表示領域を拡大する
魔の類語、関連語、連想される言葉
 日本語シソーラス
連想類語辞典
dummy_text
(電話)魔ある物事に対して全身全霊を傾ける人(電話)魔ある物事に対して全身全霊を傾ける人  烈婦 ・ 燃えやすい(人) ・ 烈女 ・ (並外れて)エネルギッシュ ・ 憑かれた(人) ・ (画)狂人 ・ 熱血漢 ・ 闘争心の塊 ・ タフ ・ 執念の人 ・ 肉食系 ・ 猛烈(社員) ・ 烈士 ・ (チームの)守護神 ・ 鬼軍曹 ・ オタク ・ 情熱家 ・ (闘争心の)権化 ・ (身も心も)鬼と化す ・ 免許皆伝 ・ 練達(の△士[医師]) ・ 名取り ・ 腕達者 ・ (投資の)達人 ・ 専門家 ・ 知る人ぞ知る ・ 耳うるさい(オーディオマニア) ・ 手腕家 ・ 技術のある(会社) ・ 頑固一徹(の職人) ・ 芸達者 ・ 職人 ・ 職人技 ・ (その道の)プロ ・ 腕のいい(コック) ・ (バイオリンの)名手 ・ 優れた技量を持つ ・ 腕自慢(の料理人) ・ (一流の)腕を誇る(シェフ) ・ 腕に自信のある(技術者) ・ 手だれ(の剣客) ・ 業師 ・ 優秀(な左官工) ・ (ホームベーカリーの)魔術師 ・ 安定している ・ エキスパート ・ 経験豊か(な)(整備スタッフ) ・ (ネット)ジャンキー ・ (トレンド)ウォッチャー ・ 実力のある(選手) ・ 実力派(の俳優) ・ マニア ・ 一流 ・ 日本のピカソ(と呼ばれる) ・ 仕事熱心 ・ 商売人 ・ 目の肥えた(消費者) ・ 仕事師 ・ セミプロ ・ プロフェッショナル ・ 切れ者 ・ 熟達(している) ・ したたかな(△商売人[交渉人]) ・ (書道の)名人 ・ (ソフトボール界の)イチロー ・ (その道を極めた)マイスター ・ (野菜)ソムリエ ・ (車に)こだわる ・ 遣り手 ・ 手利き ・ 有段者 ・ 利け者 ・ (フランス料理界)の巨人 ・ (ジャズ)ジャイアント ・ 高度な技能を備える ・ 神の手を持つ(外科医) ・ ゴッドハンド(の整体師) ・ (会社の)稼ぎ頭 ・ アカデミック(な人) ・ 老巧 ・ 研究者 ・ 経験豊か(な)(講師) ・ 敏腕家 ・ 腕利き ・ 腕っこき ・ 力量のある(作家) ・ 技能(工) ・ 本物(の職人) ・ ベテラン(の域に達する) ・ 専業(作家) ・ 技巧派 ・ (ピアノの)貴公子 ・ 熟練(工) ・ 能力が高い ・ 玄人 ・ (ゴルフに)血道を上げる ・ 一本気(な性格) ・ (研究に)埋没(する) ・ (△目標に向かって[奔放に])突き進む ・ まっすぐ(に) ・ (夢に向かって)一直線(に)(突き進む) ・ 直線的 ・ 一心不乱(に) ・ けなげ(に)(頑張る) ・ 容易に崩せない ・ 躍起(になる) ・ 寸暇を惜しんで ・ (全力を)傾注(する) ・ (情熱を)傾ける ・ (練習の)虫 ・ (△一つのことに心を[練習に])打ち込む ・ 大変な打ち込みぶり ・ (寝食も忘れるという)打ち込みよう ・ ひた押し(に攻め立てる) ・ はまる ・ ひたぶる(な努力) ・ 身が入る ・ 根を詰めて(取り組む) ・ のめり込む ・ 睡眠時間を削って(頑張る) ・ (学問)ひと筋(に)(生きる) ・ 無心に(遊ぶ子供) ・ あの入れ込み方は半端じゃない ・ 全身全霊を傾ける ・ 全身全霊を傾けて(試合に挑む) ・ 倦むことなく(働く) ・ 生きがい(を感じる) ・ (実現に)心を砕く ・ 目の色を変えて ・ 一極集中的 ・ (思いが)凝り固まる ・ 熱を上げる ・ 献身的(に)(働く) ・ たゆみなく(続ける) ・ (一つのことに)熱くなる ・ (女に)のぼせ上がる ・ 信じて疑わない ・ 耽る ・ むさぼる(ようにして本を読む) ・ 没入(する) ・ 猪突猛進(する) ・ (資金集めに)狂奔(する) ・ 凝り固まる ・ (宗教に)固まる ・ (ギャンブル)狂い ・ こつこつ ・ 寝食を忘れる ・ すべてを忘れて ・ 取り紛れる ・ (意欲が)旺盛 ・ ほれる ・ 意欲的に取り組む ・ 熱烈 ・ 熱に浮かされる ・ (ゴルフに)のぼせる ・ 烈々 ・ 専一 ・ (勉学に)いそしむ ・ 一徹(な性格) ・ 取りつかれたように(没頭) ・ かれたように(~する) ・ あくせく ・ (読書に)淫する ・ 一心(に)(励む) ・ (物事に)一心になる ・ 二心のない ・ 鋭意(研究に努める) ・ 一目散 ・ 大車輪(で仕上げる) ・ ナチュラルハイ(になる) ・ 憑き物がついたように(没頭) ・ (目標達成のためには)労を惜しまない ・ (会社の再建に)腐心(する) ・ (そのこと)だけ(を) ・ (そのこと)しかない ・ ひとえに ・ (遊び)ほうける ・ (ひとつのことに)とらわれる ・ 営々(と)(働く) ・ (それ以外)見向きもしない ・ (他を)顧みない ・ しゃかりき(になる) ・ そればかりして日を送る ・ (部活に)燃える ・ (叶わない恋に)燃え上がる ・ 心酔(する) ・ 黙々(と)(筆を走らせる) ・ 惑溺 ・ 懸命(に) ・ 力が入る ・ 激しい思い ・ 飽くなき(挑戦) ・ 飽くことのない(知識欲) ・ (ロックに)しびれる ・ (愛情を)そそぐ ・ ひたむき(△に[な姿勢]) ・ 思い詰める ・ 骨を埋める(覚悟) ・ 諦めない ・ (精力を)集中(する) ・ (神経を)集中させる ・ 非妥協的 ・ 専ら(~する) ・ 前後を考えない ・ 熱い(△思い[男]) ・ (畑仕事に)精を出す ・ 無我 ・ 無我夢中 ・ 熱っぽい(誘い) ・ (サッカー)命 ・ 心血を注ぐ ・ 明け暮れる ・ (勉強の)鬼 ・ うつつを抜かす ・ 目を吊り上げて(事に当たる) ・ 耽溺(する) ・ (△難問と[論文を書くため山のような資料と])格闘(する) ・ (今は)それどころではない ・ 他を忘れる ・ (自伝の執筆に)余念がない ・ 一本槍 ・ 精魂(を)込める ・ 精魂(を)込めて(作り上げる) ・ 精魂を傾ける ・ (こけの)一念(、岩をも通す) ・ ストイック(に)(取り組む) ・ (テレビに)かじりつく ・ 真面目(に) ・ (額に)汗する ・ 汗を流す ・ (政治活動に)終始(する) ・ 脇目も振らず(に) ・ (成果に)こだわる ・ (物作りに)こだわり(が強い) ・ (文学)かぶれ(の女) ・ (クラシックに)かぶれる ・ (どっぷり)つかる ・ かまける ・ 無二無三 ・ 他のことが留守になる ・ (一つの物事に)こだわり続ける ・ 切々 ・ 命がけ(でやる) ・ (被災地の復興に)命を懸ける ・ 身命を賭する ・ (食い)道楽 ・ (それ以外)眼中にない ・ 食い入る(ように)(見つめる) ・ 貪欲(に取り組む) ・ (全てを)なげうって(一つのことに専念する) ・ (名演奏に)酔う ・ ムキになる ・ ムキになって ・ (野球)ひと筋(の高校生活) ・ せっせと(働く) ・ (一方に)偏る ・ (真実)一路 ・ (学業に)専心(する) ・ 一意専心(に) ・ (海外進出に)力を入れる ・ 思い込んだら百年目 ・ 本腰 ・ やたら(に)(頑張る) ・ リキが入る ・ (思索に)沈潜(する) ・ 好きこそ物の上手なれ ・ (押し入れで)ごそごそ(と探し物をする) ・ 周りが見えない ・ (そのことだけに)関わる ・ 傾倒 ・ (仕事に)我を忘れる ・ 我を失う(ほどはまる) ・ 忘我 ・ 心を奪われる ・ (研究に)身を捧げる ・ (読書)三昧 ・ 理性を失って(暴れる) ・  ・ 狂気の人 ・ (仕事を)面白がる ・ 愚直(に)(頑張る) ・ 変わらない ・ (家業に)徹する ・ よく(勉強する) ・ 盲目的(にのめり込む) ・ 熱中(する) ・ 熱中し過ぎる ・ 病みつき(になる) ・ 励む ・ 情熱のおもむくままに・(何かに)突き動かされるように ・ (家業に)身を入れる ・ 必死(△になる[の形相で]) ・ 夢中(△になる[で走る]) ・ (問いと私の)一対一の真剣勝負(の様相) ・ (強い)思い入れ(を抱く) ・ 熱病にかかったように ・ 邁進(する) ・ 浮かされる ・ 肩ひじを張る ・ 腕まくり(する) ・ 真剣(に)(取り組む) ・ (学ぶ態度は)真剣そのもの ・ (激しく)入れ込む ・ (研究を)事とする ・ (日夜)努力(する) ・ 沈湎 ・ 病膏肓やまいこうこう ・ 迷いなく ・ 前向き(に)(努力する) ・ 恥も外聞もなく(懇願する) ・ 捨て身で立ち向かう ・ 虚々実々 ・ 虚実(を尽くす) ・ しきりに ・ 見える視界が限定されてる ・ 精神一到(何事か成らざらん) ・ 背水の陣(を敷く) ・ (耳を)凝らす ・ (盆栽に)凝る ・ (凝りに)凝る ・ (△愛に[息もできないほど])溺れる ・ (女に)入れあげる ・ 熱心(に) ・ 商売熱心 ・ 勉強熱心 ・ (研究)熱心 ・ エネルギーを費やす ・  ・ 雑念なく ・ 丹精(を込める) ・ 情熱的に(打ち込む) ・ 無邪気 ・ 熱を入れる ・ 寝もやらず(絵筆をふるう) ・ 気を入れる ・ 没頭(する) ・ 真摯 ・ 熱狂(する) ・ 血まなこ(になる) ・ 専念(する) ・ (目先のことに)汲々きゅうきゅう(と)(する) ・ フリーク ・ (式典の準備に)大わらわ ・ (ホテルに)缶詰め(になって執筆する) ・ (切手)マニア ・  ・ 本気(で)(取り組む) ・ 全力(で)(取り組む) ・ 全力をそそぐ ・ 鬼気迫る(表情) ・ (野球)気違い(毎日酒に)浸る ・ (研究を)自らの使命と思う ・ 一生懸命(になる) ・ ひたすら(ゴールを目指す) ・ 寝る間も惜しんで(取り組む) ・ (こうと決めたら後は)まっしぐら ・ (家に)飛んで(帰る) ・ すっ飛んで(帰る) ・ (議論が)熱する ・ がむしゃら(に)(進める) ・ 孜々 ・ (恋愛の)真っ最中 ・ いちず(に)(~する) ・ (一つのことに)取り組む ・ 心が奪われる ・ 視野が狭い ・ (一種の)視野狭窄(に陥る) ・ (賭け事に)憂き身をやつす ・ 頑な(△な態度[にこだわる]) ・ しゃにむに(突き進む) ・ 徹底(する) ・ 一辺倒 ・ よく燃える ・ 燃え上がる ・ 炎上 ・ 火に包まれる ・ 熾す ・ 火だるま ・ 燃え広がる ・ 燎原の火 ・ 火持ちがいい ・ 可燃性 ・ 熾る ・ 燃え立つ ・ 猛烈な火勢 ・ 火だるま(になる) ・ 燃え盛る(火の手) ・ 主唱者 ・ 提案者 ・ 擁護者 ・ 弁護者 ・ 主義者 ・ 主張者 ・ 持ち味 ・ 特質 ・ (地域の)カラー ・ エトス ・ エートス ・ 性合い ・ 性格 ・ たち ・ パーソナリティー ・ 特性 ・ 物性 ・  ・ 性質 ・ 個性 ・ 性状 ・ 特色 ・ 体質 ・ 性向
悪魔あくま悪魔あくま  サタン ・ 魔物 ・ デビル ・ 魔王 ・ 魔界の帝王 ・ デーモン ・ 妖魔 ・ 悪魔 ・ 天魔 ・ 堕天使 ・ 追放された(天使) ・ 恐ろしい魔力を持つ ・ 死魔 ・ 白魔 ・ 病魔 ・ 通り魔 ・ 睡魔 ・ 水魔 ・ 魔女 ・ 妖女 ・ 魔法使い ・  ・ 人間じゃない ・ 異形いぎょう(の者) ・ 魑魅 ・ エイリアン ・ 化け物 ・ もののけ ・ モンスター ・ 人食い鬼 ・ 食人鬼 ・ 怪しげな姿 ・ ヌエ ・ グール ・ 食屍鬼 ・ 妖婆 ・ 怪異 ・ 魑魅魍魎 ・ 幻妖 ・ 怪物 ・  ・ 想像上の生き物 ・ 正体が分からない ・ 邪鬼 ・ 幽鬼 ・ 妖術使い ・ 不気味な姿(の) ・ ゾンビ ・ お化け ・ 百鬼(夜行) ・ 醜怪(な容貌) ・ 妖怪変化 ・ (妖怪)変化へんげ ・ 妖怪 ・ 鬼ばば ・ みにくい ・ 怪人(カメレオン男) ・ あやかし ・ ドラキュラ ・ 魔神 ・ 邪神 ・ 貧乏神 ・ 疫病神 ・ 死に神 ・ 悪神
(好事)魔(多し)不幸な出来事(災い)(好事)魔(多し)不幸な出来事(災い)  月にむら雲、花に風 ・ 後難 ・ 悪夢の(ような)出来事 ・ 災い ・ (神の)たたり ・ 不幸な出来事 ・ 禍害 ・  ・ 苦難(に遭遇する) ・ 事故 ・ トラブル ・ 災難 ・ 不運(に見舞われる) ・ 災禍 ・ 不測の(事態) ・ 急難 ・ 艱難 ・ 嵐(に見舞われる) ・ 不慮(の事故) ・ 難儀 ・ 凶事 ・ 災厄 ・ (コロナ)禍 ・ 困難 ・ 心外 ・ 困った変化 ・ 支障(が生じる) ・ 奇禍(に遭う) ・ 障害 ・ 禍事まがごと ・ 危難 ・ 小難 ・  ・ アクシデント(に見舞われる) ・ 厄難 ・ ご難 ・ 火がつく ・ (巨大な炎が)夜空を真っ赤に染める ・ 夜空を焦がす ・ 地を焼き天を焦がす ・ 急火 ・ 火だるま(になる) ・ 炎上 ・ 火の手が上がる ・ 火災 ・ (住宅から)火が出る ・ (すべてを)焼かれる ・ (大火で)焼け出される ・ 祝融 ・ 出火(の原因) ・ (家財が)焼失(する) ・ 回禄(の災い) ・ 火事(になる) ・  ・ 火難 ・ (建物が)燃える ・ 焼け落ちる ・ クーデター ・ 事変 ・ (社会が)荒れる ・ 治乱 ・ (社会が)混乱(する) ・ 力に訴える ・ (秩序が)乱れる ・ 異常な社会状況 ・ 騒擾 ・ 擾乱 ・ 壊す ・ 大騒ぎ ・ 変乱 ・ 騒乱 ・ 反乱 ・ 動乱 ・ (男たちが)殺気立つ ・ 打ち壊し ・ 戦塵 ・ テロ ・ (株価の)乱高下 ・ 大乱 ・ 破壊 ・ 兵変 ・ 政変 ・ (世の中が)乱れる ・ 暴動 ・ (世の中を)乱す ・ 戦乱 ・ 車をひっくり返す ・ 車を燃やす ・ 戦禍 ・ 戦時 ・  ・ 戦(が起こる) ・ (空気が)殺伐(とする) ・ (抗議デモが)暴徒化(する) ・ 革命 ・ 怒号が飛び交う ・ もみ合い(になる) ・ もみにもんだ(末) ・ 内乱 ・ 兵乱 ・ (世の中が)治まらない ・ 暴挙 ・ 略奪が始まる ・ 騒動 ・ 流血(デモ) ・ オーマイゴッド ・ 大変 ・ 万策尽きた ・ マジか ・ 大厄 ・ 大難 ・ 七難 ・ 万難 ・ 多難 ・ 盗難 ・ 干害 ・ 女難 ・ 国難 ・ 戦災 ・ 剣難 ・ (台風が各地で)荒れ狂う ・ (レールが)ねじれる ・ (九州一の)暴れ川 ・ 津波が△港町[空港]を襲う ・ (自然)災害 ・ 風に飛ばされた△屋根瓦[看板]が凶器になる ・ 天災地変 ・ (人間など)大自然の力(の前では無力) ・ 天災 ・ (津波が)飲み込む ・ 国土が疲弊(する) ・ (自然が)猛威をふるう ・ (台風が)△電柱[木々]をなぎ倒す ・ (台風に)見舞われる ・ 大荒れ(の天気) ・ (海が)牙をむく ・ (台風が)被害を与える ・ (住宅地を)濁流が襲う ・ (台風が残した)爪あと ・ (台風が)大暴れ(する) ・ (強風が)吹き荒れる ・ 大被害をもたらす ・ 襲来(する) ・ (吹雪で汽車が)立ち往生(する) ・ 穏やかでない ・ (窓ガラスが)割れる ・ (街を)崩壊(させる) ・ 鉄砲水 ・ (暴れ川が)氾濫(する) ・ (増水で川が)暴れる ・ 洪水(を起こす) ・ ずたずたにする ・ 猛り狂う(荒波) ・ (台風が本土を)直撃(する) ・ 厄年 ・ 受難の年 ・ 病原体 ・ 諸悪の根源 ・ 魔物の住みか ・ (全ての)元凶 ・ 後腐れ(のないように~) ・ 不安要因 ・ 禍根(を断つ) ・ 火種 ・ 道連れ(に心中) ・ 巻き添え ・  ・ 余波 ・ (渦に)巻き込む ・ とばっちり ・ 側杖 ・ しわ寄せ ・ (汚職事件が各方面に)飛び火(する) ・ (問題に)直面(する) ・ 迷惑がかかる ・ (プロの)洗礼を受ける ・ 火の粉(が飛んでくる) ・ 傷を負う ・ 問題を抱える ・ (面倒事に)かかずらう ・ (思わず)関わる ・ 遭難(者) ・ 山で吹かれる ・ (変化の大波を)かぶる ・ 被害 ・ (困難に)ぶつかる ・ (事件に)巻き込まれる ・ (隣の火事の)巻き添え(になる) ・ (こちらも)無償ではいられない ・ (面倒なことに)掛かり合う ・ (危機に)見舞われる ・ (贈収賄事件に)連座(する) ・ (危機的状況に)追い込まれる ・ 襲われる ・ (災害のあとを)目の当たりにする ・ 渦中の人(となる) ・ 災難にあう ・ 災難に見舞われる ・ 打ちのめされる ・ (難問に)突き当たる ・ (望ましくないことが)(身に)降りかかる ・ しわ寄せ(を受ける) ・ (被害を)(迷惑を)被る ・ (時代の)大波をかぶる ・ 受難(の年) ・ 痛い目を見る ・ (惨事に)遭う ・ (負担を)押しつけられる ・ (国民に)犠牲を強いる ・ (大雪の)影響を受ける ・ 悪い影響を受ける ・ 悪影響を受ける ・ お鉢が回る ・ (火が)燃え広がる ・ (思うように船が)進まない ・ (少子化の)余波を受ける ・ (台風の)余波の影響で ・ (事故の)余波で(風評に苦しむ) ・ (おかげで)ひどい目にあう ・ (強風に)煽られる ・ 貧乏くじを引く ・ (変化の)波に洗われる ・ 見舞われる ・ (~の結果)迷惑する ・ 民間人の犠牲者(が出る) ・ スムーズにいかない ・ 不運にも ・ (同僚が休んだ)せいで(残業になる) ・ 白羽の矢が立てられる ・ (親兄弟に)累が及ぶ ・ あおりを食う ・ (△強風[突発的変化]の)あおりを受ける ・ 低迷を余儀なくされる ・ しわ寄せ(△を受ける[が及ぶ]) ・ きしみ(が生じる) ・ (情報化社会の光と)影 ・ (おかげで)災難にあう ・ 尻ぬぐい(をさせられる) ・ とばっちり(を受ける) ・ 巻き添え(を食う) ・ 衝撃を受ける ・ 虐げられた(人々) ・ (賃金の上昇が物価高となって)跳ね返る ・ (衝撃を)身に受ける ・ (嫌な役目を)引き受ける羽目になる ・ 割を食う ・ 逆風にさらされる ・ 火の粉が飛ぶ ・ (紛争の)火の粉(をかぶる) ・ 泣きを見る ・ 犠牲(を強いられる) ・ 不利な(立場) ・ (他人の)ツケが回ってくる ・ 厄(落とし) ・ うだつが上がらない ・ 因果(な身の上) ・ 運がない ・ よりによって(何で私が) ・ 不幸(が続く) ・ 持ってない ・ 呪わしい運命 ・ 悪運 ・ 運命に翻弄される ・ (スタートから)ケチ(がつく) ・ 悲運(の画家) ・ (当たった)試しがない ・ 運に恵まれない ・ 貧乏くじ(を引く) ・ 巡り合わせ悪く(なかなか行けない) ・ 捨てる神(あれば拾う神あり) ・ ついていない ・ (運命の)女神にそっぽを向かれる ・ 天は味方せず ・ 踏んだり蹴ったり ・ 運に見放される ・ 運が尽きる ・ (ここで捕まったが)運の尽き ・ 運が悪い ・ 運悪く ・ (悪妻は百年の)不作 ・ (雨に)たたられる ・ 不都合(が生じる) ・  ・ 非運(のボクサー) ・ 不遇(の生涯) ・ 衰運(に見舞われる) ・ 薄命 ・ 持っていない ・ (どうりで)夢見が悪かった(はずだ) ・ 大変な目に遭う ・ (まるで)凶日 ・ 残念ながら(その日は行けない) ・ 波乱万丈(の生涯) ・ 逆運 ・ (あっちは)鬼門 ・ (上り坂、下り坂、)まさか ・ 星の巡りが悪い ・ 不幸せ(な人)(人生は)いびつ(で容赦がない) ・ (この世の)不条理 ・ (とんだ)厄日(だ) ・ 憂き目 ・ 何の因果か(こんなことになって) ・ 泣きっ面に蜂 ・ 災厄(が降りかかる) ・ 間が悪い ・ ツキがない ・ ツキに見放される ・ 運気が下がる ・ 薄幸(の女性) ・ 悲劇(のヒロイン) ・ 数奇 ・ 数奇な運命(△をたどる[にもてあそばれる]) ・ 不運(に△泣く[見舞われる]) ・ (武運)つたなく(破れる) ・ (運の)つたなさ(を嘆く) ・ あいにく(と)(その場にいなかった) ・ 痛めつけられる ・ 赤字(を出す) ・ 壊滅 ・ 害毒 ・  ・ 病弊 ・ やられる ・ 危害 ・ 災害 ・ 損(を出す) ・ (大)打撃 ・ 損害 ・ 実害 ・ やけど(を負う) ・ 害悪 ・  ・ 弊害 ・ ダメージ(を受ける) ・ 損ねる ・ 痛手(を負う) ・ (未曾有の危機が)襲い来る ・ (変化の)大波に飲み込まれる ・ (災難に)見舞われる ・ (よくないことが)身に及ぶ ・ (災厄が)襲う ・ (運命に)もてあそばれる ・ (災難が)降りかかる ・ (不況の波が)飲み込む ・ )円高に)直撃される(輸出企業) ・ (経済危機に)襲われる ・ 不幸 ・ 薄幸(の美女) ・ 幸せでない ・ 不幸せ ・ 満たされない ・ 一生分の幸せを使い果たしてしまった ・ (強い)心理的ストレスに晒された状態 ・ 神に見捨てられた(男) ・  ・ 佳人かじん)薄命 ・ 非常事態 ・ 大事(に至らない) ・ 一大事 ・ 大ごと(が起きる) ・ (解決が)容易でない ・ 非常 ・ 話題になる ・  ・ (これはひょっとすると)コト(だぞ) ・ 事件 ・ 取り返しがつかない ・ 間違い ・ 激震(が走る) ・ 大事件 ・ 変事 ・ 重大な△出来事[事柄] ・ 異変 ・ ただごとでない ・ 重大事 ・ 重大(な事態) ・ 世間の話題になる ・ 急変 ・ イベント(が起こる) ・ 悲劇 ・ (失業の)嵐(がやってくる) ・ 大揺れ(の自動車業界) ・ (国会が)揺れる ・ 小変 ・ 危機(に見舞われる) ・ 緊急事態 ・ 凶変 ・ 大騒ぎ(になる) ・ 大問題(が起きる) ・ 大変(な状況) ・ 奇襲(をかける) ・ (相手の)裏をかく ・ 妙手 ・ あきれる ・ (見る者を)あきれ返らせる ・ (周囲の)予想を裏切る ・ 予想しなかった(事態) ・ 思わざる(結果) ・ 思わぬところから(姿を現す) ・ 割合(に)(よくできている) ・ 割と(うまい) ・ わりかた(面白かった) ・ わりかし(うまい) ・ (行き違いが)悪意なし(に生じる) ・ (計画に)齟齬(が生じる) ・ からめ手から攻める ・ ゆくりなくも ・ 破天荒(な試み) ・ 何と(まあ) ・ 存外(に)(よかった) ・ 虚をつかれる ・ 意表(を突く) ・ 意表を突かれる ・ 奇策 ・ ゲリラ(△豪雨[的な方法]) ・ (周囲を)けむに巻く ・ 思いも寄らない ・ 思いも寄らず ・ 風の吹き回し ・ 大胆(な手口) ・ 予想が外れる ・ 出し抜く ・ 意図しない(展開) ・ 意図せず ・ 唐突(な発言) ・ 案外 ・ (見かけと)違って ・ 意想外(の事故) ・ (全く)予想もしない ・ 予想と違う ・ 予想と違って ・ 予想に反して ・ 予想に反する ・ 反則(を犯す) ・ 予想以上(に) ・ 想像以上(の速さ) ・ 予想を上回る ・ 予想を下回る ・ (人生)何が起こるか分からない ・ (自分の)耳を疑う(ほど驚く) ・ やられた(!) ・ 隙をつく ・ とんだ(目に遭う) ・ (これは)夢かうつつか ・ 時期外れ ・ あっと言う ・ あっと言わせる ・ 驚かせる ・ 期待していなかった ・ (図体に)似合わず ・ 足をすくう ・ てっきり(辞めると思ってた) ・ 人を食った(態度) ・ 型破り(な言動) ・ 期せずして ・ とっぴ(な発想) ・ (人の)目を引く(デザイン) ・ 思いも寄らない(非難) ・ 思いも及ばない ・ 万一(事故が起こったら) ・ 予定外 ・ 仰天する ・ 目からうろこ(の解決策) ・ 思ってもみない ・ ユニーク(なアイデア) ・ 不意(に)(起こる) ・ 不意(の出費) ・ 不意を打つ ・ ことのほか(手間取る) ・ 驚いたことに ・ 驚き(の洗浄力) ・ 驚くべき(事実) ・ 驚くような(組み合わせ) ・ 思いがけない(△ことが起こる[展開]) ・ 思いがけなく ・ 思いもかけない ・ たじろぐ ・ 起こり得ないことが起こる ・ 裏をかかれる ・ 及びもつかない ・ 奇想天外(な物語) ・ 不覚 ・ 夢にも思わない ・ 波乱(が起きる) ・ (大)番狂わせ(が△起きる[生じる]) ・ はしなくも(好評を博す) ・ どういう風の吹き回しか ・ 予想外(の事態) ・ 心外(な指摘) ・ 柄にもなく(照れる) ・ 取り越し苦労(だった) ・ わが目を疑う ・ 計算外 ・ 心境の変化 ・ 思わぬ(展開) ・ そうきたか ・ (何の)前触れもなく ・ 定石にとらわれない ・ (あっと)驚く(伏線回収) ・ めっそうもない ・ ひょうたんから駒(が出る) ・ (凡人には)及びもつかない(発想) ・ 肩透かしを食わせる ・ びっくりする(ような) ・ びっくりさせる ・ 出はなをくじかれる ・ もってのほか ・ 信じられない ・ 考えも及ばない ・ まさか(の敗退) ・ 思った以上(に) ・ (過去に)例を見ない ・ (これまで)見たこともない ・ (と)思いきや ・ 予想しがたい(人生) ・ 案ずるより産むがやすし ・ 意外(△にも[な展開/な方向へ向かう]) ・ 意外の念に打たれる ・ 意外や意外 ・ 偶然(にも) ・ 偶然(のたまもの) ・ どうしたわけか ・ くしくも(巡り会う) ・ なかなか(むずかしい) ・ 逆転(の発想) ・ 電撃(的)(な人事) ・ 図らずも ・ けがの功名(でうまくいく) ・ 望外(の喜び) ・ 不測(の事態) ・ 想定外(の展開) ・ あにはからんや ・ どんでん返し(△を食う[に次ぐどんでん返し]) ・ ショッキング(な出来事) ・ 拍子抜けするほど(簡単) ・ なかなか(立派だ) ・ 奇手を放つ ・ 突拍子もない(言動) ・ 嘘から出たまこと ・ 予期せぬ(結果) ・ 予期せず(して)(出会う) ・ 予期しない(出来事)上 ・ 予期した以上(の) ・ あらぬ(△噂[方角]) ・ 思いのほか ・ (甲子園には)魔物が棲む ・ 珍事(が起きる) ・ 時ならぬ(時に)(花が咲く) ・ 盲点(を突かれる) ・ 想像を超える ・ 自由自在(に振る舞う) ・ 思いもしない ・ 思いもしなかった(変化) ・ 時ならぬ(雪) ・ 気づけなかった(手抜かり) ・ 思いがけず ・ 思いもかけず ・ 期待以上(の成果) ・ 不本意(な結果) ・ 誤算 ・ 奇抜(な髪形) ・ 予想を超える ・ 物怪 ・ セオリーから外れる ・ サプライズ(△ニュース[人事]) ・ 目をむく(ような価格) ・ 違算 ・ ふと ・ トリッキー(なボクシングスタイル) ・ 突拍子もない(考え) ・ 慮外 ・ とんでもない(出来事) ・ よもや(の)(敗退を喫する) ・ 案に相違する ・ 案に相違して ・ 逆風(の中) ・ 波風(に耐える) ・ 危機(に直面) ・ (人生の)乱気流 ・ (世の)荒波(に揉まれる) ・ (人生に)嵐(が襲う) ・ (運命に)翻弄される ・ (死に)陥る ・ 死に至る ・ 命の火が消える ・ 燃え尽きる ・ (この)世界から強制的に退場させられる ・ 昇天(する) ・ (ここから落ちれば)お陀仏(だ) ・ 長逝ちょうせい(する) ・ 瞑目(する) ・ (永遠に)目を閉じる ・ 目をつぶる ・ 逝去 ・ くたばる ・ 死去 ・ 身罷る ・ 往生(を遂げる) ・ 大往生(△する[を遂げる]) ・ (戦場で)果てる ・ 黄泉の客となる ・ 空しくなる ・ 亡き ・ 物故 ・ 天国に旅立つ ・ 絶息(する) ・ 永眠(する) ・ 致命 ・ 瞑する ・ 鬼籍に入る ・ 逝く ・ 戸籍から除かれる ・ 除籍 ・ 力が尽きる ・ この世の別れ ・ (親戚に)不幸(があった) ・ 死没 ・ お迎えが来る ・ (世界からの)登録抹消 ・ あの世に行く ・ 息が絶える ・ (この高さから落ちたら)一巻の終わり(だ) ・ 幽明境を異にする ・ 死傷 ・  ・ 命が尽きる ・ 寂する ・ 彼のいない世界 ・ 一死 ・ 息を引き取る ・ 他界 ・ 天上 ・ 絶え入る ・ 故(美空ひばり) ・ 不帰の客となる ・ 死亡 ・ 帰らぬ旅 ・ 朽ち果てる ・ 仏になる ・ 目から光が失われる ・ 死出の旅 ・ (彼の死を悼む)弔鐘(が鳴る) ・ (誰でもいずれは)骨になる ・ 眠る ・ 事切れる ・ 最期 ・ (明治三年) ・ (偉人が)没する ・ 消え入る ・ 寂滅 ・ 先立つ ・ (ジ)エンド ・ 亡き数に入る ・ 消える ・ (この)世を去る ・ (△人生[天寿]を)全うする ・ 絶命(する) ・ 人生の幕が降りる ・ 人生の幕を閉じる ・ 絶え果てる ・ 息絶える ・ 冷たくなる ・ お星さまになったのよ ・ 辞世 ・ 卒する ・ ごねる ・ 成仏(する) ・ ゲームオーバー ・ お隠れ ・ 土に成る ・ 浄土に生まれる ・ 死ぬ ・ (人生が)終わる ・ (生命を)終える ・ (わが子を事故で)失う ・ 亡くなる ・ 亡くする
魔(の)(海域)何となく気味が悪い(不気味)魔(の)(海域)何となく気味が悪い(不気味)  まがまがしい(雰囲気) ・ おどろおどろしい(雰囲気) ・ グロテスク ・ 目に見えない害意 ・ 超自然的(な存在) ・ 足のすくむ(ような) ・ 異様(な雰囲気) ・ 得体の知れない ・ 謎めいている ・ 幻怪(な光) ・ 深海魚(のような不気味さ) ・ 隠花植物 ・ ぎょっとする(ような)(姿) ・ この世のものとは思えない ・ 毒きのこ ・ ぬらり(とした)(表皮) ・ 妖しい ・ 怪異(な現象) ・ 霊の気配 ・ 筋書きのつかない(出来事) ・ 幻想(文学) ・ 身震いが出る ・ 身震いがする ・ (町に)恐怖のとばり(が下りる) ・ ホラー(映画) ・ スリラー(小説) ・ 奇怪(な現象) ・ 奇っ怪 ・ あやかし ・ 震え上がらせる ・ 不吉(な予感) ・ オカルト(映画) ・ 妖しい(雰囲気) ・ 不審(な物音) ・ 鬼気迫る(演技) ・ 淫靡(な雰囲気) ・ ぞっとする ・ 恐怖(の館) ・ 恐ろしい(雰囲気) ・ 正体が知れない ・ 薄笑いを浮かべた(表情) ・ 怪奇 ・ 奇岩 ・ (じとっと)暗い ・ (妙な仕草に)引く ・ 怖い ・ ぬらぬら(した)(感触) ・ 身の毛もよだつ(怖い話) ・ 怪(女優) ・ 薄気味悪い ・ 薄気味が悪い ・ (日当たりの悪い)陰気(な家) ・ いんに籠もった(音) ・ 怪しい(屋敷) ・ 気色(が)悪い ・ きしょい ・ 世にも恐ろしい(グリム童話) ・ じっとりと暗い(劇場) ・ おどろおどろしい(映画) ・ じめっとした(和製ホラー) ・ 不気味 ・ 妖異 ・ 怨念のようなものを感じる ・ 気味が悪い ・ 毒々しい ・ シュール(な光景) ・ 隠微(な印象の絵) ・ ただならない(気配) ・ 妖気が漂う ・ おぞましい ・ うさんくさい(もうけ話) ・ 醜怪 ・ 首筋が寒くなる(思い) ・ 仲間外れ(にする) ・ (お世辞にも)美人とは言えない ・ ブス ・ ファニー(フェイス) ・ すべた ・ 不細工 ・  ・ フランケンシュタイン ・ パグ(みたいな顔) ・ 化け物 ・ 老醜(をさらす) ・ 妖怪 ・ お岩さん ・ (周囲の)引き立て役 ・ 不器量 ・ 器量の悪い(女) ・ 他人を不幸にする顔 ・ 爬虫類(のような)(顔) ・ 顔がゆがんでいる ・ 好みでない ・ モンスター(と形容できる) ・ 醜男ぶおとこ ・ 醜女ぶおんな ・ 醜女しゅうじょ ・ みにくい ・ (見た目が)恐ろしい ・ 顔面偏差値35 ・ 醜怪(な容貌) ・ 怪物(扱い) ・ 怪物的(な姿) ・ 醜悪(な容貌) ・ 冷遇(される) ・ 美人でない ・ いびつ ・ お多福 ・ 異相 ・ お亀 ・ 深海魚 ・ 異形いぎょう(の者) ・ ちんくしゃ ・ 顔面凶器 ・ 負け組 ・ 醜婦 ・ グロテスク(な姿) ・ 下ぶくれ(の顔) ・ 異形いぎょう ・ 毒々しい(花) ・ (感覚的に)なじめない ・ 身震い(△が出る[するような光景]) ・ まともでない ・ 同じ空気を吸うのも嫌 ・ おどろおどろしい(挿絵) ・ 嫌悪を催す ・  ・ (姿かたちが)不気味 ・ 異様(な形状) ・ 異形 ・ 理屈を超えた(怖さ) ・ みにくい(姿) ・ えぐい(やつ) ・ 目を背ける ・ 生理的に無理 ・ グロ ・ グロテスク(な)(様相) ・ (見るからに)グロい ・ 得体の知れない(見た目) ・ 奇形的 ・ 虫酸が走る ・ 我慢ならない ・ 変わっている ・ 奇怪(な姿の虫) ・ 奇っ怪(な生物) ・ 普通でない ・ 背筋が凍る ・ 背筋を寒くさせる ・ 怪しげ(な日本料理) ・ まがまがしい(図柄) ・ 目が腐る ・ 醜悪(な姿) ・ 正視できない ・ 神秘的(な体験) ・ (何か)おかしい ・ 超自然的(な現象) ・ 怪しい(気配) ・ 怪奇(現象) ・ 気持ちの悪い(物音) ・ 人の気配がする(人形) ・ 怨念のこもった(ぬいぐるみ) ・ 変(な)(物音) ・ 不可解(な物音) ・ 不気味(な光) ・ わけの分からない(怖さ) ・ 妖異な ・ わい雑(な裏町) ・ (わい雑な)裏通り的(文化) ・ ごった煮(的)(文化) ・ 奇異(な外観) ・ (見るからに)怪しい ・ 土俗的(な集団行事) ・ 怪異(な絵) ・ ごった煮(的) ・ ガラが悪い ・ 挙動不審(な人物) ・ (見るからに)気持ちが悪い ・ 不気味(な人) ・ 奇怪(な△風体[デザイン]) ・ 醜い ・ 奇妙な(なり) ・ 異様な ・ ゲテモノ(タレント) ・ 悪徳(医) ・ 要注意人物 ・ うさんくさい(人) ・ 謎めいた(女) ・ 謎の人物 ・ 何を考えているか分からない ・ 怪しげ(な男) ・ 魑魅魍魎ちみもうりょう(が跋扈する政治の世界) ・ (よく)分からない(人物) ・ 三文弁護士 ・ (どこの)馬の骨(か分からない) ・ 怪女優 ・ 不気味(な人物) ・ (昭和の)妖怪(と呼ばれる) ・ 異様な人物 ・ 清濁あわせ呑む(政治家) ・ 勿体顔 ・ 茫洋(とした)(人物) ・ 不明の部分が多い ・ (政界の)怪物 ・ ヌエ(△のような人[的存在]) ・ 食わせ者 ・ 見覚えのない(人物) ・ 曰くありげ(な人物) ・ 腹の底の知れない(人物) ・ 怪人物 ・ ひと癖ありそう ・ 見知らぬ(人物) ・ 謎に包まれた(過去) ・ つかみどころのない(人物) ・ 知らない(顔) ・ いわれも知らぬ者 ・ 下心を持つ ・ 見慣れない(男) ・ とかくの噂のある(人物) ・ 怪人 ・ 自己顕示的(な人物) ・ ただ者ではない ・ いかがわしい(手合い) ・ 正体不明(の人物) ・ 信用できない ・ 身元不明(の人物) ・ (どこか)薄気味(が)悪い ・ うかがい知れない(思惑) ・ 油断のならない(相手) ・ 不信感がある ・ 胸に一物ありそう ・ 訳あり(の美女) ・ うろん(な者) ・ 企みを隠した(手合い) ・ 不審(な動き) ・ 得体の知れない(男) ・ 素性の知れない(人間) ・ 素性の分からない ・ 素性不明 ・ ひと筋縄ではいかない ・ 奇妙(な身なり) ・ うさんくさい ・ 妙(な格好) ・ 神秘的(な笑い) ・ 気持ち悪い ・ 異様な(格好) ・ 不審(な身なり) ・ 不信感(がある) ・ 普通でない(風体) ・ キモイ ・ インチキくさい(人) ・ 変(なおじさん) ・ 怪しい(身なり) ・ へんてこ(な帽子) ・ ミステリアス(な人) ・ 怪石 ・ お化け話 ・ スリラー ・ ブラックジョーク ・ 怖い話 ・ 世にも奇妙な物語 ・ 怪談 ・ 幽霊話 ・ 異形いけい ・ 変形 ・ 奇形 ・ 胸に一物ありそう(な)(人物) ・ 虚飾(の青年実業家) ・ (あれには)任せられない ・ 危険(なグループ) ・ 訳あり(の人物) ・ 裏世界とつながりのある ・ 怪しい(雰囲気が漂う) ・ 信頼が置けない ・ 信頼関係にない ・ (何か)やばそう ・ 正体が定かでない ・ うろん(な人物) ・ 鼎の軽重を問う ・ 気になる(ところがある) ・ (主張に)違和感(を覚える) ・ いかがわしい(人物) ・ 偽善的 ・ 疑惑の人物 ・ (妻に別の男の)影を感じる ・ 不審(な男) ・ (笑顔の裏に)企みを隠した(男) ・ (真意を)測りかねる ・ (本当かどうか)分かったものではない ・ いぶかしい ・ いぶかしむ ・ いぶかしく思う ・ 偽善的(な態度) ・ 頼りにならない ・ 疑惑を抱えた人物 ・ 気は許せない ・ 気の許せない(男) ・ 良からぬ(連中) ・ いい加減(な人物) ・ 臭い ・ 後ろ暗い(△感じのする男[ところのある連中]) ・ まともでない(人間) ・ 胡散 ・ 評判がよろしくない ・ 要注意(人物) ・ 良からぬ(人物) ・ 疑惑がある ・ 信用しない ・ 疑う ・ 素姓の知れない(人物) ・ 素性の知れない ・ 不信任 ・ 怪しい(存在) ・ 不信 ・ ちゃらちゃら(した)(医者) ・ パーリーピーポー ・ 危険な雰囲気を持つ(男性) ・ 疑わしい(態度) ・ 裏切る ・ 油断できない(相手) ・ 灰色(高官) ・ どこの馬の骨か(も)分からない ・ 影のある(人物) ・ 背信 ・ 本心はどこにある(?) ・ 面妖(な人) ・ 警戒を要する ・ 警戒が必要 ・ 変な態度 ・ (あまり)よくない前歴がある ・ 生臭い(政治家) ・ 不正直 ・ 怪しげ(な人物) ・ 不明朗(な交際) ・ 訳ありな様子(の男) ・ 危うさ ・ うさんくささ ・ 得体の知れなさ ・ 不気味さ ・ いかがわしさ ・ 薄気味悪さ ・ 妖しさ ・ つかみどころのなさ ・ 怪しさ ・ 面妖さ ・ とらえどころのなさ ・ 異様さ ・ わい雑さ ・ 退廃美 ・ 滅びの美学 ・ 廃退的(な美しさ) ・ 病的(な美しさ) ・ 美しく死んでいく ・ 神秘的 ・ (スピードを出して)スリル(を味わう) ・ スリル満点 ・ スリリング(な急流すべり) ・ 恐がらせる ・ びくつく ・ びくつき ・ (体が)凍りつく ・ ひるむ ・ 小心翼々 ・ おっかない ・ 気圧される ・ 寒気立つ ・ 臆する ・ がたがた(震える) ・ 心が凍る ・ 衝撃を受ける ・ 衝撃を覚える ・ 震えが止まらない ・ そら恐ろしい ・ そら恐ろしくなる ・ 身の毛がよだつ ・ 冷や汗が出る ・ びびる ・ 勇気がいる ・ 戦慄(する) ・ (総身に)戦慄が走る ・ 尻込み(する) ・ ひやひや ・ 畏怖(する) ・ おろおろ(する) ・ 寒心(に堪えない) ・ (一瞬)青ざめる ・ 青くなる ・ (顔から)表情が消える ・ 恐ろしい ・ 恐ろしくなる ・ 恐ろしさ ・ 怖気おぞけ(がつく) ・ おじけづく ・ おじける ・ 怖じけ ・ 顔面蒼白(になる) ・ 腰が引ける ・ 恐る恐る ・ 徐行(運転) ・ 及び腰(になる) ・ 怖じる ・ 命が縮む(思い) ・ 寿命が縮む ・ ショッキング(な事件) ・ 身の縮む(思い) ・ 恐れおののく ・ 気を呑まれる(ほどの恐怖) ・ 心臓をわしづかみされたような(恐怖感) ・ びくびく(する) ・ 息をのむ ・ 後ずさり(する) ・ 腰を抜かす ・ (痛いほど)緊張(する) ・ 怖じける ・ 脅威を感じる ・ (怖がって)震え上がる ・ どきどき ・ 生きた心地がしない ・ 生きた空もない ・ ひざががくがくする ・ 身震い(する) ・ 背筋が寒くなる ・ 戦々恐々 ・ 息を詰める ・ 息をひそめる ・ 息を押し殺す ・ 固唾をのむ ・ 受け身に回る ・ 護身 ・ 不安がる ・ 不安にかられる ・ (強い)不安を感じる ・ 不安感 ・ 不安心理 ・ 首をすくめる ・ パニック(△状態[寸前]) ・ パニくる ・ 物おじ(する) ・ 恐れ(を△なす[抱く]) ・ 怖気立おじけだ ・ 怖気立おぞけだ ・ (成り行きを)見つめる ・ どきん ・ 怖くて怖くて(たまらない) ・ 腫れ物に触るよう(な)(扱い) ・ 怖がる ・ (身が)すくむ ・ 足すくむ(ような気持ち) ・ 身をすくませる ・ すくみ上がる ・ 恐々 ・ 逃げ惑う ・ うろたえる ・ 怖さ ・ 怖くなる ・ 立ちすくむ ・ (小便を)ちびる ・ 恐るべき ・ 恐るべき(破壊力) ・ 寒気(がする) ・ (怖いから)知らないふり ・ 物恐ろしい ・ 肌にあわを生じる ・ 恐怖(する) ・ (言い知れぬ)恐怖を感じる ・ 恐怖感(に襲われる) ・ 憮然 ・ おののく ・ おののき ・ (一発殴られて)たじたじ(となる) ・ (捨て身の攻勢に)たじろぐ ・ たじろぎ(を感じる) ・ どぎまぎ ・ ブラック(ユーモア) ・ こわごわ ・ 慄然(とする) ・ おどおど(する) ・ (顔から)血の気が引く ・ すごい(ことになった) ・ (気迫に)すごみ(がある) ・ 肝を冷やす ・ 体が固まる ・ 怯えた泣き声 ・ 泣く ・ (恐怖に)酔いがさめる ・ うつけたように(立ち尽くす) ・ 総毛立つ ・ ぬらり(とするような恐怖感) ・ 悚然 ・ 油断ならない ・ 険悪(な空模様) ・ (命が)おびかされる ・ おぞましい(事件) ・ 心胆を寒からしめる ・ (恐怖に)震える ・ 薄氷を踏む思い ・ 怖じ怖じ ・ 涼味満点(の吊り橋) ・ 蛇に見込まれた蛙 ・ びくり(とする) ・ 危機感を抱く ・ 恐れる ・ おびえる ・ おびえ(を感じる) ・ おびえた目をする(事件が人々を)おびえさせる ・ 恐慌(をきたす) ・ 恐慌状態(に陥る) ・ ひよる ・ 縮み上がる ・ 昼なお暗く ・ 深い森 ・ 黒い森 ・ 森々 ・ 木深い ・ 深山幽谷 ・ (森が)怖いほどに深い ・ 鬱然(△と生い茂る[たる原始林])
魔(の踏切)同じ(ような)ことが繰り返される魔(の踏切)同じ(ような)ことが繰り返される  さらに ・ 次々(と)(話が飛ぶ) ・ 次から次に(決断を迫られる) ・ 二重(請求) ・ 二度あることは三度ある ・ 更新(される) ・ 再度(試みる) ・ いつかきた道を辿る ・ ループ(再生) ・ たびたび(~する) ・ (回数を)重ねる ・ 重ねて(お礼を言う) ・ 二度と再び ・ もう一度 ・ 改めて ・ また(来てね) ・ またまた(大事件だ) ・ またと(ない話) ・ (恥の)上塗り ・ 再び(過ちを犯す) ・ 二度目 ・ 追加(販売) ・ (うそを)加える ・ (失敗が)重なる ・ またぞろ(浮気の虫が騒ぎ始める) ・ 堂々巡り ・ (古い議論を)蒸し返す ・ またもや ・ (季節は)巡る ・ (話が一部)重複(する) ・ 連続 ・ 連チャン ・ 重ね重ね(の失礼) ・ (審査) ・ またしても ・ 続いて起こる ・ (単位が足らずに一年)ダブる ・ 留年 ・ 反復(して覚える) ・ 反復記号 ・ (同じことを)繰り返す ・ 繰り返し ・ 二連(銃) ・ たび重なる(うそ) ・ 一命を取り留める ・ (危機的状況から)立ち直る ・ (起死)回生 ・ (心臓の)鼓動が戻る ・ 奇跡の復活 ・ 病み上がり ・ (生命が)復活(する) ・ (奇跡的に)回復(する) ・ 命拾い(する) ・ 再び息をする ・ (死の淵から)生還(する) ・ (死者が)化けて出る ・ 不死鳥(△のように蘇る[伝説]) ・ (再び)息をし始める ・ 心臓の鼓動が戻る ・ 返り咲く ・ 輪廻 ・ 転生 ・ ゾンビ(のように蘇る) ・ 取り留める ・ 息を吹き返す ・ 一度死んだ男 ・ (芝生が)再生(する) ・ また呼吸を始める ・ 再来 ・ (伝統)回帰 ・ V字回復 ・ 蘇生(する) ・ (危機を)はねのける ・ (頬に)赤みが差す ・ 生色が戻る ・ 死にかける ・ 目を覚ます ・ 生まれ変わる ・ 輪廻(転生) ・ 生かす ・ 蘇る ・ 生き返る ・ (危機を)乗り越える ・ 改めて(答弁する) ・ 繰り返し言う ・ ねちねち ・ くだくだ ・ 言い直す ・ くだくだしい ・ 繰り言 ・ かき口説く ・ しちくどい ・ 重ね重ね(のお願い) ・ 語り古す ・ 百曼陀羅ひゃくまんだら(聞かされる) ・ くどくど(と言う) ・ (熱心に)口説く ・ 繰り返し巻き返し(言う) ・ (バカの)一つ覚え(のように繰り返す) ・ 百万遍(の説教) ・ たらたら ・ 何度も言う ・ (済んだ話を)蒸し返す ・ (同じことを)繰り返し言う ・ くどくどしい ・ 口が酸っぱくなる(ほど)(注意する) ・ しつこく言う ・ 言い返す ・ ねっちり ・ (同じ話を)繰り返す ・ (十年来)言い続ける ・ (老人の)一つ話 ・ 諄々 ・ 念仏(のように)(つぶやく) ・ またぞろ(お説教が始まった) ・ ちくちく(と)(嫌みを言う) ・ ごてごて ・ (伝言を)復唱(する) ・ リツイート ・ (万歳を)唱和(する) ・ (言ったことを)繰り返す ・ おうむ返し ・ (挨拶が)響き合う ・ 不遇(の生涯) ・ 不運に不運が重なる ・ 傷口に塩(を塗る) ・ (不幸が)重なる ・ トラブル続き ・ (次々と苦難に)見舞われる ・ 防戦一方 ・ ご難続き ・ (多事)多難 ・ 新規(の軍勢) ・ 災難が重なる ・ 運命に翻弄される ・ 踏んだり蹴ったり ・ (これでは)恥の上塗り(だ) ・ やれやれ(だ) ・ 新型(インフルエンザ) ・ あり地獄(の日々) ・ (災難が)立て続け(におとずれる) ・ (市場縮小と資材高騰の)ダブルパンチ(を食らう) ・ やっかい事が重なる ・ 往復びんた ・ (悪妻は)百年の不作 ・ (処理に)苦しむ ・ (道はなお)険しい ・ 散々(な目にあう) ・ たび重なる(危機) ・ いばらの道(が続く) ・ 苦労が続く ・ (いろいろ)問題が多い ・ 追い打ち(をかけられる) ・ (消費増税が)追い打ち(になる) ・ 泣きっ面に蜂 ・ どこまで続くぬかるみぞ ・ 前門のトラ後門のオオカミ ・ 一難去ってまた一難 ・ 弱り目にたたり目 ・ よりによって(こんな時に) ・ また邪魔が入る ・ (現代風に)アレンジ ・ 漉き返す ・ 再構築(する) ・ 作り変える ・ (建物の)リフォーム ・ リブート(映画) ・ バージョンアップ ・ 仕立て直す ・ 再建 ・ 作り直す ・ 新規まき直し ・ 変造 ・ 再製 ・ 復活させる ・ 再編 ・ (性能を)良くする ・ 加工 ・ (小説家の文章を)換骨奪胎かんこつだったい(する) ・ リサイクル(する) ・ (旧作を)リメイク(する) ・ (韓国ドラマの)焼き直し ・ (過去のヒット作を)焼き直す ・ (機構を)改革(する) ・ 再構成(する) ・ (△捨てられたもの[古い物件]に)新しい命を吹き込む ・ 改修(工事) ・ (古紙が)再生(される) ・ リニューアル(オープン) ・ 手直し ・ やり直す ・ 補修 ・ (建物を)一新(する) ・ (規則を)改める ・ 発展(させる) ・ (古典を)換骨奪胎かんこつだったい(した作品) ・ 改善(する) ・ 新たに ・ (制度を)改変(する) ・ より良い状態にする ・ 改訂 ・ (チームを)再編成(する) ・ 復元(する) ・ 建て替える ・ 改作 ・ 組み替える ・ 変造(テレカ) ・ (△内容[仕様]を)変更(する) ・ 手を加える ・ 改造(する) ・ 蘇らせる ・ (前のイメージを)払拭する ・ 改良(する) ・ 改装 ・ (見物人が)十重二十重とえはたえ(に取り囲む) ・ (薄い板を)重ね合わせる ・ 上積み ・ 重なり合う ・ (ブロックを)積む ・ 二つの輪郭が一続きになる ・ (死体が)積み重なる ・ (衣服の)打ち合わせ(部分) ・ (前身頃の)打ち合い ・ (前身頃を)打ち合わせる ・ 二層(の建物) ・ (倒れた相手の上に)馬乗り(になる) ・ (何かの)上に置く ・ (土を)盛る ・ (飯の)盛り(がいい) ・ 積み重なり ・ (三)(に積む) ・ 落ち重なる ・ 二重にする ・ 二重(あご) ・ 二重ふたえ(まぶた) ・ 重ね(着) ・ 累積 ・ 屋上屋(を架す) ・ (上に)覆いかぶさる ・ 二重底三重底(の構成) ・ 多重化 ・ (上に)乗せる ・ 上乗せ ・ 重なる ・ 重ねる ・ 重なり ・ 積ん読 ・ (引戸の)召し合わせ(部分) ・ 幾重にも重なる ・ 重刷 ・ 増刷 ・ 重版 ・ 追加 ・ 再版 ・ 翻刻 ・ 重刻 ・ 復活 ・ 復刻 ・ 復刊 ・ 再刊 ・ 代わり映えしない(毎日) ・  ・ 勤め ・ (朝の)お勤め ・ ルーティーン ・ ルーチン(ワーク) ・ 反復作業 ・ 与えられた職務 ・ 生活の一部 ・ (毎日の)決まり事 ・ 仕事 ・ ライフワーク ・ (反復作業に)飽きる ・ 日常のタイムテーブル ・ 日課 ・ 日常業務 ・ 周期 ・ サイクル ・ 繰り返す ・ 一定の時間を置いて繰り返される ・ 定期的 ・ しばらくぶり ・ 久しい ・ 幾久しく ・ 久方ぶり ・ 久々 ・ 久しぶり ・ (朝) ・ (何か)事が起きるたびに ・ 毎回 ・ 毎度(のことだ) ・ (その)たび(に) ・ (夜)ごと(夢に現れる) ・ (検査の)都度つど(引っかかる) ・ いつも(言っていた) ・ 折あるごとに(言って聞かせる) ・ 折ある度に(助言してくれる) ・ 事あるごとに ・ 度ごと ・ (する)ごとに ・ 事ごとに(失敗する) ・ 毎々まいまい(のことで愛想が尽きる) ・ しきりに ・ 続けて ・ そうそう(は付き合えない) ・ いくたびも(の)(苦境を乗り越える) ・ 頻繁(に起こる) ・ 継続的 ・ 累次 ・ 折に触れて(注意する) ・ 再三再四 ・ 繰り返される ・ 何度か ・ 屡次 ・ しげく ・ 再々 ・ 再三 ・ 重ね重ね(の御厚情) ・ (言葉の)端々はしばし(に)(とげがある) ・ 何度も ・ たびたび(訪れる) ・ 度々どど ・ 重々 ・ 頻々 ・ 続けざまに起こる ・ しばしば ・ 複数回 ・ 返す返す(言って聞かせる) ・ 百万遍(お願いする) ・ よく ・ 繁々 ・ 毎度 ・ 往々 ・ (△人間性[本音]が)垣間見える ・ 時たま ・ ときどき起こる ・ ややもすれば ・ 時々 ・ 頻繁ではない ・ ともすると ・ ともすれば ・ ちょいちょい ・ 折節 ・ とかく(失敗しがちだ) ・ 寄り寄り ・ 間々 ・ たまたま ・ 折々 ・ 時として ・ いつもではない ・ 断続 ・ 時折 ・ ちょくちょく ・ 不時 ・  ・ 臨時 ・ たまさか ・ 切れたり続いたり(する) ・ 得てして ・ 随時 ・ 時に ・ 時には ・ 再縁 ・ 再嫁 ・ 再婚 ・ 復学 ・ 復校 ・ 復辟 ・ 重祚 ・ 再会 ・ 旧交を温める ・ また逢う日まで ・ 後会 ・ 出会い直す ・ 重訳 ・ 改訳 ・ 新訳 ・ 再び(現れる) ・ 再来(する) ・ リバイバル ・ 重出 ・ 再生(される) ・ 再燃(する) ・ (名場面を)再現(する) ・  ・ 畳字 ・ 踊り字 ・ 再発 ・ ぶり返す ・ 再燃 ・ 失地回復 ・ 捲土重来 ・ 再起 ・ 改革 ・ (ゼロからの)復興 ・ 再生 ・ (形勢)逆転 ・ 押し戻す ・ (劣勢を)跳ね返す ・ (会社を)もり立てる ・ 狂瀾きょうらん既倒きとうめぐらす ・ 回瀾かいらん既倒きとうかえ ・ (攻勢を)押し返す ・ 立ち直る ・ さえ返る ・ 巻き返す ・ 巻き返し ・ (死んでいたのが)生き返る ・ (国家が)再興(する) ・ 押し返す ・ 水を得た魚(のように)(なる) ・ (スランプから)抜け出す ・ 元気を取りもどす ・ 攻勢に出る ・ (不振を)忘れたかのように(活躍) ・ (△負け[人気]を)挽回(する) ・ 盛り返す ・ (祖国)中興(の祖) ・ 復権 ・ (災害にあった町が)復興(する) ・ 回天(の偉業)(を成し遂げる) ・ 活気が戻る ・ 原点に戻る ・ 一から(やり直す) ・ し直す ・ し直し ・ 改めて(議論する) ・ 何もないところから(作る) ・ 仕返す ・ (最初から)仕返し(をする) ・ 基本から(考え直す) ・ ゼロから(スタートする) ・ 初めから ・ (荷物を)積み直す ・ 白紙に返す ・ 最初から(やり直す) ・ リセット(する) ・ (根本から)やり直す ・ やり直し ・ (計画を)白紙に戻す ・ (組織を)一新(する) ・ やり替える ・ (フィルムを)巻き戻す ・ (新規)まき直し ・ 新規まき直し(を図る) ・ 仕切り直し(する) ・ 直す ・ 抜本的に(見直す) ・ (一から)出直す ・ 出直し(が必要) ・ 再起動 ・ リブート ・ 根本から(やり直す) ・ 初心に戻る ・ (線を)引き直す ・ 再開 ・ 再出発 ・ 通い ・ 行きつ戻りつ ・ 上下(する) ・ 行ったり来たり ・ 行き戻り ・ 通う ・ 二目 ・ 見直す ・ 見返す ・ もう一度見る ・ 聞き返す ・ 聞き直す ・ 再読 ・ 読み返す ・ 手あかのついた(表現) ・ 聞き飽きる ・ 使い古された(言葉) ・ 月並み(の表現) ・ 言い古す ・ 言い古される ・ 言い古された(表現) ・ 紋切り型(の返答) ・ 語り古される ・ 習慣的(なあいさつ) ・ うんざり(する) ・ ありふれた(冗談) ・ 陳腐(なセリフ) ・ 積悪 ・ 積善 ・ 無反省(に繰り返される) ・ 二の舞(になる) ・ (同様のことを)(また)繰り返す ・ (過去のつらい経験を)(また)なぞろうとしている ・ 過ちを繰り返す ・ 再犯(者) ・ 失敗を重ねる ・ 学ばない ・ 前車のてつを踏む ・ 前轍ぜんてつを踏む ・ 第二次世界大戦 ・ 大概にしろ ・ いい加減にしろ ・ (この道は)いつか来た道 ・ (人類が)過去にたどった道 ・ 畳句 ・ ルフラン ・ 折り返し ・ リフレイン ・ 再生産 ・ 律動 ・ 節奏 ・ 音数律 ・ (時計の)振り子 ・ リズム ・ 規則正しい ・ 再演 ・ ロードワーク ・ レッスン(を受ける) ・ (計算力を)鍛える ・ (技術を)培う ・ (上達するように)(繰り返して)習う ・ (剣術の)習練 ・ 切磋琢磨(する) ・ (技術を)錬磨(する) ・ (技を)練る ・ 修行 ・ トレーニング(する) ・ 修練(を積む) ・ (漢字)ドリル ・ 温故知新(の精神) ・ 経験を積む ・ (△腕[技術]を)磨く ・ 磨きをかける ・ 練習(する) ・ (卒業式の)予行(をする) ・ 訓練(する) ・ (やり方を)洗練(する) ・ 稽古(する) ・ (予行)演習 ・ 試練(△に堪える[を乗り越える]) ・ 再調査 ・ 考え直す ・ 再考(する) ・ (調査の)やり直し ・ 再評価(する) ・ 再検討(する) ・ 再検 ・ (事実を)掘り起こす ・ (△計画[資料]を)洗い直す ・ (事件の)洗い直し(を図る) ・ (問題部分を)洗い出す ・ (男女の役割を)問い直す ・ 再検査 ・ 調べ直す ・ 再点検 ・ (生活スタイルを)見つめ直す ・ (予算を)見直す ・ (制度の)見直し ・ 一から始める ・ (一から)で直す ・ 出直し ・ (事件の)再捜査 ・ 再吟味 ・ (作戦を)練り直す ・ (戦略の)練り直し ・ 恥の上塗り ・ 恥の恥 ・ 復刻(版) ・ (改定)新版 ・ (契約)更改 ・ 再契約 ・ リバイバル(△ブーム[上映]) ・ 再発(レコード) ・ 改訂(版) ・ (アナログ盤を)再プレス(する) ・ 再評価(される) ・ (ファッションには)周期(がある) ・ 返り咲き ・ (一昔前のデザインが)再燃(する) ・ (昔の歌が)リバイバル(する) ・ (覚えたことを)復習(する) ・ おさらい ・ (教科書を)さらう ・ 温習おんしゅう ・ (放課後に)補習(を受ける) ・ (中学英語を)総ざらい(する) ・ 盆と正月が一緒に来たような(一日) ・ 幸運が重なる ・ 二重の喜び ・ (稽古に)励む ・ 継続は力なり ・ (努力を)重ねる ・ (修行を)積む ・ (日夜)研鑽を積む ・ 精励(する) ・ (トレーニングを)日課(とする) ・ 鍛錬(する) ・ 練磨(する) ・ 練成(期間) ・ 続けざま ・ 刻々(と)(情報が入る) ・ 継続する ・ 固定的(賃金) ・ 面白いように(釣れる) ・ 継続的(に) ・ (開発計画が)目白押し ・ 綿々 ・ 次から次へと ・ 次から次に ・ のべつ幕なし ・ 畳みかける(ように) ・ 湧く ・ 途切れなく ・ 途切れることなく ・ 立て続け(に) ・ コース料理 ・ どんどん ・ 津々 ・ 波状的に(やってくる) ・ 引きも切らず ・ (来客が)引きも切らない ・ エンドレス(改悪) ・ 頻々と(行われる) ・ 隙間がない ・ 次々と起こる ・ 前の状態を引き継ぐ ・ 続けて起こる ・ 昼夜を分かたず ・ 次々(と) ・ 押し寄せる(難問奇問) ・ (スケジュールが)べた遅れ(になる) ・ 相次いで ・ 相次ぐ ・ ひっきりなし ・ ずるずる ・ (名曲の)オンパレード ・ 雨後のたけのこ(のように)(現れる) ・ 続けざま(に起こる) ・ 息つく間もなく(難題が持ち込まれる) ・ 切れ目がない ・ 休みなく ・ 陸続 ・ 矢継ぎ早(に)(質問を浴びせる) ・ 定常的(に電流を流す) ・ 安定した(供給) ・ 安定的(△な成長[に供給]) ・ 続発(する) ・ 軒並み(倒産する) ・ (また)後に続いて ・ 連綿れんめん(と)(続く) ・ 連続的(な変化) ・ (値上げの) ・ (さらに)続く ・ ずっと ・ (前年に)引き続いて ・ 縷々 ・ 多出する ・ 絶えず ・ のべつ ・ (悲喜)こもごも ・ 川の流れのように ・ 次々と ・ 夜を日に継いで ・ 続々(と) ・ ガンガン(攻める) ・ 間断なく ・ ぽんぽん(と)(思ったことを言う) ・ 後から後から(問題が発生する) ・ 昼夜兼行 ・ とめどなく ・ とめどない ・ 長く続く ・ (事故が)頻発する ・ コンスタント(に)(稼ぐ) ・ 脈々 ・ (新記録)続き ・ (記録)ずくめ ・ (メダル)ラッシュ ・ (使用)頻度 ・ ピッチ(を上げる) ・ (年二回の)ペース(で旅行する) ・ 場数 ・ (物事が起きた) ・ (三)(目の正直) ・ (第二)ラウンド ・ 回数 ・ (攻撃の)手数(が多い) ・ (使用した)度数 ・ (発生)件数 ・ (を重ねる) ・ (三)たび(当選する) ・ 割り当て ・ 様子 ・ (楽譜の)強弱(記号) ・ たか(が知れている) ・ (実力の)ほど(を見せてもらおうか) ・ バランス(を考える) ・ (味の)具合(を見る) ・  ・ (湯)加減(を見る) ・ 程度 ・ 良い悪い ・ ウエイト ・ (この)てい(の品) ・ (いい)あんばい(に晴れてきた) ・ (この)ぶん(なら安心だ) ・ (力の)入れ具合 ・ (深刻の)(を増す) ・ 度合い ・ (この)(でやめよう) ・ 相承 ・ バトンを受ける ・ (損失を次年度に)繰り越す ・ (次年度に予算の)繰り越し(する) ・ (以前の状態を)受け継ぐ ・ 承継 ・ 後継 ・ 踏襲 ・ 中継 ・ 引き続く ・ メドレー ・ 秘伝(のたれ) ・ 承前 ・ 次ぐ ・ (受け継いで)続ける ・ 引き継ぐ ・ つなぐ ・ 継ぐ ・ 継続(させる) ・ 中継ぎ ・ (中継機を)噛ます ・ (たすき)リレー ・ 入れ代わる ・ 継承
魔(がさす)表からは見えにくいネガティブな感情(心の闇)魔(がさす)表からは見えにくいネガティブな感情(心の闇)  (人面)獣心 ・ じゃ(を祓う) ・ 煩悩 ・ 迷妄 ・ 邪念 ・ 悪(の人格) ・ 迷い ・ (自らさえ滅ぼす)毒 ・ まつろわぬ(存在) ・ (内なる)魔物 ・ (心の中の)悪魔 ・ 邪心 ・ 悪心 ・ (心に)毒蛇(を飼う) ・ 悪意 ・ 狂気 ・ (内なる)邪悪 ・ 魔性 ・ 嫉妬 ・ 人の心に巣食う(鬼) ・ 我欲 ・ 悪徳 ・ 性悪 ・ (犯罪者の)暗部 ・ 怨念 ・ 心の闇 ・ 修羅 ・ (心の奥にひそむ)非情さ ・ (ジキルと)ハイド ・ 獣性 ・ 憎悪 ・ ごう(が深い) ・ 邪気 ・ 悪魔 ・ 素顔 ・ 偽善者 ・ (文明人も)ひと皮むけば(野蛮人) ・ 本性 ・ 正体 ・ 裏の顔 ・ 普段は隠れていて見えない ・ (水面の映る)本来の姿 ・ 内づら ・ 隠し持つ
(遅刻)魔(未分類)(遅刻)魔(未分類)  デヴィル ・ 愛好家 ・ こもり系 ・ 物好き ・ 道楽者 ・ ないと夜も日も明けない ・ アマチュア愛好家 ・ 好角家 ・ 奇特な人 ・ ゲテモノ趣味 ・ へんな奴 ・ キチガイ ・ 数寄者 ・ 後援者 ・ ディレッタント ・ 好事家 ・ 風流才子 ・ 好古家 ・ 切れると手に震えがくる ・ ヘビーユーザー ・ 風変わりな人 ・ 趣味人 ・ 変わり者 ・ 阿修羅 ・ 鬼子母神 ・ 悪鬼 ・ 大好物 ・ 気違い ・ オーディオファイル ・ こごる ・ 野球狂 ・ オールドファン ・ カメラ小僧 ・ 三度のメシより好き ・ 病が高じる ・ ファン ・ お気に入り ・ ほれ込む ・ 信奉者 ・ テッチャン ・ 目がない ・ うんちくを傾ける ・ タニマチ ・ コレクター ・ 好き ・ 科学少年 ・ ほとんど病気 ・ 魅了される ・ 陶酔する ・ ビール党 ・ 引き込まれる ・ 大ファン ・ 三度の飯より ・ 狂気憑き物 ・ 狐つき ・ 背後霊 ・ 邪霊 ・ 不気味な気配 ・  ・ 生き返った死人 ・ 妖鬼 ・ 屍鬼 ・ 人にとりつく ・ 操られる死体 ・ 得体が知れない ・ 鬼火 ・ 妖気 ・ 亡霊 ・  ・ 避けるべき ・ 猛威 ・  ・ わざわい ・ パトロン ・ 同好の士 ・ 極道者 ・  ・ 審美眼の主 ・  ・ ラブ ・ 影響下にある ・ 魅入られる ・ 取り巻き ・ 付き人 ・ 魅せられる ・ ひいき ・ 音鉄 ・ オリキ ・ 怠け者 ・ 親衛隊 ・ 大のファン ・ 魔物性 ・ 呪力による ・ 毒牙 ・ 魔手 ・ 死の手 ・ 触手 ・ ツメ ・ 魔力をもつ ・ 魔人 ・ 亡者 ・ 幽霊 ・ 呪い ・ 妖しい力 ・ ものの怪 ・ 毒気 ・ 超自然的力 ・ 不思議 ・ かっぱ ・ 死霊 ・ 忍び寄る影 ・ 人魂 ・ 悪霊 ・ 山姥 ・ 亡魂 ・ 海坊主 ・ 般若 ・ 信者 ・ 好物 ・ フェチ ・ 野球小僧 ・ 手放さない ・ 電気オタク ・ 危険な気配 ・ 殺気 ・ 霊的気配 ・ 霊気 ・ 不穏なエネルギー ・ 生温かい風 ・ 生々しい気配 ・ 変人 ・ 粋人 ・ 多趣味 ・ 素人愛好家 ・ 偏愛する ・ 嗜好に偏りのある ・ 気違いのような ・ 熱狂者 ・ 下手の横好き ・ 中毒 ・ ~なしには夜も日も明けない ・ いかもの好き ・  ・ 依存症 ・ 大王 ・ 大好き ・ 熱狂的ファン ・ 収集家 ・ 鬼神 ・ イカれる ・ ~がなければ夜も日も明けない ・ 傾斜を深める ・ グルーピー ・ 執心 ・ 舌なめずりする ・ 知識が豊富 ・ 急傾斜する ・ 追っかけ ・ テツコ ・ 病は重篤 ・ 深入りしすぎる ・ もののけ邪気 ・ 吸血鬼 ・ 生き霊 ・ 生き返ったミイラ ・ 怨霊 ・ 火の玉 ・ 魔物がいる ・ 天変地異 ・ 忌まわしい ・ 忌み ・ 番頭 ・ 不徳義漢 ・ 息のかかった ・ 支配下にある ・ 遊び人 ・ 身内 ・ 大旦那 ・ 遊蕩児 ・ ゴマすり ・ 美食家 ・ イエスマン ・ 内輪の人間 ・  ・ 悪魔性 ・ 黒い影 ・ 超自然的存在 ・ 夢魔 ・ 鬼畜 ・ 大魔神 ・ 大魔王 ・ 魔窟に蠢く ・ 心にすむ怪物 ・ 夜叉 ・ 座敷わらし ・ 一つ目小僧 ・ 天狗 ・ ろくろ首 ・ 鬼気 ・ 名状しがたい雰囲気 ・ 妖艶さ ・ 鬼火を燃やす ・ 悪の気配 ・ 悪魔的オーラ ・  ・ ゴースト ・ ばけもの ・ おばけ ・ お化ける ・ つき物 ・ ばけ物 ・ 物の怪 ・ 物のけ ・ ルシフェル ・ ルシファー ・ メフィストフェレス ・ 魔鬼 ・ devil ・ 常駐プログラム ・ demon ・ つきもの ・ 憑き物 ・ 付物 ・ 化けもの ・ 化物 ・ ルシファ
日本語WordNetによる、魔の類義語

意義素類語・同義語
邪悪な超自然的な存在魔もの天魔波旬ディーモンデヴィル生剥邪鬼妖怪悪鬼妖魔天魔悪神悪魔生剥げ波旬悪霊魔王デビル邪神生はげ魔物デモン亡者魔神デーモン鬼神
広告を非表示
広告を非表示
キーワードをランダムでピックアップ
溜り武力似せるぎしっICRC紹介型ソーシャルネットワークサイトシャドーワークでっちあげるスカイクロスユキノシタ欺まん韓国ツアコムトラッククラシックレース活性炭ダイエットインカムアカウントリミテッド・ライアビリティー・カンパニ
小見出し一覧
プレミアム会員になるとここからページ内ジャンプができるようになります。
詳しくはこちら
すでに会員の方はここからログイン
  1. (電話)魔ある物事に対して全身全霊を傾ける人
  2. 悪魔あくま
  3. (好事)魔(多し)不幸な出来事(災い)
  4. 魔(の)(海域)何となく気味が悪い(不気味)
  5. 魔(の踏切)同じ(ような)ことが繰り返される
  6. 魔(がさす)表からは見えにくいネガティブな感情(心の闇)
  7. (遅刻)魔同じ失敗を繰り返す
  8. (遅刻)魔(未分類)