表示領域を拡大する
粗削りの類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
粗削り表面などがなめらかでない粗削り表面などがなめらかでない  目の粗い(ザル) ・ くしゃくしゃ ・ 滑らかでない ・ レリーフ(模様) ・ 型押し ・ 荒々しい(岩肌) ・ ざらつく ・ がたがた(道) ・ つぶつぶ ・ つぶつぶ感 ・ (きめが)粗い ・ 物事がうまく運ばない ・ でこぼこ ・ いかつい ・ ぼつぼつ ・ 虫食い ・ (無数の)しわ ・ (無数の)ひだ ・ そそける ・ そそけた(皮膚) ・ 鋸歯 ・ つるつるでない ・ ざらついた(質感) ・ 凹凸(がある) ・ 毛羽 ・ くちゃくちゃ ・ ざらりと ・ ぶつぶつ ・ じゃらじゃら ・ なだらかでない ・ ごつごつ(した手) ・ とがらせる ・ しわくちゃ ・ いぼいぼ ・ (きめが)細かくない ・ (触ると)じゃりじゃり(する無精ひげ) ・ (指に)引っ掛かる ・ 穴が多い ・ 穴ぼこだらけ ・ ぞりぞり ・ (切り口が)ぎざぎざ ・ じょりじょり ・ ざらざら(△する[した手触り]) ・ ラフ(な布地) ・ 粒立つ ・ あばた面(の月面) ・ ざっくり(した編み方) ・ メッシュ(生地) ・ 摩擦がない ・ 波打つ ・ ひだ ・ しわ(になる) ・ 小じわ ・ さざ波 ・ フリル ・ フレア ・ 褶襞 ・ プリーツ ・ 上げ ・ ギャザー ・ 紙くず ・ ダーツ ・ 鳥肌 ・ 荒れ性 ・ 鮫肌 ・ 荒れ肌 ・ 皮膚病 ・ 皮膚疾患 ・ 痘痕 ・ あばた ・ 点字 ・ 骨張る ・ 節くれ立つ ・ 蓬ける ・ 毛羽立つ ・ ささくれ ・ ほつれる ・ (紙や布の表面が)△こすれる[乱れる] ・ 彫り ・ 高低差がある ・  ・ アップダウン(がある) ・ 上がったり下がったり ・ 変動する(相場) ・ 凹凸 ・ 三寒四温 ・ 起伏(が△ある[激しい]) ・ 波状 ・ 高低たかひく ・ ジェットコースター ・  ・ いい時と悪い時を繰り返す ・ 山あり谷あり ・ (小刻みに)変化(する) ・ 泣き笑い ・ 浮き沈みが激しい ・ 不安定(な状態) ・ 高くなったり低くなったり(する) ・ 起伏が多い ・ 苦楽の人生 ・ 面に高低がある ・ 突起 ・ 激動(の生涯) ・ うねうね(と)(連なる山並み) ・ 上がり下がり ・ 差異 ・ 波乱(の生涯) ・ (月ごとに)ばらつき(がある) ・ 結節 ・ 波(がある) ・ ウェーブ ・ 乱高下 ・ むら(がある) ・ 中高 ・ 見苦しい ・ 汚い ・ 醜い ・  ・ 醜悪 ・ あくどい ・ 毒々しい ・ みっともない ・ 腕力に訴える ・ ラフ ・ 大ざっぱ ・ 力ずく ・ 手荒てあら(に扱う) ・ 手荒い(扱い) ・ 激しく(踊る) ・  ・ 果敢(に攻める) ・ 狂ったように(踊る) ・ 力任せ ・ 荒法師 ・ 乱暴(に扱う) ・ ワイルド(な音楽) ・ 野性的 ・ プリミティブ(な作風) ・ 迫力がある ・ 荒技師 ・ 繊細さがない ・ ヤクザまがい(の取り立て) ・ 力強い ・ 獅子奮迅(の活躍) ・ 無謀(な運転) ・ 勢いよく(キーボードを叩く) ・ 腕ずく ・ むずと ・ 剽悍 ・ 思い切り(引っ張る) ・ ぐっと ・ 悍馬かんば(のような若者) ・ 暴力的(なキス) ・  ・ 鬼神のごとく(暴れる) ・ 荒っぽい ・ 荒い ・ ラフ(プレー) ・ ばたん(とドアを閉める) ・ 礼儀も作法も知らない ・ 粗暴(な振る舞い) ・ ぐんと ・ 強引(に開ける) ・ 荒々しい ・ 荒々しく(ドアを閉める) ・ むんずと
粗削り(な原稿)細かい部分への注意が省かれている(大ざっぱ)粗削り(な原稿)細かい部分への注意が省かれている(大ざっぱ)  欠点の多い ・ 粗い ・ あらまし(片付いた) ・ 大きな部分だけ扱う ・ 大体(でいいよ) ・ 荒っぽい ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ ラフ(なスケッチ) ・ 大様おおよう(に深く追求しない) ・ 勢いだけ(の漫画) ・ ずさん(な仕事) ・ (細部など)意に介しない ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ こだわらない ・ 若書き(の作品) ・ ざっくり(とした話し合い) ・ 大筋では問題ない ・ 大まか(に述べる) ・ 適当 ・ (時間に)ルーズ ・ アバウト(な議論) ・ 神経が行き届かない ・ いい加減(な作り) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ (金銭に)無頓着 ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ 緻密でない ・ 平均的(な市民) ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ (話が)短絡的 ・ 荒木を利用した(宮居) ・ (あえて)細部を省略する ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ 繊細さに欠ける ・ 乱雑(な書き方) ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ でたらめ(な方法) ・ 目分量 ・ 目の子(勘定) ・ 未熟(な文章) ・ 雑(な仕事ぶり) ・ (やることが)粗雑 ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 大ざっぱ ・ おおよそ ・ およそ ・ (金に)締まりがない ・ ごつい(印象) ・ 丁寧でない ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ 慎重でない ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 無関心 ・ 小事にこだわらない ・ (結果が)大味 ・ ざっくばらん(な対応) ・ 不備(がある) ・ 隙がある ・ 融通むげ ・ (細部に)とらわれない ・ 大づかみ ・ ま、いっか ・ おざなり(な仕事ぶり) ・ 大局的(な見方) ・ 至らない ・ 疎漏 ・ 乱暴(に置く) ・ 非常識(な扱い) ・ 不調法 ・ 無理矢理(開ける) ・ 不行き届き ・ 粗放 ・ 手荒(に扱う) ・ 荒く(扱う) ・ 嫌う ・ 邪険(に扱う) ・ がらっぱち ・ 丁寧さが足りない ・ なおざり(にする) ・ 粗雑 ・ ばたん(とドアを閉める) ・ 強引にする ・  ・ 洗練されていない ・ ぞんざい(に扱う) ・ 冷たくする ・ 粗略(な対応) ・ 手抜かり ・ 手荒い(対応) ・ やっつけ仕事 ・ おろそか(な扱い) ・ あだやおろそか(には扱えない) ・ ざっと ・ 不始末 ・ 十把ひとからげ(の扱い) ・ 無造作 ・ がさつ ・ 粗笨 ・ 雑(に扱う) ・ 粗末 ・ いけぞんざい ・ 丁重さを欠く ・ いけぞんざい(な仕事ぶり) ・ がらがら ・ 等閑(に付す) ・ いい加減 ・ なげやり ・ ゆるがせ(にはできない) ・ 簡潔 ・ 簡略 ・ 大まか ・  ・ 単なる ・ 簡単 ・ 余計なものがない ・ 飽きのこない ・ 単純 ・ 簡素 ・ 単に ・ つづまやか ・ 平板 ・ 繁簡 ・ 手軽 ・ 一本調子 ・ 簡約 ・ ただに ・ 手短 ・ 単調 ・ 単一 ・ シンプル ・ 概貌 ・ 大要 ・ (天気)概況 ・ あらまし ・ 大事な点 ・ 概括(的な報告) ・ 大体のところ ・ 概要 ・ 内容を大ざっぱにまとめる ・ かいつまむ ・ 要図 ・ 縮図 ・ 一日一生 ・ 略図 ・ 見取図 ・ 粉本 ・ ラフ(スケッチ) ・ 点描 ・ 素描 ・ デッサン ・ 寸描 ・ 素描き ・ 下絵 ・ 画稿 ・ 粗描 ・ スケッチ ・ ドローイング ・ 走り読み ・ 素読 ・ 読み下す ・ 速読 ・ 一読 ・ ざっと読む ・ 読み下し ・ 転読 ・ 読み流す ・ 下書き ・ 粗削り(な原稿) ・ 乱暴に書く ・ 戯書 ・ くずした文字 ・ 書き流す ・ 書き捨てる ・ 乱筆 ・ 書きなぐる ・ 筆に任せて書く ・ 書き散らす ・ ぬたくる ・ なぐり書き ・ 落書き ・ (街角の)グラフィティ ・ 走り書き ・ いたずら描き ・ 散らし書き ・ 断簡零墨 ・ メモ ・ 下縫い ・ 仮縫い ・ 総評 ・ 概評 ・ (磨きが)足りない ・ (まだ)硬い ・ ぜい肉が多い ・ 骨組み(ができる) ・ 未消化(の部分が見える) ・ 硬質(の文体) ・ 推敲不足 ・ 若書き(の文章) ・ ごてごてした ・ 欠点が目立つ ・ 荒っぽい(作り) ・ あらが目立つ ・ 仕上げ前 ・ 試作品 ・ 粗雑(な作り) ・ 無駄が多い ・ 粗削り(の作品) ・ きめの粗い(文章) ・ 未完成 ・ (少々)破綻が見える ・ 大根(役者) ・ くさい芝居 ・ 演技力ゼロ(の俳優) ・ 大ざっぱ(な芝居) ・ 芝居がくさい ・ 棒読み ・ 九分九厘 ・ (ドラマの)ダイジェスト(版) ・ 全体的に ・ 全体として ・ 大局(を見渡す) ・ 大局的(に見て) ・ 厳密でない ・ (仕送りは七万円台が)平均的なところ ・ 平均して(二時間かかる) ・ 大事な点をかいつまむ ・ ふわっとしている ・ 大略 ・ あらすじ ・ (計画の)大綱たいこう(を示す) ・ ほぼ ・ (全体の)骨格 ・ 粗々 ・ 十中八九 ・ 輪郭 ・ 提要 ・ (手数料は無料なのが)普通 ・ (内容を)大づかみ(に説明する) ・ 大筋 ・ 概して(秋には雨が多い) ・ おおむね(良好) ・ (これくらいの値段が)通り相場(である) ・ 細かい点は問題にしない ・ 主要な部分だけに目を向ける ・ 大まか(に計算する) ・ あらかた ・ おぼろげ(に分かる) ・ ほとんど ・ アウトライン ・ 大抵 ・ 総体(に) ・ 大意 ・ 荒っぽく(まとめる) ・ 大ざっぱ(な家計簿) ・ 全体的な印象 ・ (事件の)あらまし(を話す) ・ おしなべて ・ 包括的(に)(捉える) ・ 一概に ・ (計画の)基本線(が固まる) ・ 基本的(に)(賛成) ・ 要約(する) ・ ざっくり(と)(言えば) ・ なべて ・ およそ(考えられない) ・ 大部分(の場合) ・ 大体(のところ) ・ 大体において ・ 共通している(印象) ・ 大枠(で合意する) ・ (計画の)枠組み ・ 一般(に)(女性のほうが寿命が長い) ・ 一般的に(見て) ・ 一般的(な日本人) ・ そろそろ(帰る時間だ) ・ 概略 ・ 原則(合意) ・ 大概 ・ 要略 ・ (今夏は)一体(に)(暑かった) ・ (休日は)専ら(部屋で過ごす) ・ アバウト(な見積もり) ・ ひと通り(説明する) ・ 摘要 ・ (計画の)骨組み ・ 総じて(不満なし) ・ 九分通り ・ 大方(は理解できた) ・ (現在の)傾向として ・ 生煮え ・ 通りいっぺん(の説明で済ます) ・ 事務的 ・ なまなか(な決心では難しい) ・ イージーゴーイング(な考え方) ・ なまじっか ・ 社交辞令 ・ 中途半端 ・ 本気でない ・ 安易(に答える) ・ 義理一遍 ・ 生ぬるい ・ (仕事を)ぞんざい(にする) ・ 口先だけ ・ その場限り ・ ずさん(な△やり方[仕事]) ・ 手ぬるい ・ 拙劣(な文章) ・ なまじ ・ おざなり ・ めくら判(を押す) ・ 形式的 ・ 至らない(ところがある) ・ 気軽(な気持ちで)(勧める) ・ (あいさつも)そこそこ(に)(出かける) ・ 精粗 ・ 疎密
粗削り(な原稿)乱暴に書く粗削り(な原稿)乱暴に書く  いたずら描き ・ くずした文字 ・ ぬたくる ・ 戯書 ・ 乱暴に書く ・ 乱筆 ・ 書き流す ・ 散らし書き ・ 筆に任せて書く ・ 落書き ・ (街角の)グラフィティ ・ なぐり書き ・ 書き散らす ・ 下書き ・ 書き捨てる ・ 走り書き ・ 書きなぐる ・ メモ ・ 断簡零墨 ・ 荒っぽい ・ 粗暴(な振る舞い) ・ 波乱(の生涯) ・ 果敢(に攻める) ・ むんずと ・ 荒法師 ・ ラフ(プレー) ・  ・ ばたん(とドアを閉める) ・ ぐっと ・ 激しく(踊る) ・ 悍馬かんば(のような若者) ・ 暴力的(なキス) ・  ・ ラフ ・ 荒い ・ 乱暴(に扱う) ・ むずと ・ 大ざっぱ ・ 無謀(な運転) ・ 荒技師 ・ 剽悍 ・ 礼儀も作法も知らない ・ 鬼神のごとく(暴れる) ・ 腕力に訴える ・ ヤクザまがい(の取り立て) ・ 繊細さがない ・ ワイルド(な音楽) ・ 野性的 ・ プリミティブ(な作風) ・ 迫力がある ・ 思い切り(引っ張る) ・ 勢いよく(キーボードを叩く) ・ 力任せ ・ ぐんと ・ 強引(に開ける) ・ 力強い ・ 力ずく ・ 腕ずく ・ 狂ったように(踊る) ・ 荒々しい ・ 荒々しく(ドアを閉める) ・ 手荒てあら(に扱う) ・ 手荒い(扱い) ・ 獅子奮迅(の活躍) ・ 不備(がある) ・ 慎重でない ・ 大局的(な見方) ・ 隙がある ・ (細部に)とらわれない ・ ラフ(なスケッチ) ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ 大づかみ ・ 生硬(な訳文) ・ 硬い(文章) ・ 勢いだけ(の漫画) ・ 丁寧でない ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ ま、いっか ・ 適当 ・ こだわらない ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ (金銭に)無頓着 ・ 乱雑(な書き方) ・ 未熟(な文章) ・ 神経が行き届かない ・ (時間に)ルーズ ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ) ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 無関心 ・ 大筋では問題ない ・ 大体(でいいよ) ・ 小事にこだわらない ・ 雑(な仕事ぶり) ・ (結果が)大味 ・ 粗い ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ (やることが)粗雑 ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ 粗削り(な原稿) ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ 大様おおよう(に深く追求しない) ・ 目分量 ・ 目の子(勘定) ・ アバウト(な議論) ・ 大きな部分だけ扱う ・ ずさん(な仕事) ・ あらまし(片付いた) ・ 大まか(に述べる) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ いい加減(な作り) ・ 緻密でない ・ 融通むげ ・ 若書き(の作品) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 繊細さに欠ける ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ (あえて)細部を省略する ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ ざっくり(とした話し合い) ・ おおよそ ・ およそ ・ 欠点の多い ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ ごつい(印象) ・ 平均的(な市民) ・ 書字 ・ 書き物 ・ 書する ・ 筆談 ・ 文章表現 ・ 執筆 ・ 筆を執る ・ 筆をふるう ・ 書き表す ・ 筆法 ・ (文字を)書く ・ 謳う ・ 染筆 ・ 揮毫 ・ 文字を並べる ・ 筆を走らせる ・  ・ 述べる ・ 筆を染める ・ 叙する
粗削り(の若者)ある社会で(大胆な振る舞いをする)異端者粗削り(の若者)ある社会で(大胆な振る舞いをする)異端者  大胆な振る舞い(をする)(男)(見る者を)仰天させる ・ 型破り ・ あぶない(刑事) ・ (ファッション界の)反逆児 ・ 野生児 ・ パイオニア ・ 奇をてらった(やり方) ・ 一匹オオカミ ・ 反逆者 ・ (中央に)たてつく ・ (歌舞伎界の)異端児 ・ 異端者(扱いされる) ・ 異端(的存在) ・ 異端派 ・ 破戒僧 ・ (映画界の)鬼才 ・ 無冠の帝王 ・ おとなしくしていない ・ 黙っていない ・ 無軌道(な生き方) ・ 異次元(社長) ・ 傍若無人 ・ かぶき者 ・ (演劇界の)問題児 ・ トラブルメーカー ・ 変わり者 ・ (同期生中の)変わり種 ・ (自分)勝手 ・ (サッカー界の)悪童 ・ 暴れん坊(将軍) ・ 無頼(△な若者[の生き方]) ・ 無法者 ・ じゃじゃ馬(娘) ・ (△既得体制[既得権益層]にとっての)危険人物 ・ アウトロー ・ 破天荒(の若者) ・ 長いものに巻かれない ・ (辺境の)ゲリラ ・ (組織の)和を乱す者 ・ (業界の)秩序を乱す者 ・ 独善的 ・ 暴れ馬 ・ ひるまない ・ 狂人(と紙一重)(の存在) ・ (集団の中で)異彩を放つ ・ とんがった(連中) ・ (政界の)ヒール ・ 横車を押す ・ 不適切(な行動) ・ 傍流(を行く) ・ (映画界の)過激派 ・ 扱いにくい(人間) ・ アウトサイダー ・ 異色(の存在) ・ 横紙破り ・ コントロールできない(若者) ・ 御しがたい ・ おきて破り ・ 型にはまらない ・ 筋金入り(の活動家) ・ (演劇界の)猛者もさ ・ 悪童 ・ 常識外れ ・ 常識破り ・ 非常識 ・ 素直にしていない ・ 跳ね上がり(者) ・ 飛び上がり者 ・ 奇想の(建築物) ・ まともでない ・ クレイジー(な男) ・ (規範からの)逸脱 ・ 不良(性がある) ・ 非エリート ・ 伝統破壊者 ・ 無頼の徒 ・ 外様(の課長) ・ (政界の)暴れ者 ・ (体制の)壊し屋 ・ くずれた(服装) ・ 破門(された人物) ・ 異分子 ・ 風雲児 ・ (枠に)収まらない ・ (永遠の)不良少年 ・ 横暴 ・ (体制側に)反旗を翻す ・ 怪童 ・ 常軌を逸する ・ (体制に)反抗(する) ・ 小さくまとまらない ・ 暴走機関車 ・ はちゃめちゃ(な男) ・ 跳ね(っ)返り(の女) ・ 野放図 ・ 普通の物差しでは測れない ・ 常識の枠にはまらない ・ 荒法師 ・ (たった一人の)反乱 ・ 分をわきまえない ・ 革命児 ・ 規格外れ(の人) ・ (包囲網を)ものともしない ・ (敢然と)立ち向かう ・ 型破り(の活動) ・ (既存の制度を)粉砕する ・ ひと騒ぎ起こす ・ (掟なんぞ)くそ食らえ ・ (あまりに)非常識 ・ 反逆する ・ 押しまくる ・ (仕組みを)打ち壊す ・ (旧弊を)打破(する) ・ 常識を疑う ・ (疾風)怒濤(の攻撃) ・ 胸のすく(活動) ・ (仕組みを)ぶち壊す ・ (馴れ合い会議を)かき回す ・ きりきり舞いさせる ・ ひと暴れ(する) ・ (仕組みを)粉砕する ・ (業界)震撼 ・ (鬼神のごとく)暴れる ・ (伏魔殿)斬り ・ 旋風を巻き起こす ・ 新風を吹き込む ・ 因習を破る ・ 既成の秩序を壊す ・ (NHKを)ぶっ壊す ・ 正統から外れる ・ 異質 ・ 天才(的) ・ (ラーメン界のイチローという)異名をとる ・ 異能(の人物) ・ 特色がある ・ 異端児 ・ 異端(の作家) ・ (一風)変わっている ・ 例外的(な存在) ・ 名物(社長) ・ 個性的(な人物) ・ 独特のカラーを持つ ・ 性格俳優 ・ 異才 ・ おきて破り(のやり方) ・ 珍しい ・ 変わり種 ・ 毛色の変わった(人間) ・ 毛色の異なった ・ ユニーク(な人間) ・ 異能 ・ 前衛作家 ・ 宇宙人 ・ 特徴がある ・ 異国(情緒) ・ (多くの中で)異彩を放つ ・ (日本人)離れした(考え方) ・ かつてない ・ 画狂人 ・ ただ者でない ・ 風変わり ・ (ちょっと)外れている ・ 話題のクリエーター ・ これまでにない ・ (物事を)斜めに見る ・ 今までにない ・ 天才的な ・ 得がたい(人材) ・ 独特(の世界観を持つデザイナー) ・ 特異(な人) ・ 奇想画家 ・ 鬼才 ・ 例のない ・ 異風(者) ・ 異端(者) ・ 疎外感を味わう ・ (組織の)外れ者 ・ 破戒(僧) ・ 生臭坊主 ・ 反骨(の精神) ・ 変わっている ・ 極端(な考え) ・ やさぐれ(刑事) ・ (社会の)レールから外れた(男) ・ 孤塁を守る ・ 平均的でない ・ 特異な行動 ・ エキセントリック(な人) ・ 先鋭的 ・ 飼いならされない ・ 非主流を生きる ・ 反社会的 ・ やっかい者 ・ 余計者 ・ はぐれ者 ・ はぐれ(猿) ・ 浮き世離れしている ・ 世間離れしている ・ (政界の)暴れん坊 ・ 暴れ者 ・ (社内の)新人類 ・ 不純分子 ・ 奇人 ・ 破天荒 ・ (プロ野球界の)変わり者 ・ 一匹オオカミ(として生きる) ・ 時代に受け入れられない ・ 規格から外れた ・ 背徳者 ・ カルト集団 ・ ユニーク ・ 過激な言動 ・ 外道 ・ 持て余し者 ・ (既成の)枠にはまらない ・ 邪道 ・ 反俗(の精神) ・ 不適応者 ・ 孤立者 ・ 邪魔者 ・ 超俗的 ・ 反体制 ・ 孤立を恐れない ・ 反時代人 ・ (神をも恐れぬ)瀆神の輩 ・ 協調性とは無縁 ・ 狂気(の科学者) ・ (一定の)枠に収まらない ・ (既成の)枠に収まりきらない ・ 異質(な存在) ・ (組織の和を)乱す者 ・ 孤高(の作家) ・ 秩序破壊者 ・ 秩序破壊を恐れない ・ はみ出し者 ・ はみ出した人 ・ 独特の世界を持つ ・ (既存の価値への)反逆 ・ (権威に)おもねらない ・ 個性的 ・ 分派(活動) ・ (大勢に)背を向ける ・ (社会に)なじめない ・ 奔放(な人物) ・ 異邦人 ・ (組織内の)異物 ・ (権益層にとって)危険人物 ・ (組織内の)邪魔物 ・ 偏見と独断(の見識) ・ 奇っ怪(な振る舞い) ・ (真冬に水泳とは)酔狂(なことだ) ・ 行動がおかしい ・ 奇行 ・ 狂ってる ・ 妙な動き ・ 変人 ・ アブノーマル(な人) ・ 変態 ・ ユニーク(な人物) ・ 異質の存在 ・ 異彩を放つ男 ・ 不可解な行動 ・ 異端者 ・ 異端(の人) ・ 普通でない ・ (世の)すね者 ・ 少数派 ・ 異色の存在 ・ 天の邪鬼 ・ 異星人(社員) ・ (彼はまるで)異星人(だよ) ・ (まるで)別の星の人 ・ (会社の)エイリアン ・ アクが強い ・ (周囲と)なじまない ・ (周囲から)浮いている ・ 魔女(狩り) ・ (一門の)変わり種 ・ 好奇の目(△で見られる[にさらされる]) ・ 癖が強い ・ (その存在に)慌てて目をそらす ・ 奇骨 ・ 異な者 ・ ヒッピー ・ 変性 ・ 奇妙(な男) ・ 風来坊 ・ (文学界の)一匹オオカミ ・ 変な(おじさん) ・ 迫害(される) ・ (社内で)異質(な存在) ・ 異物的(な存在) ・ やさぐれ刑事 ・ 一風変わった人 ・ 変物
粗削り(な若者) ・ 粗削り(な性格)繊細さがなくて細かい気配りができない人(がさつな人)粗削り(な若者) ・ 粗削り(な性格)繊細さがなくて細かい気配りができない人(がさつな人)  粗野な(△振る舞い[育ち]) ・ がさがさ(した男) ・ がさつ(な女) ・ 洗練されない ・ 磨かれていない ・ 田舎者 ・ 野人(的な振る舞い) ・ 自然児 ・ 土俗(的な振る舞い) ・ 野武士(のような人) ・ 不器用 ・ 粗放(な性質) ・ 男らしい ・ 大ざっぱ(な性格) ・ 豪放(な性格) ・ どたばた(と)(走り回る) ・ (ファッション界の)反逆児 ・ 開けっ広げ(な娘) ・ 野性的(な娘) ・ △狼[さる]に育てられた少年 ・ 磊落らいらく(な性格) ・ がらっぱち(な女性) ・ 野人(派) ・ 遠慮しない ・ 不謹慎(な発言) ・ 無視 ・ 気遣いしない ・ 眼中人なし ・ 無作法 ・ 不行儀 ・ 行儀が悪い ・ 慮外 ・ 無礼講 ・ 礼儀も作法も知らない ・ 失敬 ・ 欠礼 ・ トンデモ(教師) ・ モンスター(ペアレンツ) ・ お世辞一つ言えない ・ 仁義なき(戦い) ・ 慇懃無礼 ・ 失礼 ・ 人を食う ・ 人を食った(言い方) ・ 無礼 ・ 非礼 ・ 礼を欠く ・ 礼儀知らず ・ 礼儀を知らない ・ 人を人とも思わない ・ (殿の前で)頭が高い ・ 狎れる ・ 武骨(な振る舞い) ・ (お客様に)粗相(のないように) ・ おきて破り ・ わきまえがない ・ エチケットに反する ・ 無反省(の態度) ・ 非常識 ・ (自分)勝手 ・ ぶしつけ(な質問) ・ 不敬 ・ 礼儀作法に通じていない ・ バーバリズム ・ (権威に)おもねらない ・ 傍若無人(な態度) ・ むんずと ・ 暴力的(なキス) ・ 手荒てあら(に扱う) ・ 手荒い(扱い) ・ 荒っぽい ・ むずと ・ 思い切り(引っ張る) ・ 荒法師 ・  ・ 強引(に開ける) ・ 悍馬かんば(のような若者) ・ 大ざっぱ ・ ばたん(とドアを閉める) ・ 力任せ ・ 腕ずく ・ 力ずく ・ 腕力に訴える ・ ヤクザまがい(の取り立て) ・ 無謀(な運転) ・ 荒い ・ 乱暴(に扱う) ・  ・ ぐっと ・ 剽悍 ・ 勢いよく(キーボードを叩く) ・ ラフ ・ 繊細さがない ・ 獅子奮迅(の活躍) ・ 力強い ・ 激しく(踊る) ・ ラフ(プレー) ・ 波乱(の生涯) ・ ぐんと ・ 粗暴(な振る舞い) ・ 鬼神のごとく(暴れる) ・ 果敢(に攻める) ・ 狂ったように(踊る) ・ 荒々しい ・ 荒々しく(ドアを閉める) ・ 荒技師 ・ ワイルド(な音楽) ・ 野性的 ・ プリミティブ(な作風) ・ 迫力がある
粗削り(の作品)細かい仕上げをまだしていない(粗削り)粗削り(の作品)細かい仕上げをまだしていない(粗削り)  落ち着かない(印象) ・ 粗雑(な作り) ・ 生硬(な訳文) ・ 若書き(の文章) ・ 欠点が目立つ ・ 試作品 ・ あらが目立つ ・ (少々)破綻が見える ・ ごてごてした ・ (磨きが)足りない ・ 硬質(の文体) ・ きめの粗い(文章) ・ 荒っぽい(作り) ・ 未完成 ・ 洗練されていない ・ 未消化(の部分が見える) ・ ぜい肉が多い ・ 無駄が多い ・ (まだ)硬い ・ 骨組み(ができる) ・ 仕上げ前 ・ 推敲不足 ・ 半端(な出来) ・ ラフ(なスケッチ) ・ (考えが)青い ・ (まだ)素材の段階 ・ 素質がある ・ 粗削り(な若者) ・ 血気にはやる(だけ) ・ たくましい ・ 潜在能力(を持つ) ・ 未完(の大器) ・ 怖いもの知らず ・ 直線的(に行動する) ・ これからが楽しみ ・ エネルギッシュ(な人) ・ 直情的(な人) ・ 原石に近い ・ (まだ)若い ・ 見どころのある(男) ・ ごつい ・ 粗削り(な印象) ・ いかつい(車) ・ 角ばる ・ 角ばっている ・ ごつごつ(した印象) ・ (金銭に)無頓着 ・ 大局的(な見方) ・ (だらだらと長い)水っぽい(文章) ・ 荒っぽい ・ 平均的(な市民) ・ 繊細さに欠ける ・ 未熟(な文章) ・ こだわらない ・ あらまし(片付いた) ・ 粗い(仕事ぶり) ・ 粗っぽい ・ 粗さが目立つ ・ 目分量 ・ 目の子(勘定) ・ アバウト(な議論) ・ ざっくり(とした話し合い) ・ (あえて)細部を省略する ・ 若書き(の作品) ・ おおよそ ・ およそ ・ 無造作(△に置く[な筆遣い]) ・ 小事にこだわらない ・ ま、いっか ・ 勢いだけ(の漫画) ・ ちぐはぐ(な言動) ・ 大体(でいいよ) ・ 大きな部分だけ扱う ・ 乱雑(な書き方) ・ 野趣に富む(味) ・ 生のまま(味わう) ・ (やることが)粗雑 ・ 欠点の多い ・ 適当 ・ (野菜を)ざくざく(に)(切る) ・ 粗め(に刻む) ・ 雑駁ざっぱく(な論文) ・ 硬い(文章) ・ 大様おおよう(に深く追求しない) ・ 緻密でない ・ 神経が行き届かない ・ 無関心 ・ 雑(な仕事ぶり) ・ 隙がある ・ 大ざっぱ ・ 粗い ・ ずさん(な仕事) ・ 不備(がある) ・ 男性的(な大ざっぱさ) ・ 慎重でない ・ 丁寧でない ・ (いささか)乱暴(なまとめ方) ・ 大づかみ ・ 荒木を利用した(宮居) ・ 大まか(に述べる) ・ (時間に)ルーズ ・ ごつい(印象) ・ 融通むげ ・ 荒さ(が目立つ) ・ (やり方が)荒い ・ 男っぽい(料理) ・ 豪快(な盛り付け) ・ (結果が)大味 ・ いい加減(な作り) ・ 粗削り(な原稿) ・ (細部に)とらわれない ・ 大筋では問題ない ・ (設定の)穴(が目立つ脚本) ・ (詰めが)甘い ・ 甘い(ボール) ・ 甘さ(が目立つ)
粗削り(な若者)粗削りな人間粗削り(な若者)粗削りな人間  原石に近い ・ (まだ)素材の段階 ・ 直情的(な人) ・ 素質がある ・ エネルギッシュ(な人) ・ (まだ)若い ・ 未完(の大器) ・ これからが楽しみ ・ 怖いもの知らず ・ (考えが)青い ・ 血気にはやる(だけ) ・ たくましい ・ 潜在能力(を持つ) ・ 見どころのある(男) ・ 直線的(に行動する) ・ 生硬(な訳文) ・ 推敲不足 ・ ラフ(なスケッチ) ・ 若書き(の文章) ・ 未消化(の部分が見える) ・ 粗雑(な作り) ・ 荒っぽい(作り) ・ 洗練されていない ・ 無駄が多い ・ 試作品 ・ きめの粗い(文章) ・ 仕上げ前 ・ (まだ)硬い ・ 粗削り(の作品) ・ ごてごてした ・ あらが目立つ ・ 未完成 ・ 欠点が目立つ ・ ぜい肉が多い ・ 骨組み(ができる) ・ 硬質(の文体) ・ (磨きが)足りない ・ (少々)破綻が見える ・ (人間として)未熟 ・ 未熟者 ・ はなたれ(小僧) ・ うぶ(な) ・ まだまだだな ・ 十年早い ・ 気負いが目立つ ・ くちばしが黄色い ・ 初心者 ・ 大人気ない ・ ガキ ・ もたもた(している) ・ 白面 ・ 半人前 ・ (固い)つぼみのような(ところがある) ・ (中二)小僧 ・ 小僧っ子 ・ (こ)わっぱ ・ 不慣れ(な手つき) ・ (まだ)子ども ・ 子どもっぽい ・ 子どもくさい ・ 経験不足 ・ 生兵法(は大けがのもと) ・ (まだ)青い ・ 駆け出し ・ 発達が遅い ・ 世慣れない ・ 世慣れていない ・ ねんね ・ つたない ・ 貧弱(な腕前) ・ 幼稚 ・ かじっただけ(の) ・ 青臭い ・ 実力はまだまだ ・ (まだまだ)お子様(だな) ・ ごまかしが言えない ・ 鍛えられていない ・ 経験値が低い ・ 若輩(者) ・ 一本気(な男) ・ 円熟していない ・ 成熟していない ・ がんぜない ・ こせがれ ・ 書生(論) ・ 若気の至り ・ 慣れていない ・ (上つらを)かいなで(しただけ) ・ 若い(身空) ・ 乳臭い ・ キャリア不足 ・ 若造 ・ 一人前のつもり ・ 思慮が足りない ・ よちよち歩き(の若造) ・ (自立も)おぼつかない ・ 青年 ・ 年甲斐もない ・ 新参(者) ・ しょんべん臭い(ガキ) ・ 苦労を知らない ・ 温室育ち(のお嬢様) ・ (△精神的[社会的]に)幼い ・ 青侍 ・ 小侍 ・ 大人でない ・ 大人になっていない ・ 大人になり切れていない ・ 世間知らず ・ 青二才 ・ 形だけ ・ 経験の乏しい ・ 未成熟 ・ 口脇が白い ・ 稚拙 ・ チンピラ ・ ひよっこ ・ ひよこ ・ 修行が足りない
粗削り(な印象)角ばっていて硬い印象粗削り(な印象)角ばっていて硬い印象  ごつごつ(した印象) ・ 角ばる ・ 角ばっている ・ ごつい ・ いかつい(車) ・ 硬質(の文体) ・ マッチョ ・ 歯切れがいい ・ 剛勇 ・ 男性的 ・ マッチズモ ・ 人を引っぱる(タイプ) ・ 壮絶 ・ ますらお振り ・ 男性であることを誇示する ・ ぱりっと ・ 親分肌 ・ 苦み走った(いい男) ・ 武張る ・ 女性的でない ・ 男の中の男 ・ (日本)男児 ・ 硬派(な男) ・ 気っぷがいい ・ 強面 ・ 男勝り ・ 仁義に厚い ・ 壮烈 ・ 根性がある ・  ・ (男性特有の)骨張った(指) ・  ・ いかつい(△車[風貌]) ・ 自我が強い ・ 剛健 ・ 勇ましい(姿) ・ 勇み肌 ・ 雄勁 ・ 精悍 ・ 渋い魅力 ・ 簡勁 ・ たくましい ・ ナイスガイ ・ 男性原理に基づく(振る舞い) ・ 男前(の行動) ・ 強い ・ 雄健 ・ 女だてら(に)(大酒を飲む) ・ 男っぽい ・ バーバリズム ・ 豪快(な△性格[飲みっぷり]) ・ 雄渾 ・ うじうじしない ・ 雄偉 ・ きりっとした(顔つき) ・ きりりとした(印象) ・ 力強い ・ ワイルド(な男) ・ 体育会系 ・ 亭主関白 ・ 剛直(な男) ・ 男らしい ・ 男らしさ ・ (男として)魅力的 ・ 男伊達 ・ オラオラ系 ・ 男性美 ・ 野蛮(な人間) ・ 凛々しい ・ 勇壮 ・ 猛々しい ・ 雄々しい ・ 男っぷりがいい ・ 男ぶりがいい ・ ごつい(茶碗) ・ 男気(のある人) ・ 義侠心(に富む) ・ さっそう(たる風姿) ・ 不器用 ・ 強く出る ・ (まだ)硬い ・ あらが目立つ ・ 欠点が目立つ ・ 仕上げ前 ・ 骨組み(ができる) ・ 無駄が多い ・ 推敲不足 ・ 未完成 ・ 試作品 ・ 粗雑(な作り) ・ 生硬(な訳文) ・ 若書き(の文章) ・ 洗練されていない ・ 未消化(の部分が見える) ・ 粗削り(の作品) ・ ぜい肉が多い ・ 荒っぽい(作り) ・ (磨きが)足りない ・ きめの粗い(文章) ・ (少々)破綻が見える ・ ごてごてした ・ ラフ(なスケッチ) ・ バンカラ風(の男性) ・ 筋肉丸出し ・ 武骨(な男) ・ 骨格たくましい(男) ・ 体育会系(の男) ・ むくつけき(大男) ・ でかい ・ 猛牛のような(男) ・ 岩のような(戦士) ・ 荒々しい(男) ・ (衣の下に)よろいをまとう ・ ヘビー級(のボクサー) ・ ごつごつした(体つき) ・ 屈強(な男) ・ 威圧的 ・ 胸筋隆々 ・ 筋肉もりもり ・ マッチョ(な体) ・ 醜い ・ 骨太 ・ 硬派(な男性) ・ 不格好(な体形) ・ 豆タンク(のような)(体つき) ・ 猪首(の男) ・ ずんぐりむっくり ・ ずんぐり(した) ・ いかつい(風貌) ・ いかめしい(外観) ・ 精悍(な体つき) ・ 唐獅子のような(生物) ・ 武張った(狛犬) ・ 巨漢 ・ 軍人(らしい) ・ 筋肉質(のだるま) ・ 鋼の肉体 ・ やさしさがない ・ がさつ(な大男) ・ ワイルド(な雰囲気) ・ (容貌)魁偉(な人物) ・ 仁王像(みたいな体) ・ 泣く子も黙る(鬼軍曹) ・ 鍾馗のような(がたい) ・ 赤鬼のような(米兵) ・ 強面(の大将) ・ 鬼がわら(のような)(顔)
粗削り(な印象)(未分類)粗削り(な印象)(未分類)  粗造り ・ 荒削り ・ 荒打ち ・ 粗打ち ・ 粗ごなし ・ 粗仕上げ ・ 精悍な ・ 鉄人 ・ ワイルドな ・ 骨のある ・ ぎらつく個性 ・ 豊富な運動量 ・ ダイナミックな ・ 癖のある ・ 奔放な ・ 雑草 ・ 奔馬のような ・ 豪放な ・ メガトン級 ・ 勝負強さをもつ ・ 豪快な ・ 豪胆な ・ なま乾き ・ 無防備 ・ 完全でない ・ お粗末な ・ 見劣りがする ・ たどたどしい ・ 演芸会 ・ 貧弱な ・ 野性的な ・ 英雄的な ・ 枠外 ・ 伝法な ・ 男性的な ・ 鋳型にはまろうとしない ・ 臆さず ・ 乱暴な ・ ムキムキ ・ 不敵な ・ 昂然と ・ がさつな ・ 相手を飲む ・ 野蛮な ・ 端然として ・ 大胆な ・ 野獣のような ・ 物に動じない ・ すっとんきょうな ・ 立った ・ 男ぶり ・ 個性あふれる ・ はみ出した ・ 力に任せた ・ 個性派 ・ 遊侠 ・ 態度がでかい ・ 色彩濃い ・ 剛直な ・ 勇敢な ・ 奇想天外 ・ 堂々とした ・ 手荒な ・ 豪放磊落な ・ ただごとでない ・ 暴れ馬のような ・ いなせな ・ 太く短く生きる ・ 武将 ・ 突拍子もない ・ 武骨な ・ たのもしい ・ 気おくれしない ・ 粗暴な ・ 偉大な ・ さっそうと ・ がむしゃらな ・ 世界がぶっ飛ぶ ・ ほとばしるような ・ 肝が太い ・ 野武士タイプ ・ 手が付けられない ・ 好男子 ・ タフな ・ もの怖じしない ・ ただ者でない ・ 勇猛な ・ 大柄な ・ 砕けた ・ 単純な ・ 壮気にあふれた ・ 馬力がある ・ ハングリー精神をもつ ・ 男臭い ・ 激しい動き ・ エネルギッシュな ・ 生命力旺盛な ・ 図太い ・ 悍馬のような ・ 爆発 ・ バイタリティに富む ・ 体臭を発散させる ・ 裸の ・ 生硬な ・  ・ こなれていない ・ つたないへた ・ 素人 ・ 拙劣な ・ 稚拙な ・ 薄っぺらな ・ ままごと ・ 弱小劇団 ・ 型破りな ・ ず抜けた ・ 奇抜な ・ とんでもない ・ マチズモ ・ 立派な ・ 突き進むだけ ・ 線の太い ・ 濃い ・ 度量が広い ・ 野人的 ・ 強気 ・ 動じない ・ すさまじい ・ 平然と ・ 得がたいキャラクター ・ 攻撃的な ・ 男性誇示 ・ 熱血漢 ・ 無骨な ・ 美丈夫 ・ 鬼のような ・ 女傑 ・ 大雑把な ・ パワフルな ・ 際立った ・ 直情径行 ・ 野武士のような ・ 豪傑 ・ 堂々 ・ 常識ではかれない ・ 派手な ・ 物事に動じない ・ 不器用な ・ 自信満々 ・ 快男児 ・ 神経が太い ・ 意表を突く ・ 大まかな ・ 未加工 ・ 話し言葉を多用した ・ あらけずり ・ 荒削 ・ 粗けずり ・ 粗削 ・ 荒けずり ・ 粒々 ・ こそっぽい ・ ソバージュ ・ エリア ・ 凶暴 ・ 粗野 ・ 荒くれる ・ 雰囲気 ・ 落ち着かない ・ 荒くれた ・ ガサツ ・ 強暴 ・ ゾーン ・ 区域 ・ いまだ未完成 ・ 成否 ・ いまだ完成していない
キーワードをランダムでピックアップ
村長シャボン玉当て所底辺俗界異色隔離迷論船積み力演勘違い若くして死ぬ趣のある暑気払い衝動買い協力者たきつける弱点を攻める親身の世話国民の危機感をあおる
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. 粗削り表面などがなめらかでない
  2. 粗削り(な原稿)細かい部分への注意が省かれている(大ざっぱ)
  3. 粗削り(な原稿)乱暴に書く
  4. 粗削り(の若者)ある社会で(大胆な振る舞いをする)異端者
  5. 粗削り(な若者) ・ 粗削り(な性格)繊細さがなくて細かい気配りができない人(がさつな人)
  6. 粗削り(の作品)細かい仕上げをまだしていない(粗削り)
  7. 粗削り(な若者)粗削りな人間
  8. 粗削り(な印象)角ばっていて硬い印象
  9. 粗削り(な印象)(未分類)