愚 ・ 精神薄弱 ・ (人間が)甘い ・ 未知 ・ 冥々 ・ 不明瞭 ・ 彷彿 ・ おぼろげ(ながら) ・ 不可知の(分野) ・ 不分明 ・ いい加減(な記憶) ・ 紗幕を通したように(おぼろげ) ・ 区別がつかない ・ 晦渋 ・ 大ざっぱ(な質問) ・ 不正確 ・ (焦点が)拡散する ・ 縹渺 ・ 明確でない ・ 朦朧 ・ 杳として ・ 判別がつかない ・ 漠然(と) ・ はっきりしない ・ はっきりしていない ・ そこはかとなく ・ つかみどころがない ・ のっぺり(している) ・ 何らかの ・ なにがしかの(心の準備) ・ 茫乎(として) ・ かすれる ・ 不透明 ・ (よく)分からなくなる ・ 鮮明でない ・ 確かでない ・ 難解 ・ かすむ ・ かすんで見える ・ 半透明 ・ 淡い ・ 淡く ・ 不可測 ・ 要領を得ない ・ 漠々 ・ 隠微 ・ 薄々(気付いている) ・ 不測 ・ 何らか(の)(対応) ・ (本質が)ぼける ・ 紛れ込む ・ ほのぼの ・ 不詳 ・ 模糊 ・ 茫々 ・ なんとなく ・ お先真っ暗 ・ (向こう側に)透けて見える ・ 明らかでない ・ 濃度が薄まる ・ 未詳 ・ 不明確 ・ 見境がつかない ・ 迷宮 ・ ファジー(な) ・ 曖昧(になる) ・ ぼかされる ・ 曇り ・ ぼやける ・ エックス(デー) ・ 霧の向こうに見える ・ 照明が暗い ・ 隠然 ・ ほのか(に見える) ・ ぼうっと(見える) ・ おぼろ(月夜) ・ 不確か(な) ・ (詳細は)分からない ・ 弱々しく(微笑む) ・ 不明 ・ 曖昧模糊 ・ にぶい ・ 八方塞がり ・ 埒もない ・ ぼんやり ・ 雲をつかむよう ・ 不鮮明 ・ (特徴が)影をひそめる ・ どことなく(似ている) ・ つまびらかでない ・ (間に)紛れる ・ 夢のように(おぼろげ) ・ ある(日) ・ ほんのり ・ もやもや ・ 大局的(な見方) ・ (形が)崩れる ・ 自明ではない ・ 漠(とした)(返事) ・ 判然としない
かいなで(したに過ぎない)ものの見方や考えに深みがないかいなで(したに過ぎない)ものの見方や考えに深みがない  表面的な(見方) ・ 退屈(な議論) ・ (考えが)薄っぺら(い) ・ 愚者は教えたがり(、賢者は学びたがる) ・ (△主張[発想]が)浅はか ・ たわ言(をぬかすな) ・ 安物(の博愛主義) ・ 安手(の△合理主義[政策]) ・ チープ(な発想) ・ おざなりな ・ 非合理的(な考え) ・ (論理が)散漫 ・ (上つらを)かいなでしただけ ・ 料簡が狭い ・ 見栄えがいいだけ ・ 底が浅い ・ 小利口(な娘) ・ (物事の表面だけを見て)本質をとらえていない ・ 短見 ・ 浅見 ・ つまらない(意見) ・ 幼稚(な思想) ・ ありきたり(の意見) ・ 安っぽい ・ 安易な行動 ・ 一面的(な見方) ・ (威勢のいい)上ずった(意見) ・ 大人でない ・ 浅く薄い ・ 安直な ・ 上っ面をなぞる(だけ)(の論評) ・ 短絡的(な考え) ・ 薄手(の感傷) ・ 通俗的な(解釈) ・ 卑俗(な見方) ・ 棒読み(の演説) ・ 浅薄な ・ 大味な(文章) ・ つじつま合わせ(の政策) ・ 深く掘り下げない ・ 小ぎれい(な表現) ・ 借り物(の思想) ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ にせもの(の知識) ・ △思想[見方]が浅い ・ (△議論[歌詞]が)走り過ぎている ・ 中身がない ・ 上っ調子(な態度) ・ (上辺だけで)深く考えていない ・ さかしら(を言う) ・ 重みがない ・ ベタな(企画) ・ 薄っぺらい(プライド) ・ 薄っぺら(な人間) ・ ミーハー ・ 上滑り ・ 洞察力のない ・ 根が浅い ・ 書生論 ・ 表層的な(論理思考) ・ 愚劣な(言い分) ・ お手軽(な考え方) ・ 知性がない ・ 貧弱(な思想) ・ 深みがない ・ 単細胞 ・ 厚みがない ・ 児戯に等しい ・ 見え透いた(お世辞) ・ (お世辞)たらたら(の人) ・ おざなり(の政策) ・ 受け狙い(の政治) ・ 皮相な(見解) ・ 皮相的(な捉え方) ・ えせ文化人 ・ ごまかし(の政策) ・ くだらない(質問) ・ 現実が分かっていない ・ 粗雑(な論理) ・ お粗末(な政策) ・ お寒い(計画) ・ 戦略的でない ・ 俗見 ・ 抜本的でない ・ 凡庸(な悪) ・ (成功の法則を)鵜呑み(にする) ・ 小手先による(策) ・ 俗な(考え) ・ イージーな考え ・ 浅薄(な演説) ・ 言葉が軽い ・ 底が知れてる ・ 空疎(な論争) ・ 実質がない ・ 貧しい(発想) ・ 夢遊病(的)(に行動する) ・ しっかりしていない ・ 地道でない ・ (現実世界から)遊離(している) ・ 気持ちがふわふわ(と)している ・ 浮つく ・ (△考え方[行動]が)浮ついている ・ 危なっかしい ・ 放っておけない ・ 見ていてはらはらする ・ ポリシーを持たない ・ 軟派な(生き方) ・ (努めて力まない)やわらかな(生き方) ・ 上ずった(行動) ・ 遊びほうける ・ 現実的でない(プラン) ・ 非現実的 ・ リアリティが感じられない ・ 調子がいい(△事ばかり言う[だけ]) ・ ふわふわ(と漂う) ・ 地に足がつかない ・ ちぐはぐ(な言動) ・ (何となく)落ち着かない ・ 落ち着きがない ・ 上滑り(な行動) ・ 実がない ・ (周囲に)流されて(生きる) ・ 浮ついた ・ 軽躁(な性格) ・ 腰が据わらない ・ お手軽な ・ インスタント(的)(なやり方) ・ 遊び心がない ・ 情趣のない ・ 無味無臭 ・ ドライ(な△現実[世の中/関係]) ・ 情の薄い ・ 青臭い(議論) ・ 理想論 ・ (この絵には)詩がない ・ 詩情が感じられない ・ 情の通わない(△世界[関係]) ・ さばさばした ・ 大ざっぱ(な文章) ・ 無個性(な△デザイン[建築物]) ・ 間の抜けた(デザイン) ・ 味もそっけもない ・ すすけた(空) ・ しがない(演技) ・ キレが悪い ・ 豊かでない ・ こだわりを感じられない ・ 毒にも薬にもならない(映画) ・ 毒のない(作品) ・ 人畜無害 ・ 緊密でない ・ 趣がない ・ 趣のない ・ 無機的(な空間) ・ 無機質(な)(オフィス) ・ メカニカルな(△存在[デザイン]) ・ 潤いをなくした ・ 頼りない(日々) ・ 気の抜けた ・ 風情がない ・ 干からびた(△言葉[思想]) ・ 情緒がない ・ メッキ(の信条) ・ 抒情的でない ・ 規格品 ・ 味わいがない ・ 味を感じない ・ 不満 ・ 満たされない ・ 乾いた ・ 殺伐とした(世の中) ・ (仕上がりが)粗い ・ 味気ない ・ 蒸留水(△のような話[ように深みがない]) ・ (だらだらと長いだけの)水っぽい(スープのような)(文章) ・ 濃度がない ・ 潤いのない ・ 殺風景(な△冬の浜辺[話題]) ・ 余韻が残らない ・ 余韻に乏しい(作品) ・ 芸も工夫もない(写真) ・ 情感のない ・ 寒々とした ・ 道具としての(車) ・ 索漠(とした風景) ・ 妙味がない(商い) ・ 考えが足りない ・ 無風流(な) ・ 無粋な(客) ・ 粋でない ・ つまらない ・ 無聊な(日々) ・ 性急な(歌) ・ (△独り者の[飾り物が何もない])寒々しい(部屋) ・ かたい(△話[印象]) ・ そっけない(態度)” ・ きめが荒い ・ わびしい(山里の風景) ・ 薄っぺらな(知識) ・ 表面的(な議論) ・ 寂しい(人生) ・ 悲しい(人生) ・ 奥行きがない ・ 貧相な(絵) ・ 魅力がない ・ エリート的な(△文章[生き方]) ・ ちゃらちゃらした(若者) ・ 早口(でまくし立てる) ・ 面白くない ・ 面白みがない ・ コクがない ・ 味がない ・ 張り合いがない ・ あっけらかん(とした神社) ・ のっぺり(した)(人間関係) ・ 退屈(な△日常[建築物]) ・ 説得力がない ・ 単調な ・ (東京)砂漠 ・ (都会の)人間砂漠 ・ 無縁社会 ・ 間延びした(△話し方[顔]) ・ 取るに足りない ・ 大味 ・ 抑揚に乏しい(文章) ・ 砂を噛むような(生活) ・ ゴムを噛むのような(歯ごたえ) ・ 独創性に乏しい ・ 潤いがない ・ 潤いのない(文章) ・ 身もふたもない(言い方) ・ 含蓄がない ・ (味に)深みがない ・ つるんとした(仕上がり) ・ 散文的 ・ 無味乾燥 ・ 人情味のない ・ パサパサした食感 ・ 情の移らない(シンプルなデザイン) ・ メリハリのない(語り口) ・ 陰影に乏しい(文章) ・ 抑揚に乏しい ・ 秀才(タイプ) ・ (考え方が)柔軟でない ・ 頭でっかち(の若者) ・ 理論倒れ ・ 実際的でない ・ 理屈だけ(の文章) ・ (政党の)理屈(に振り回される市民) ・ 行動が伴わない ・ 原理主義的 ・ 観念的(な考え) ・ 理想論の域を出ない ・ 畳の上の水練 ・ 現実に即していない ・ (言うことが)青い ・ 頑迷(な老人) ・ 卑俗(な△言葉[思想]) ・ 知ったかぶり(をする) ・ (使い回されたような)のっぺりした言葉 ・ 空疎(な美辞麗句) ・ 尻馬に乗る ・ 哲学がない ・ メッキ(の思想) ・ 芯がない ・ 骨がない ・ しゃら臭い(ことを言うな) ・ 言葉に重みがない ・ (他人の)口まね(をする) ・ 安易な決めつけ ・ かいなで(△の観念論[しただけに過ぎない]) ・ 本物でない ・ 腹がない ・ 表面的(な言葉) ・ 無内容(な思想) ・ (周囲は)しらける ・ (言葉が)上滑り(している) ・ つるん(とした)(言葉) ・ 背伸びが過ぎる ・ 言葉が浮く ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ ぺらぺら(した印象) ・ 自分の意見でない ・ 自分の言葉でしゃべっていない ・ 受け売り(の説教) ・ リアリティがない ・ うわべだけ ・ 貧弱 ・ 薄手(な評論) ・ 薄っぺらい ・ 安手(の三文小説) ・ 水増し(された) ・ (内容が)乏しい ・ 確かでない ・ 水っぽい ・ (内容が)薄い ・ 劣っている ・ 安易(なストーリー展開) ・ (構成的に)弱い ・ すかすか(の文章) ・ 水ぶくれ(した経済) ・ (歌詞が)走り過ぎている ・ だだっ広い ・ 安っぽい(映画) ・ 小ぎれい(な社会派ドラマ) ・ 毒がない ・ 刺激がない ・ ぴりっとしない ・ (自己検閲により)漂白された(作品) ・ (無難に)脱色された(作品) ・ だらだらした(展開) ・ 妙味のない(作品) ・ (多くの中で)引き立たない ・ 誰でも思いつく ・ もの足りない ・ 俗物(学者) ・ こじんまりとした(演奏) ・ 上げ底(景気) ・ 薄っぺら(なストーリー) ・ 不十分 ・ 浅薄(な人間) ・ バカにされる ・ (周囲から)みくびられる ・ 俗物 ・ 俗物根性(丸出し) ・ ペラい ・ つまらない(人間) ・ ひと山いくら(の女たち) ・ (人間的に)軽い ・ 安い(誘い文句) ・ 薄汚い(根性) ・ お気軽(人間) ・ 軽薄 ・ チャラい ・ チャラ男 ・ ちゃらけた(男) ・ あなどられる ・ ぶりっ子 ・ 考えない(若者) ・ (本当の)大人でない ・ 未熟 ・ ふわふわした(態度) ・ あほ ・ ちゃらちゃら(している) ・ 退屈(な人間) ・ 底の浅い ・ 取るに足りない(連中) ・ ミーハー(的) ・ ちゃち(な考え) ・ 薄っぺらい(人) ・ かんなくず(のような奴だ) ・ (お)バカ ・ 浮ついた(物言い) ・ はすっぱ(な言い方) ・ 卑屈な(態度) ・ スケールが小さい ・ 調子がいい(だけ) ・ 小者 ・ (人間的に)貧弱 ・ 幼稚(な心理) ・ (人間的に)崩れている ・ 頭の軽い(女) ・ お手軽なやり方を好む ・ くだらない(男) ・ 調子のいい(若者) ・ 歯の浮くような(セリフ) ・ うそっぽい ・ きざ(なしぐさ) ・ 一面的(な主張) ・ ぺらぺら(と)(よくしゃべる) ・ 上ずった(冗舌) ・ 上っ調子(なしゃべり方) ・ 調子がいい(だけ)(の男) ・ (考え方が)薄っぺらい ・ 薄っぺら(な媚び) ・ 明日は明日の風が吹く ・ ケセラセラ ・ (思考に)深みがない ・ 世間知らず ・ 大人になり切れていない ・ 急ごしらえ(の計画) ・ 後先を考えない(で始める) ・ 見切り発車 ・ 柔軟性のない ・ 無思慮 ・ 無難(なやり方) ・ 荒っぽい(議論) ・ うぶ(な考え) ・ 不見識(きわまる話) ・ 薄っぺらな考え ・ 小知 ・ 小知恵 ・ 甘えがある ・ 知的負荷の軽い ・ 浅はか(な) ・ 甘っちょろい ・ 全体が見えていない ・ 計算し切れていない ・ 緻密でない ・ 生硬(な) ・ 拙劣(な対処策) ・ 掘り下げない ・ 掘り下げが足りない ・ 突き詰めない ・ 軽い ・ 事態を軽く考える ・ 独善的 ・ (考えが)青い ・ 青っぽい(主張) ・ 下手の考え休むに似たり ・ 幼稚(なアイデア) ・ 幼い ・ 短慮 ・ 鼻元思案 ・ 認識不足(の意見) ・ 愚考 ・ 足りない(部分がある) ・ 一直線に考える ・ 単線思考 ・ 浅知恵 ・ 円熟していない ・ 不完全 ・ 未完成 ・ (深く)考えない ・ 見方が浅い ・ (戦争はいやだ、何としても避けねばならぬ、という)センチメンタル(な議論) ・ 驕りがある ・ 浅慮 ・ (自分の)不明(を恥じる) ・ 単純(△に考える[な人間]) ・ 猿知恵 ・ 小才こさい(が利くだけ) ・ 浅薄(な)(見方) ・ ブッキッシュ ・ 机上の空論 ・ 経験がない ・ 思慮が足りない ・ 安易(な考え) ・ 脇が甘い ・ 隙がある ・ (考え方が)若い ・ 乳臭い(ことを言う) ・ 視野が狭い ・ 視野狭窄的 ・ 根は単純 ・ 締まらない(話) ・ ナイーブ(な考え) ・ 偏った(見方) ・ 一面的(な△見方[考え方]) ・ 短絡的(な主張) ・ 短絡(思考) ・ 薄い ・ 精神年齢が低い ・ 見誤る ・ 素人考え ・ (実際の)役に立たない ・ 無考え(の行動) ・ 青臭い(考え) ・ 愚か(な考え) ・ 一隅の管見 ・ 慎重さが足りない ・ 書生っぽい ・ 未熟(な考え方) ・ そんな料簡(では駄目だ) ・ 目先だけの(浅はかな考え) ・ △考え[配慮]が浅い ・ (考えが)甘い ・ (思慮が)浅い ・ (考えることが)子ども ・ 子どもっぽい ・ 詰めが甘い ・ 寝ぼけたことを言う ・ 虫のいい(相談) ・ 未成熟 ・ 考えない ・ 一貫性がない ・ 一貫しない ・ 熟していない ・ 尻抜け(の法案) ・ 見せかけ(だけ) ・ お茶を濁しただけ ・ 有名無実(な法律) ・ 形は立派なものの(中身がない) ・ 表面だけ(の友達) ・ フィクション ・ 張り子(の虎) ・ 仏作って魂入れず ・ 形式的(なあいさつ) ・ 大げさ(な見出し) ・ 虚飾(に満ちた生活) ・ 偽り(の人生) ・ (単なる)パフォーマンス ・ (単なる)ポーズ ・ (心のない)薄っぺら(な言葉) ・ バーチャル(△世界[な体験]) ・ 仮想(の空間) ・ 名ばかり店長 ・ 名だけ(の) ・ (歴史年表は)項目を並べただけ(の製品カタログのようなもの) ・ 上げ底(の菓子箱) ・ 外見だけの存在 ・ 空ゼリフ ・ 実質が不足している ・ 空虚(な言葉) ・ 建前(上)(は恋愛禁止のアイドル) ・ 置物(の会長) ・ (規則が)形骸化(する) ・ 絵に描いた餅 ・ 絵空事 ・ 心がこもっていない ・ 空疎 ・ (制度の)空洞化 ・ 無内容 ・ 欺瞞(に満ちた世界) ・ おとり商品 ・ うどの大木 ・ 内容が伴わない ・ (不毛な)議論 ・ 派手なだけ ・ メッキ(がはげる) ・ うわべ(だけ) ・ 中身が伴わない ・ わら人形 ・ (会長とはいっても)(単なる)飾り(でしかない) ・ 名目だけ(の重役) ・ あだ花 ・ 仮面(夫婦) ・ 格好だけ ・ 目くらまし ・ 空文(化した条約)
かいなで(△の観念論[しただけに過ぎない])他人の意見や知識を自分の意見や知識であるように述べる(受け売り)かいなで(△の観念論[しただけに過ぎない])他人の意見や知識を自分の意見や知識であるように述べる(受け売り)  尻馬に乗る ・ 空疎(な美辞麗句) ・ メッキ(の思想) ・ しゃら臭い(ことを言うな) ・ 背伸びが過ぎる ・ 厚みがない ・ 借り物(の思想) ・ 腹がない ・ 自分の意見でない ・ 自分の言葉でしゃべっていない ・ 小ぎれい(な表現) ・ うわべだけ ・ 卑俗(な△言葉[思想]) ・ 芯がない ・ 骨がない ・ 説得力がない ・ 知ったかぶり(をする) ・ 受け売り(の説教) ・ 深みがない ・ 言葉が浮く ・ 薄っぺら(い)(言葉) ・ ぺらぺら(した印象) ・ 無内容(な思想) ・ (周囲は)しらける ・ (使い回されたような)のっぺりした言葉 ・ 言葉に重みがない ・ 言葉が軽い ・ 本物でない ・ (他人の)口まね(をする) ・ リアリティがない ・ (言葉が)上滑り(している) ・ つるん(とした)(言葉) ・ 表面的(な言葉) ・ 哲学がない ・ 安易な決めつけ ・ ごまかし(の政策) ・ 中身がない ・ くだらない(質問) ・ 薄手(の感傷) ・ つじつま合わせ(の政策) ・ (物事の表面だけを見て)本質をとらえていない ・ 俗見 ・ 卑俗(な見方) ・ 安っぽい ・ 大人でない ・ つまらない(意見) ・ 短絡的(な考え) ・ 貧弱(な思想) ・ お寒い(計画) ・ 通俗的な(解釈) ・ 棒読み(の演説) ・ 底が知れてる ・ 空疎(な論争) ・ 実質がない ・ 浅く薄い ・ 根が浅い ・ 短見 ・ 浅見 ・ かいなで(したに過ぎない) ・ 現実が分かっていない ・ おざなり(の政策) ・ 一面的(な見方) ・ ベタな(企画) ・ 児戯に等しい ・ 戦略的でない ・ 受け狙い(の政治) ・ (論理が)散漫 ・ 見栄えがいいだけ ・ 浅薄(な演説) ・ 上滑り ・ ありきたり(の意見) ・ (△主張[発想]が)浅はか ・ 愚劣な(言い分) ・ 重みがない ・ 幼稚(な思想) ・ (考えが)薄っぺら(い) ・ 抜本的でない ・ 深く掘り下げない ・ 表層的な(論理思考) ・ 表面的な(見方) ・ さかしら(を言う) ・ えせ文化人 ・ 粗雑(な論理) ・ 安易な行動 ・ 大味な(文章) ・ 貧しい(発想) ・ (水の上を滑る油みたいに)つるりとした言葉(を使う) ・ にせもの(の知識) ・ 浅薄な ・ 小手先による(策) ・ 知性がない ・ 安直な ・ イージーな考え ・ (△議論[歌詞]が)走り過ぎている ・ 料簡が狭い ・ 洞察力のない ・ 小利口(な娘) ・ △思想[見方]が浅い ・ 皮相な(見解) ・ 皮相的(な捉え方) ・ ミーハー ・ 退屈(な議論) ・ たわ言(をぬかすな) ・ 薄っぺらい(プライド) ・ 薄っぺら(な人間) ・ 愚者は教えたがり(、賢者は学びたがる) ・ 単細胞 ・ (成功の法則を)鵜呑み(にする) ・ 上っ面をなぞる(だけ)(の論評) ・ おざなりな ・ (威勢のいい)上ずった(意見) ・ 上っ調子(な態度) ・ 安物(の博愛主義) ・ 安手(の△合理主義[政策]) ・ チープ(な発想) ・ (上辺だけで)深く考えていない ・ 非合理的(な考え) ・ 底が浅い ・ 俗な(考え) ・ 書生論 ・ お粗末(な政策) ・ 見え透いた(お世辞) ・ (お世辞)たらたら(の人) ・ 凡庸(な悪)
キーワードをランダムでピックアップ
初夏潮風焼け野立ちはだかる装う理屈を立てる鞭打つ御詠歌邪魔になる眠り薬門鑑うなされる時代の流れ愛憎半ばなんとか添え木を当てる焦熱の砂漠素直に聞き入れるので言い甲斐油田を掘り当てる.恵まれる超近代的な研究所
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (上つらを)かいなで(しただけ)経験不足で、十分な状態でない
  2. かいなで中途半端で十分な知識がない
  3. かいなで(したに過ぎない)ものの見方や考えに深みがない
  4. かいなで(△の観念論[しただけに過ぎない])他人の意見や知識を自分の意見や知識であるように述べる(受け売り)